今日のビール。

DSCF7297

志賀高原ビール SNOW MONKEY IPA 2020。
マンゴーのようなトロピカルな香りと、シトラスの清涼感のある香りを感じるビールです。
どちらかというとトロピカルな香りのほうが強い気がします。

口に含むと、意外にもグレープフルーツの皮の渋みのような苦みをしっかりと感じる味わい。
でも、そんな渋みはすぐに消えて、余韻として草っぽいホップの苦みが残ります。
香りは華やかなのに、味わいはしっかり苦い。
でも、この苦み、嫌いじゃないなぁ。

DSCF7298
DSCF7299

HPより解説。
SNOW MONKEY IPA 2020、発売です!
SNOW MONKEY BEER LIVE スペシャルということで、毎年つくっている IPA。
今年版は、今までよりも、ちょっと色は薄め。
でも、しっかりヘイジー。
6.0%、IBU40。
ホップの配合も、だいぶ変えてます。

今回は、トロピカルな香りよりも、柑橘感が強めの印象。
グレープフルーツの皮というか、実の方も感じさせるジューシーさ。

「最良の食中酒」を目指すと、いつも言っていますが、こいつも例外ではありません。
だから、自分たちなりのものを、いつも意識してつくります。

ニューイングランドスタイルといっても、ぼくらのビールですから、ドライでそれなりに苦いです。
このスタイルに甘みを求める方には、たぶん確実に叱られるやつ。

甘やかではありますが、甘ったるい印象は、ほぼ全くないと思います。
ビールだけでも楽しめると思いますが、例えばハンバーガーやホットドッグなんかと一緒に、ぐいぐい飲みたい感じです。

もちろん、ホップはすごくたっぷりつかってますが、粉っぽかったりはしないと思います。
これも、いつもいってますが、価格も大事な要素だと、ぼくらは考えます。
もちろん、それなりにコストはかかってますが、ぼくらなりにがんばった設定にしているつもりです。

確かに甘みは控えめ。
そして苦い。
IBU:40は低く見積もりすぎなのではないかと思う苦みです。

でも、こういうビール好きなので良しとする。
ちなみにあと2バッチ、ストックがあるようなのでどこかで発売されるのでしょうか?
それもしっかり飲んでみたいな。

見つけたらぜひ。
おすすめです。







.