今日のビール。

DSCF6429

志賀高原ビール 木樽熟成 山伏 blonde "grand cru" 2020.07.24。
甘酸っぱい香りのビール。
酸味が強いかなと思いつつ、どこか甘い香りも感じる複雑な香りのビールです。

DSCF6430

口に含むと、ブレタノ感がありつつも綺麗な甘酸っぱさを感じます。
酸味を感じるビールのぎりぎりの美味しさというと、あまりいい印象がありませんが、このビールは好みです。
いいね。

DSCF6431

HPより解説。
木樽熟成 山伏のシリーズの基本でもある blonde を、ボルドーの白ワイン樽で熟成した特別版。
木樽での約30ヶ月熟成後、10ヶ月の瓶内発酵・熟成を経ての初登場です。

樽の影響か、通常の blonde よりもやや深めのゴールド。
blonde 同様酸味は強めなのですが、柔らかな甘みを感じます。
ちょっとクリーミーで重厚な印象さえするのですが、ドライな飲み口は相変わらず。
りんごや柑橘のような果実味に、花や雨上がりの草木のような香りも合わさった、複雑な味わい。
高級な白ワインみたいって書きたくなるのは、さすがに安易かな。
肉料理なんかも含めて、食中酒としての守備範囲はかなり広いのではと思います。
通常版の blonde とも、飲みくらべていただけるとうれしいです。

DSCF6432

容量: 750ml
アルコール分: 7.5%
ビアスタイル: バレルエイジド・ブロンドエール(白ワイン樽熟成)

DSCF6433

ベースのblondeとの味の違いも気になりますが、比べるとなると1500mLを飲むことになり、現実的ではないよなぁ。
でも、このビール、いい感じ。
なかなかデイリーに飲めないところが悔しいところですけど、このビールは美味しい。
料理と一緒にいただきたいビールです。

DSCF6438

ということで、鰹のたたきと一緒に。
酸味があるので、魚料理というか、生魚との相性が良さそうだなと思ったのです。

DSCF6439

一緒にいただいても、臭みを感じることもなく、合わせやすい。
おいしい。
魚料理に酸味のあるビールという組み合わせがいいのだと思っていますが、どうでしょうか?

DSCF6440

ついでにほうれん草のお浸しを。
これが合うのは当然か。

DSCF6435

こちらのビール、食中酒としていただくのがいいですね。
限定醸造で本数もない中で、我が家にあるのも残り少ないのですが、またどこかのタイミングでゆっくりといただきたいと思います。

満足。







.