なんとなく、飲み比べというのもよくやっているなと思ったので、どんなビールの飲み比べをしたのか振り返ってみることにしました。
2019年8月に飲み比べを紹介したのは10回。
ついに二けたに到達。
まぁ、お店に行かなかったら、自宅でビール飲みますし、せっかくだからと飲み比べてみますよね…

とりあえず、そんなことは置いておいて、3つ挙げてみようかと思います。

DSCF5274

まずは、Innovative brewer SORACHI 1984とDoubleの飲み比べです。
レギュラーのソラチ1984のおいしさ、そして、やりすぎたソラチ1984の刹那的なおいしさ。
個人的には、SessionとかAmarilloのほうが好きなんですが、飲み比べたときの楽しみは、この組み合わせが一番好きでした。

DSCF5334

続いては、大手の秋に向けたビールの飲み比べです。
ビールメーカーごとに秋のイメージの仕方が異なっているのだなという感想を持った飲み比べ。

一番の好みは秋味です!

DSCF5395

最後は新旧の麦とホップの飲み比べ。
ここまでけっこうな頻度でリニューアルをしていますが今回のリニューアルもかなり好ましいと感じました。
新旧の同じ銘柄の飲み比べって、なかなか難しいんです。
でも、今回はうまくいきました。
そして、リニューアルされた麦とホップのほうがおいしいこともしっかり判りました。
こういう飲み比べができるってうれしいなと思います。


ということで、今回も3つを選んで紹介。
飲み比べって、単独で飲むよりもよっぽどいろんな情報が多くていいと思うんですけど、どうなんでしょう?

面白いと思うんだけどね。。。







.