いろいろなところの有名なつけ麺が食べられるのを歌舞伎町の近くでやってるってことで行ってきました。

第1回みんなで選んだご当地つけ麺GPに行ってきた! (1)

歌舞伎町の先の大久保病院前の大久保公園で10月29日までやっている「第1回みんなで選んだご当地つけ麺GP」。
全国様々なつけ麺屋さんのつけ麺をいただくことができます。
朝11から夜9時までやっていますが、なんとなく混んでなさそうな朝一で行ってきました。

第1回みんなで選んだご当地つけ麺GPに行ってきた! (2)

約1か月の期間内ずーっと同じつけ麺屋さんではなく、4タームに分けて合計24店舗のつけ麺を食べることができます。
やっていたことに気が付かなかったので、僕がいってきたのは3ターム目でした。

第1回みんなで選んだご当地つけ麺GPに行ってきた! (4)

入り口付近に券売機があるので、そこで食券を購入します。
男性は880円。
これがどのお店でも共通で、あとはその店舗オリジナルのトッピングなどをつけるときに追加料金を支払います。

第1回みんなで選んだご当地つけ麺GPに行ってきた! (5)

開店前、それなりに人が並んでいたので、お店の行列もそれなり。
でも、15分も待たずに買うことができたような気がします。

第1回みんなで選んだご当地つけ麺GPに行ってきた! (6)

僕は石川県のつけ麺屋さんである「金澤濃厚中華そば 神仙」のつけ麺を食べることにしました。

第1回みんなで選んだご当地つけ麺GPに行ってきた! (7)

「炎・炙」肉盛りつけ麺。
せっかくなので煮玉子も100円でトッピングします。
麺の上に炙りバラ豚肉、ネギ、ナルトが乗っています。
つけ汁には生卵の黄身が入っています。

第1回みんなで選んだご当地つけ麺GPに行ってきた! (8)

スープは濃厚です。
少し塩気が強い気がしましたけど、まぁそれもまたよし。
黄身を割って食べると少しマイルドになるかなと思いましたけど、そこまででもないかなぁ。
ネギが少し辛すぎたので、それを塩気で騙していただきました。
煮玉子は半熟ですがトロトロではなくちょうどよく味も沁みこんでいておいしい。
つけ麺といえばスープ割がほしいところですが、ここでは麺を食べきるとちょうどスープもなくなる感じの量でした。
お肉はスパイシー感が強かったです。
トッピングでダブル、トリプルが選べますがそうすると、200円、300円と追加しないといけないので、なかなかそこまでは難しいかな。
個人的にはつけ麺と一緒にお肉を食べているという感想で一緒にいただくという感じではなかったなぁ。

第1回みんなで選んだご当地つけ麺GPに行ってきた! (9)

サントリーの黒烏龍茶の自動販売機がありまして、そこでつけ麺の後には…と勧めているので購入。
炒めた豚肉も濃厚なスープも黒烏龍茶でしっかり流せて口の中が多少すっきりするので確かにちょうどいいかも。

地方のつけ麺を食べる機会はそうないのでそういう機会があるのはうれしいですよね。
ただ、さすがに数種類を食べるだけの胃袋もないし、年齢も年齢なので、個人的には半分くらいづついろいろな味を楽しめるとうれしいかなと思いました。
500円くらいでミニサイズとかとか。
つけ麺で別々に作るので、片方食べてもう一つ…ということになるので時間的に難しいかなという気もしますけど、なかなか食べられないところのつけ麺だからこそそういう食べ方をしたいなと思いました。
もしくは大人数でいっていろいろと食べ比べてみるのかなぁ…

それにしても、昼間に食べるつけ麺は健康的でいいなぁ。
飲んだ後よりもよっぽど満足感が高いです。
いや本当に。

4ターム目は10月23日からということで、そこでも食べてみたいと思うつけ麺のお店が出ていることに気が付きました。
なんだかんだでもう一度くらい行ってみたいと思います。

21時までやっているし、寒くなってきましたけど、フードスペースにはしっかり暖房もあったのでお近くの方はぜひ!