今日のビール。

杉能舎 AMBER ALE (2)

杉能舎 アンバーエール。
このビールも香りはあまり強くはありません。
でも、ほんのりと感じるのはやっぱり甘み。
モルトの甘い香りを感じます。
口に含むと今度はホップの味わい。
苦みなんですけど、なんというか強い苦みではなくモルトの甘みとバランスの良い苦みを感じます。
苦ずぎず、甘すぎず。
でも、主張が弱いわけでもない。
うん、たぶん、バランスがとてもいいんだと思います。
こういうビール、素敵だなぁ…

杉能舎 AMBER ALE (1)

HPより解説。
新鮮な麦芽とホップを贅沢に使い、酒蔵の天然仕込水で醸したビールです。
一番搾り麦汁のみを使い、原料が持つ味をすべて引き出し調和させたこのビールの味わいは、国際コンペでの金賞をはじめ数々の賞を頂きました。
やや褐色でキメの細かな泡とトロミを持ったまろやかな味わいは酒肴を必要としません。

ホップの味わい…なんて言いましたけど、口を付けたときにようやく感じるホップの香りとか苦みとかをホップの味わいとしてみただけで、全体としてはモルトの味わいなんだろうなぁ。
アンバーエールには、ペールエールのようなというかホップをしっかり効かせたビールと、控えめにしてモルトの味わいを強く感じさせるものがあると思うのだけど、このビールはその中間な気がします。
なので、ホップをしっかりと効かせた味わいが好きな僕にとって、飲んでいて飲み飽きない味わいなのだと思います。

ホップが強すぎるビールは、時に飲み飽きちゃうからね。


満足。