今日のビール。

DSCF3594

アサヒビール スーパードライ 生ジョッキ缶。
巷で噂のこちらのビール。
ようやくいただくことができました。

DSCF3603DSCF3593

ちなみに今回は先にHPより解説。
アサヒビール株式会社は、家庭内での飲用をより楽しく、ワクワクさせる、新しい価値を提供する商品として『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』を4月20日(火)から全国で発売します。
酒類取り扱いのコンビニエンスストアでは4月6日(火)から先行発売します。

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』は、開栓するときめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる商品です。
缶のふたが全開することで、麦芽の香りが感じやすくなるとともに口に流れる液量が多くなり、“生ジョッキ”のような感覚で飲用することができます。
開栓直後に自然発生する泡は、缶体内側の特殊塗料により、通常の缶からビールをグラスに注いだ時に発生する泡よりもきめ細かく、缶のまま直接飲用することで冷たさも炭酸ガス圧も維持されます。
開栓したふたと缶体の飲み口は、飲料缶では初採用となるダブルセーフティー構造により、手や口を切る恐れがなく、安心して飲用することができます。
パッケージデザインは、銀色の缶体をベースに「SUPER“DRY”」と「ASAHI」のロゴで「スーパードライ」らしさを表現するとともに、缶体上部の「泡が出る」「ゴクゴク飲める」という文言と、ビールの液色や“生ジョッキ”のイラストで商品の特長を訴求しています。

DSCF3595DSCF3596

プルタブが上全体になっていて、開けると泡がこんもりと盛り上がってくるのが楽しいですね。
中身は普通のスーパードライですが、普通のスーパードライを飲んでいるよりも、特別感があります。
これは面白い。

DSCF3602

このビールを見て気になっていたのは開けた口のところ。
よく見てみると口を切らないようになっています。
ダブルセーフティー構造というようですが、すごい工夫ですね。

DSCF3600

スーパードライは料理と合わせて。
この日は揚げ物と一緒にいただきました。
味はスーパードライですからね。
料理との相性はいいですよね。

DSCF3597

基本、グラスに注いでビールは飲みますが、これは確かにそのままでいいですね。
とてもいい工夫だと思いました。

自宅で注げるビールサーバーとして、キリンビールのホームタップだけでなくいろいろ登場していますが、缶ビールなのにジョッキで飲む樽生ビールのような感覚が得られるのは面白い考えだと思います。
今後、こういうタイプの缶が増えてくるのでしょうか?
グラスを洗う手間も省けていいんじゃないかなぁ。

また飲んでみたくなりました。
ということで買ってこよう。
そして、普通のスーパードライを直接飲んだ時とでは味の感じ方が変わると思うんですよね。
そういうのもやってみようかなと思いました。

気が付けばすでに、先行発売されているコンビニエンスストアでは品薄状態になっているとのこと
だってね、面白いですもの。

これはおすすめです。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クラフトビール 飲み比べ 12本セット 【C】
価格:8998円(税込、送料別) (2021/4/9時点)



.