さて、今回もまた先月に紹介したビールの記事の振り返りをしてみたいと思います。
紹介したのは30記事。
そのうち、クラフトビールが17回、大手のビールが13回です。
今回は、大手からいろいろビール、発売されましたしね。。。

さて、それではそんな11月に飲んだビールの中から3本を上げてみようかと思います。

1.ヱビス マイスター ザ・ロイヤル リーフ 2019

DSCF6162

限定発売のビールで、なかなか入手が困難です。
そして値段もそれなりに…というビールなので、飲むべきかどうかというところもなかなか悩ましいところ。
でも、こういったブログを書いているのであれば、飲まずにはいられないビールですし、その価値があったかといわれたら、飲んでよかったと答えると思います。
そして、来年もきっと購入するんだろうなと思いつつ、入手元は早めに確認しなくてはと思っています。

2.Pilsner Urquell (ピルスナー ウルケル)

DSCF6256

いわずとしれたこちらのビールが、缶ビールとしてNew DaysというJRのコンビニエンスストアで限定発売となりました。
ボトルとの飲み比べも気になるところですが、このビールの香り、素晴らしいんです。
これは買い占めたいと思うビールでもあります。
いや、本当においしい。
これが260円くらいで購入できるということが素晴らしい!
本当にテンションが上がりました。

3.サッポロビール ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス

DSCF6303

軽やかでとても華やかな味わいのビール。
不思議な甘みを感じるビールでもあります。
何かに合わせるというよりも、この淡い味わいを食前酒的にいただくのがおすすめな飲み方だと思っています。


という3つのビールが、先月飲んだビールの中でのピックアップ。
どのビールもおすすめですが、とりあえずウルケルとフレンチピルスはまだ購入できるのでぜひ!
ちなみに、ウルケルは24本ですが、通販でも購入ができるようになっているようです。

これを機に、全国展開してほしい…

ということで、来月も乞うご期待です!








.