今日のビール。

DSCF7287

志賀高原ビール Imperial Indian Summer Saison 2020。
フルーティかつスパイシーな香りのビールです。
ドライでフルーティだなとも思っていましたが、今はスパイシーのほうが、表現としては正しいような気がします。

口に含むと、濃いんですが、べとつかない甘さ、でも意外にドライな味わい。
スパイシーさは味わいでも感じて、だからこそ後味がドライなんだと思います。
濃いんですけどね。
いいね。

DSCF7288
DSCF7289

HPより解説。
第五回 SNOW MONKEY BEER LIVEを記念してつくった、IISS (Imperial Indian Summer Saison)。
2年ぶり4回目の登場。
昨年つくらなかったのですが、イベントなんかで、本当にたくさんのみなさんに、

「また飲みたい!」
「是非つくって!」

と言われ続けてきました。

8.5%、IBU60。
NZとアメリカのホップをたっぷりつかって、長期間かけてじっくり発酵させた贅沢なセゾンです。
定番ISS の強力版ではあるのですが、ミックスフルーツのバブルガムみたいに、トロピカルフルーツやバナナなんかのフルーティーさに、クローブやカルダモンみたいなスパイスの印象もあって、ISS とは一味違う仕上がり。

ドライな仕上がりですが、やはり ISS とかと比べると、さすがにボリュームを感じます。
前菜はもちろん、肉や魚のシンプルなグリルとか、クリーム系の料理など、幅広いお食事と一緒にお楽しみいただければと思います。

強烈だし、飲み手を選ぶビールだなとは思いますが、好きなんです。
おいしいビールで乾杯!






.