今日のビール。

DSCF3264

BREWDOG HOP FICTION。
シトラスや白ブドウのような香りを感じるビールです。
とても軽やかできれいな香りですね。

口に含むと、アルコール度数4.2%だけあって、とても軽やか。
どこかピーチのような味わいと、華やかなホップの苦みがいい具合です。
飲み込んだ後、口の中からすっと味わいが消えていくのも面白い。
いいね。

DSCF3265
DSCF3266

調べてみると、製法が面白いですね。
通常、ビールにホップを投入するのは、煮沸時にケトルに入れるか熟成の最終段階にタンクに直接入れるかのどちらか。
ですが、このホップフィクションは麦汁がワールプール(澱を集めて除去するタンク)に入ると同時に大量のホップを投入するという『ワールプールホッピング』という製法で作られているようです。

ま、正直、その投入方法の違いがどう味わいや香りに出るのかはわかっていませんが、なんとなく、香りは残るけど、苦みはそこまで残らないってところなのでしょうかね…

ハイアルコールビールばかり飲んでいたので、こういうビールは本当にオアシスのようでいいですね。
味わいにピーチを感じてから、香りにもピーチを感じるような気がしましたが、それは気のせいでしょうか?
たまにはこういうビールで少し一休み…
満足。




.