サントリーの新ジャンル、金麦に秋の味が新発売になりました。
そこで気になるのは夏の味との味の違い。
ということで、この切り替えのタイミングで、両方を手に入れて、飲み比べることにしました。

DSCF5653

右が金麦 夏の味、左が金麦 秋の味です。
色合いとして、少し秋の味の方が濃いめのような気がしますね。

DSCF5656

原材料が麦芽、ホップ、スピリッツ(小麦)なのは変わりません。
アルコール度数もどちらも5%です。
栄養成分表示も特に違いは見られませんね。

DSCF5654

ということで香りから比べていきます。
秋の味の方が、香りに焙煎香を感じるような気がするのは、気のせいでしょうか?
気のせいのような気もしますが、なんとなく焙煎香を感じるような...
そんなに違いを感じることはありませんでしたが、そんな気もする...そんな感想です。

DSCF5655

続いては味わい。
比べると、これは確かにはっきり違いがわかります。
軽やかな味わいの夏の味に対して、秋の味は味が濃いなと感じます。
まろやかというか、どっしりとした飲み応えのある味わい。
確かに味のしっかりした秋の料理に合わせるにはちょうどいいなと思いました。

DSCF5657

ただ、この時期、まだ夏真っ盛り。
この時期に飲むのであれば、軽やかな味わいの夏の味がいいですね。
ごくごく飲むにはちょうどいい。
ふむ。

DSCF5658

いや、基本同じような味なんですが、ちょっと違うんですね。
軽やかな夏の味に、コクのある秋の味。
これは楽しい飲み比べ。
同じ金麦なのに、こうやって季節で味を変えるというのは、とても面白いですね。
ベースは変えず、ほんの少しだけ季節感を出すというコンセプトがいいなと思います。
これは毎年、いや、季節ごとに試してみたい飲み比べ。
もし近くのコンビニやスーパーで見つけたら是非。
2本買っても300円でお釣りがきます。
それでこんな楽しみ方ができるなら、いいと思います。