色々なビールを飲み比べてみるのは面白い…
限定醸造の黒ラベル エクストラブリュー、レギュラーの黒ラベルとの味の違いが気になりました。
ということで、サッポロの黒ラベルと黒ラベル エクストラブリューを飲み比べてみました。
DSCF1106
右がサッポロ黒ラベル、左がエクストラブリュー。
見た目にはエクストラブリューの精悍なラベルに軍配が上がる気がしました。
まぁ、限定醸造ですからね…
色合いは、ほとんど一緒ですね。
あとは香りと味わいがどう違うか、気になるところです。
DSCF1107
DSCF1108
ということで、まずは香りから。
香りについては正直、あまり違いを感じられませんでした。
違うような気がしない…という感じ。
うーむ。
グラスに少しビールを注ぎすぎてしまったかもしれないですね。

続いては味わい。
違いとしては、口に含んだ時の雑味のなさと後味のキレ…でしょうか?
エクストラブリューは、清涼感というかすっきりとした味わい。
みずみずしいというのかもしれません。
それに比べると、黒ラベルは味わいがしっかり…
大手のビールらしいというといい方が少しおかしいかもしれませんが、これぞビールという味わいです。
そして、レギュラーの黒ラベルに比べて、エクストラブリューはキレがあるというか、飲み込んだ後、口の中にビールの味わいがさっと消えていく気がします。
なので、すぐにもう一口飲みに行ける。
対して、レギュラーの黒ラベルは、ビールの味わいが残る印象。
なので、一口飲んでもう一口…と行くときに一呼吸置く感じ。

どちらがいいというのではなく、杯がすすむのはエクストラブリューだなという感想。
1杯目としてどちらを飲むかと聞かれたら、エクストラブリューがおすすめだと思います。
導入のビールとして、喉ごしというか飲みやすさという意味で、エクストラブリューはとてもいいと思います。

レギュラーの黒ラベルには、やっぱり黒ラベルらしさがありました。 
決してクセがあるというわけではないのですが、でもらしさはある。
いい意味で、そのらしさを打ち消したのがエクストラブリューのような気がします。

いやはや、楽しい飲み比べでした。

満足。