さて、今回もまた先月に紹介したビールの記事の振り返りをしてみたいと思います。
紹介したのは31記事。
そのうち、クラフトビールが21回、大手のビールが10回です。
このくらいのバランスがいいんじゃないかと思っています…

さて、そんな10月に飲んだビールの中から3本を上げてみようかと思います。



1.伊勢角屋麦酒 Premium NO SIDE NEIPA

DSCF5985

伊勢角屋麦酒のヘイジーなIPAです。
ねこにひき、千客万来とこちらのビール、3種類のヘイジーなビールがほぼ同時期に発売されていますが、その中でこのビールが一番好きでした。
甘みと清涼感のバランスがいいなと感じています。
鮮度、大切ですが見つけたらぜひ!


2.Equilibrium Brewery MC²

DSCF6013

今年、初めて輸入されたアメリカのビール。
しかも空輸で入ってきたため、缶詰めされてから1か月ちょっとという新鮮な状態のビールをいただくことができました。
するするとはこういうことを言うのか…と感じてしまうビール。
あらためてビールも鮮度が大切なのだなと感じるビール。
ただ本当にそうなのか、少し時間を空けて飲んでみようかなと思っています。
もったいないので、そんなに時間は空けないと思うけど…


3.サッポロビール 冬物語 2019

DSCF6060

今年も発売、気が付けばもう30年以上のロングセラー。
今回もコクのある味わいがとてもおいしい。
鍋料理などと一緒にこの冬、いただくのがおすすめです。
キリンビールからとれたてホップ、サッポロビールからメガラガーなど、いろいろなビールが発売された10月ですが、大手のビールの中ではこのビールがこれからを考えたらおすすめです。

ということで3種類。
本当はもっとお勧めしたいビールがたくさんありましたがこの3種類。
手に入りにくいビールもありますが、見つけたらぜひ飲んでみてほしいと思います。

おすすめです。




.