今日のビール。
DSCF0272
サンクトガーレン 生グソ味。
いきなりとんでもないネーミングのビールですよね… 
サンクトガーレンの毎年恒例、4月1日のエイプリルフールに合わせて発売される限定ビール。
今年のビールは生グソ味のこちらのビールでした。

香りは、グレープフルーツとか橙とかの香りです。
ジューシーさを感じるのと、皮の渋みのような香りは控えめなので、グレープフルーツというよりも橙のほうが近いかもしれないですね。

口に含むと、今度はグレープフルーツの渋みと酸味、そして少しの甘みを感じる味わい。
味わいのベースにあるのはゴールデンエールでしょうか?
ゴールデンエールの軽やかな味わいに、グレープフルーツの渋みが足されたような味わい。
これ、いいね!
DSCF0275
DSCF0274
サンクトガーレンのHPにしっかりその由来が書かれていますが、秋田県にある広栄堂というお店のかき氷メニューに「生グレープフルーツソフト」というのがあり、注文の際に伝票に「生グソ」と記載したことが、このビールの由来。
生グレープフルーツソフト味のビールということですね。

製法としてはグレープフルーツと乳糖を使っているとのことです。
乳糖って、甘くないんですよ…
なので、あまりその味わいを感じることはなかったような気がします。

グレープフルーツ味のちゃんとしたビールとしておいしい。
あ、グレープフルーツとかを使っているから、扱いは発泡酒ですけどね。
いいねぇ… 

そんなことを考えながら、このビールと湘南ゴールドを飲み比べてみたいと思いました。
同じ柑橘系のグレープフルーツと湘南ゴールドを使い、乳糖は使っているのと使っていないのと。
これ、どんな感じなんでしょうね?

楽しみ。