今日のビール。

DSCF7531

JESTER KING x OXBOW x 志賀高原ビール 木樽熟成 山伏 Cedar Kogen。

DSCF7533

こちらをなんとなくホームタップにセット。
1時間静置したのちグラスに注いでみました。

DSCF7534

甘酸っぱい香り、そしてどこか竹っぽい香りを感じます。
サワーのような、でもそれにしては甘味を感じる香りです。

DSCF7535

口に含むと、酸味に加えて木樽の風味をはっきりと感じられます。
酸味は程よい強さで、甘酸っぱいと表現したほうがいいかも。
そんな味わいに木樽風味がふわりと漂う味わいが面白い。
いいね。

DSCF7537
DSCF7536

HPより解説。
世界的にも高い評価をうける大人気ブルワリー、米テキサス州の Jester King と、同じくメイン州のOXBOW との3社コラボ。

木樽熟成山伏の限定商品。
SNOW MONKEY BEER LIVE 2017 の際に仕込んだ特別なビール、満を持して発売です。

ファームハウスエールを得意とする三者でのコラボということで、ベースは、スペルトという原種の小麦と信州早生をつかった素朴なセゾン。

それ自体の出来が気に入ったので、その後何度か仕込んで、FESTIVAL SAISON という名前で、先に何度かリリースしちゃいました。

このコラボの一部を日本酒の酒樽で熟成してから、ワイン樽でさらに19ヶ月熟成。その後、さらに9ヶ月瓶内二次、いや三次発酵・熟成をして仕上げたのが、この Cedar Kogen です。

7.5%。
色は明るめのブロンド。
柔らかながらもキレイな酸をしっかり感じるドライな飲み口。
控えめながらも主張しすぎない杉の香りが、一番の個性。
そこに、柑橘系のニュアンスが加わった印象です。

ソーヴィニョンブランみたいな、繊細でありながらも華やかな味わいに仕上がったと思います。
そういう意味では、お食事との相性もばっちり。
ワインを飲むようなシーンで、食中酒としてお楽しみいただきたいと思います。

このビール、いつ飲もうかと思案していましたが、我が家に子供が生まれたのでそのお祝いにと開けてしまいました。
木樽というか、杉の香りなんですね。
これ、いい感じです。
この後、置いておくとどのように変化していくのかも楽しみ。

1人で楽しむのもいいですが、サイズもサイズなので、みんなでシェアして感想を聞いてみたいなと思いました。


満足。






.