いろいろなビールを飲み比べてみるのは面白い…
サッポロが期間限定で発売した銀座ライオン スペシャル、同じサッポロのヱビス マイスターと味わいが似ているような気がしたので飲み比べてみることにしました。

DSCF6793

右が銀座ライオン スペシャル、左がヱビス マイスターです。
色合いはほとんど一緒。
角度によっては、ヱビス マイスターのほうが濃く見える場合もあると思います。

DSCF6794

まずは香りから。
ホップというよりもモルトの香りがどちらも感じられるビールです。
かなり似ている香りですが、焙煎香が銀座ライオン スペシャルのほうが少しだけ強いかもしれません。

DSCF6795

続いては味わい。
ヱビス マイスターのほうが味わいが強い気がします。
焙煎されコクを感じる味わいは、贅沢な一杯という感じ。
それに対して、銀座ライオン スペシャルは、それに比べると少しだけ軽やか。
その分、飲み飽きないというか、量を飲める気がします。

DSCF6797

アルコール度数はともに5.5%。
栄養成分を確認すると、エネルギーはヱビス マイスターが46kcalに対して、銀座ライオン スペシャルは44kcal。
タンパク質はどちらも0.6gと変わりませんが、糖質はヱビス マイスターが3.4gに対して銀座ライオン スペシャルは2.8g。
糖質が多い分、コクを感じたのでしょうか…

銀座ライオン スペシャルはビヤホール:銀座ライオンの創業110周年を記念して醸造された限定ビールをモデルに醸造されたビール。
ビヤホールで飲むことを前提に作られたわけですから、そりゃあドリンカブルなビールとなりますよね。
逆にヱビス マイスターは、ヱビスの最高峰として作り上げたビール。

何杯も飲みたいときには銀座ライオン スペシャルを、今日の終わりにこの一杯という気分で飲むときにはヱビス マイスター。
飲み進めていくうちに、この違いがはっきりとしてくると思います。

面白かった。
満足。