今日のビール。

DSCF7139

志賀高原ビール 信州事変。
ヘイジーなビールらしい、トロピカルな…というか、柔らかな甘い香りを感じるビールです。
ただ、そこにシトラスの清涼感を感じます。

口に含むと、トロピカルな甘み…と思いきや、それも多少感じるんですけど、後味にかけてリンゴというかなんというか、酸味や渋みを感じるすっきりとした味わい。
スムーズな飲み口だ…と思ったら、酸味や渋みの刺激が口の中に広がるビール。
面白い味わいです。

DSCF7140
DSCF7141

HPより解説。
今は亡き SNOW MONKEY BEER LIVE 2020 のためにつくった新作。
限定版山伏 / bramley saison でもおなじみの、蔵元にほど近い小布施町でつくられた英国原産の林檎 ”ブラムリー" と、自家栽培の酒米 "美山錦” でつくったIPAです。
6.5%、IBU24。
意図したわけではないのですが、なんだかヘイジーに仕上がっちゃいました。
同じブラムリーをつかったとはいえ、結果は対照的。
"林檎" 由来の酸味と爽快な香りに、大量なホップによる柑橘のニュアンスとグレープフルーツの皮のような苦味が加わった新しい味わい。
美山錦ならではのドライさもあり、ぐいぐい飲めちゃう要素も。
この地ならではの、混乱に満ちた調和の味ということで。
フルサイズの1バッチ分。
ブラムリーたっぷりに加えて、大量のホップもつかったので、ちょっといい値段ですが、かなり面白い感じに仕上がったと思います。
どうぞよろしくお願いします!

リンゴの酸味・渋みなんでしょうかね。
香りと味わいのギャップが面白いビール。
サワーとか好みだと、このビールははまると思います。

面白かった。




.