志賀高原ビールのKAGAMI-BIRAKI IPA。
どんなグラスで飲んだらいいのかよくわからないので、とりあえず飲み比べてみました。
DSCF1777
パイントグラスとチューリップ型のグラス。
個人的に香りを楽しみたいと思っているので、チューリップ型のグラスで飲むことが多いのですが、時にパイントグラスで飲むほうがおいしいなと思うときもあります。
さて、このビールの場合はどうでしょうか?
DSCF1783
まずは香りを確認。
パイントグラス(正確には、パイントグラスのような形のグラス)では、なみなみと注いでいないということもあると思いますが、トロピカルな香りをはっきりと感じることができます。
ジューシーな香り…ともいえる気がします。
それに対して、チューリップ型のグラスでは、トロピカルはトロピカルでも、ピーチのようなどこか鋭い香りを感じました。

このビールの香りは決して尖った香りではないのですが、パイントグラスでは柔らかい香りとして感じ、チューリップ型のグラスでは鋭さを香りから感じました。
どちらがいいの?といわれるとなかなか難しいのですが、このビールの場合、僕はパイントグラスで飲んだほうが好みかもしれないと思いました。
DSCF1784
続いては味わい。
少し時間が他ているので、温度は少し高め。
ちょっとぬるいかなという温度で飲み比べています。
パイントグラスで飲むと、木樽の風味をかなり強く感じました。
まず、木樽の風味を感じて、そのあとで苦みやトロピカルな味わいが感じられます。
これに対してチューリップ型のグラスでは、木樽の風味とトロピカルでジューシーな味わいをほぼ一緒に感じられた気がしました。

味わいは、チューリップ型のグラスのほうが、バランスがいいなと思いました。
パイントグラスでは、なぜ味わいの感じ方にずれができたのかわかりませんが、一緒に味わったほうがいいなと思うので、飲むのにはチューリップ型のグラスがいいなと思います。

ちなみに、交互に半々に注いでいったわけですが、澱が残っているので、最後ボトルに少し残しておきました。
それを最後に飲んでみましたが、これがまたかなり濃厚な味わいでした。
渋みというか、木樽の青臭さというか…
それを楽しむのもありだとは思いますが、やはり最後の部分はグラスには入れずに、最後に少しお愉しみ的に味わうのがいいのかなと思いました。

個人的な感想ですが、このビールを飲むのであればチューリップ型のグラスで飲みたいと思いました。
香りは確かに強く鋭くなりますが、それが強すぎるというわけではありませんし、そうであれば飲み口のバランスを優先して飲みたいと思います。

味わいで言えば、このビールの特徴である木樽の風味をどう感じるのか、香りでいうと鋭くてもいいのか、ある程度柔らかいほうがこのビールらしいのか…そのあたりが判断基準になりそうです。

あと数本残っているのですが、本当は別のNew England StyleのIPAと飲み比べてみたいという気持ちがあったんですけど、ネットショップを確認してもボトルビールは軒並み在庫なし…
となるともう、残りはゆっくりと自分で味わったほうがいいのかもしれないですね。

それはまた、それで楽しみ…