VERTEREのVandaをグラスを変えて飲み比べてみました。

DSCF6667

パイントグラスとチューリップ型グラス。
前回、VERTERE Senecio #2 Session Hazy IPAの時は、正直、あまりよくわからなかったんですけどね。

DSCF6669

とりあえず、まずは香りから。
どちらも香りはトロピカルですが、その強さはチューリップ型のグラスのほうがしっかり。
この香りを感じながら飲むビールはおいしいと思うので、チューリップ型のグラスはいいなと思うのです。
パイントグラスでも香りは感じるんですけどね。
でも、この香り、とてもいい香りなので、しっかり香ってほしいな~。

DSCF6670

続いては味わい。
これ、面白いことに、パイントグラスのほうが味を強く感じました。
チューリップ型グラスでも同じような味わいなことには変わりないのですが、パイントグラスのほうがより甘みなどを強く感じます。

…ってところまで書いて、ビールを注いだ順番が、チューリップ型グラス⇒パイントグラスであったことを思い出す。
ということで、残ったのを両方に足してみました。
(むしろ、チューリップ型のグラスに多めに)

そうするとね。
濃厚さは変わらなくなる気がします。
要は、500mLの缶のはじめと中間の違いだったのかもしれません。

なかなか難しいですね。
でも、そういうことを考えながら飲むのが面白かったりします。


満足。





.