サントリーの金麦がリニューアルされました。
おいしいなという感想でしたが、どのように変わったのか、飲み比べてみることにしました。

DSCF3711

右が「旧」金麦、左が「新」金麦です。
金麦のロゴが大きくなったのが一番の違いでしょうか?

色合いなどは変わっていませんね。

DSCF3712


それでは、まずは香りから。
香りはどちらもサントリーらしい香り。
しいて言うと、香りは「旧」金麦のほうが強い気がしました。
そして、どちらもアルコール臭は感じにくいと思います。
これって、個人的には新ジャンルにおいてはうれしいことですね。

DSCF3713

続いては味わいです。
味わいは逆に「新」きんむぎのほうが濃いというか強いと感じました。
アルコール感ではなく、味に強さを感じます。
これ、飲みごたえという意味でいいと思います。
それでいて、アルコール度数が5%と低いこともあって、すっきりな味わいです。
これはいいね。


単独で飲んでもおいしいと思いましたが、飲み比べてみてもおいしくなったなと思いました。
新ジャンルの今の流れは、ビールらしい、そして飲みごたえという2つがポイントのようです。

新ジャンルも、それなりにビールらしくなってきているなと思っています。
そして、飲みごたえというところですが、この部分は、アルコール度数を高くすることなしに飲みごたえのあるビールは作れると思っていますし、そういうビールが出てきているというのはとてもうれしいなと思っています。

ちなみに、妻にも一緒に飲み比べをしてもらいましたが、「旧」金麦のほうが好みだと申しておりました。
…ま、そこはね。

とりあえず、リニューアルされた金麦、僕は好きですということで。
満足。