今日のビール。

DSCF6671

志賀高原ビール ECKHARDT Aged in barrels Ichiro's Malt。
甘く、そしてウィスキーのような香りを感じるビール。
これ、かなり濃いビールですよね。

口に含むと、とろりとした濃厚な味わい。
甘みがかなりあります。
でも、煮詰めた果実…というには、濃厚すぎない味わいが面白い。
ドライっていうと、少し違うんですけど、飲みやすいんです。
アルコール度数15%だけどね…

うーん。
すごい。

DSCF6672
DSCF6673

HPより解説。
ECKHARDT は、アメリカ オレゴン州ポートランドの Hair of the Dog とのコラボでうまれたビール。
通算5回のコラボ。
そのうち3回がぼくらの工場での醸造です。
仕込んだのは、SNOW MONKEY BEER LIVE 2017のタイミング。
ベースのビールは、12%、IBU71。
ライ麦と、ダークシュガーをつかった、スペシャルなストロング・ゴールデンエールです。
アメリカのビールジャーナリズムの草分け、故 Fred Eckhardt 氏 を追悼して生まれた、Hair of the Dog の 代表的ビール "Fred" の日本版なのですが、本家の10%よりも度数がだいぶ高いです。

そのECKHARDT をイチローズモルトさんの樽で約32ヶ月熟成した特別版が、このビール。
樽熟成を終えて計測してみたら、なんと15%でした!
度数だけじゃなく、味的にも、THE FAR EAST に負けないか、それ以上くらいにヤバイ仕上がり。
これは、もうビールというかなんというか。
もしかしたら、この手では、いままで最高の出来栄えかもしれません。


飲み比べたわけではないので何とも言えませんが、The Far Eastに比べるとホップが弱くて、すっきりしている味わい。
濃厚さは同じくらいじゃないかな。
これ、おいしいです。

飲むときは単独かな…
もしくはステーキなんかと一緒に飲むのがいいのかも。
とにかく強いビール。
負けない料理を探しましょう。

確かにおいしい…
満足。






.