横浜に用事できたので、せっかくなので、新しいビアバーの開拓へ…
ということで、クラフトビールと馬肉、そして焼鳥がテーマのお店に行ってきました。

DSCF7158

お店の名前は、254BeeR/29BY。
1階は254BeeRとして、今年の6月にも醸造を開始する予定の醸造スペース、2階が29BYという名のビアバーになっています。
場所は桜木町駅から徒歩10分程度のところにあります。
関内駅のほうが近いかもしれません。
近所には、アンテナアメリカがあります。

DSCF7159

樽生でいただけるクラフトビールは8種類。
国内、そしてアメリカのクラフトビールが揃っています。

DSCF7165

サイズは1サイズで、国内のクラフトビールが1杯850円、アメリカのクラフトビールが980円です。
この日の1杯目は、横浜ビールの「横浜ラガー」をいただきました。
飲みやすいだけではない、落ち着いた味わいがおいしいビール。
ドリンカビリティが高いビールでした。

クラフトビールに合わせるメニューとして、馬肉と焼き鳥。
まずは焼き鳥からいただきます。
おまかせ串3本(600円)をまずはお願いしました。

DSCF7167
DSCF7168
DSCF7169

この日の3本は手羽元正肉、ぼんじり、そしてつくねでした。
お好みでピリ辛の味噌か塩をつけていただきます。
ぼんじりとつくねはタレが付いていましたので使用しませんでしたが、単品で頼むときにはタレではなく塩でお願いして、ピリ辛味噌でいただくのもいいと思います。

DSCF7170

2杯目からは海外のビール。
スティルウォーターのシューゲイズをいただきました。
さっぱりとした味わいで、どちらかというとこちらのほうが1杯目にちょうどよかった気がします。

DSCF7172

そんなビールにあわせて、馬刺し赤身2種盛り合わせ(1000円)をいただきました。
食感の異なる2種類の赤身を、塩ごま油、濃い口醤油、甘口醤油でいただきます。
塩ごま油でいただくのもいいですが、馬肉にはやはり甘口醤油でしょうか?
薬味として、生姜、にんにく、ネギがありますが、ここもやはりにんにくを選んでしまいますね(笑)

新鮮な馬刺しは本当においしくて、もう一皿いただきたくなるところ。
でも、せっかくなので、他のメニューもいただきましょうということで…

DSCF7177

馬ヒレ肉の味噌漬け焼きをいただきました。
ヒレというだけあって、味噌漬けにした後に焼いているのに柔らかい。
あぁ…これもまた頼みたくなるな…

DSCF7174

〆のビールは、先ほどと同じくスティルウォーターのウェイビーを。
なんとなく濃厚な味わいのビールで〆たかったのです。
いいね。


…と、もう一つメニューに危険なものを発見したので注文。

DSCF7179

そう、鶏らーめんです。
〆にラーメン、それがお店でできてしまう。
便利なのか、余計なお世話なのかわかりませんが、この日は見事にはまってしまいました。

DSCF7180

酔いも手伝って見事にスープまで完食・完飲。
いや、ほんとよろしくない…
でも、これもまたおいしい。
危険です。

DSCF7181

店内はカウンター席が6席程度とテーブル席、そして窓際席があります。
おすすめは、カウンター席ではなく意外にも窓際席だと思っています。
窓から外を眺めながらのんびりビールが飲めるってのは、いいんじゃないかと思います。

クラフトビールと馬肉、そして焼鳥。
意外にない組み合わせのお店です。

ここは全力でおすすめしたい!



関連ランキング:焼き鳥 | 桜木町駅関内駅日ノ出町駅