さて、今回もまた先月に紹介したビールの記事の振り返りをしてみたいと思います。
紹介したのは31記事。
そのうち、クラフトビールが24回、大手のビールが7回です。
1月はよくクラフトビールを飲んだなという感覚が自分にもありますが、最後にいろいろ大手のビールを飲んだので、いつものようなバランスになりました。

それでは、その中で、印象に残っているビールを紹介したいと思います。

まずは、Innovative Brewer SECRET TAP BREW #002

DSCF3053

大手のビールというカテゴリーで紹介していますが、ある意味、クラフトビールなのかもしれません。
麦芽のほのかな甘みを感じつつも、ホップの苦みがしっかりあとを締めるとてもすっきりとした味わいのビール。
これ、ビールが好きな人は、おいしいと思うのではないかと思うのです。
今回、#001~#003までを作り、もしかしたら商品化につながるかもしれないという限定ビールという立ち位置でしたが、ビール好きならこれが一番、でも、間口を広げるということであれば、別のビールのほうが面白いのかなと思いました。
楽しみです。

続いては、サンクトガーレン バナナ チョコレートスタウト

DSCF3244

チョコレートスタウトとバナナの相性が、ここまでいいとは思いませんでした。
バナナが強調されていますが、意外と後に残る苦みもしっかりで、きちんとスタウトです。
今年の限定ビールですから、なくなったらおしまい。
見つけたらぜひ飲んでみてください。

最後は、志賀高原ビール 1t IPA Habanero

DSCF3250

1t IPAというかなりボディの強いビールにハバネロを追加したビールです。
ハバネロが入ることで、全体的にまったりというか、柔らかな味わいになります。
これがまたおいしいんです。
ハバネロのピリッと感が強いんですが、飲めば飲むほどに癖になる味わい。
これはおすすめです。

1月のビールとして選んだビールは、3本ともに限定ビールでしたが、これら、本当においしかったです。
バナナチョコレートスタウトは、まだ今も購入できると思うので、飲んでいなければぜひ飲んでもらいたいと思っています。
併せてインペリアルスタウトや、オレンジチョコレートスタウトもおすすめです。
一緒に購入してもいいと思います。

満足。