世田谷線の松陰神社前駅近くに、焼き立てパンとクラフトビールをコンセプトとしたお店ができたということで行ってきました。

DSCF0693

good sleep baker。
通称、「ぐっすり」というみたいですね。
松陰神社前駅近くにできた松陰PLATという商業施設に入っているお店です。

DSCF0695

クラフトビールの樽生は3種類。
日替わりというか、空いたら次の樽を繋げる感じ。
今つながっている3種類と、その次に繋げるビールまでメニューに載っているのはわかりやすいんですが、次につなげるビールがとても飲みたいビールだったりするともやもやします(笑)

サイズは2種類で、ハーフが650円、パイントが1000~1100円程度のようです。
最近は、パイントサイズで1000円くらいというのが一般的な気がしますね。

DSCF0696

まず一杯目は、ヨコハマベイブルーイングのベイピルスナー。
すっきりとした味わいの中にも、麦の甘みのようなものを感じる味わいのビールです。

DSCF0697

パンとクラフトビールのお店ですが、おつまみはパンだけ…ということではありません。

DSCF0700

DSCF0701

この日はラタトゥイユとフライドポテトをいただきました。
あくまでもさっと出せるもの…というコンセプトがありそうですけど、クラフトビールを飲むのであればこのくらいがあれば十分楽しめますからね。

DSCF0704

そして、しっかりパンも…ということで、バジルとベーコンのパンをいただきました。
パン生地がもちもちで、バジルの香りとベーコンの塩気がビールにあっておいしい。
パンは日替わりで、もちろん、買って帰ることもできます。
次の日の朝ごはんに買って帰ると、翌朝、朝ごはんの準備が楽になるな…なんてことを考える。
これ、自分で料理をする方はもちろんですが、しない方にも重要な気がします。

DSCF0702

DSCF0703

結局、いわて蔵ビールのパッションウィーとエールと伊勢角谷ビールのブラウンエールもお願いして、つながっている3種類を全部制覇。
ラインナップは毎日変わると思いますので、この日のバランスがいつもというわけではないと思いますが、フルーツビールとピルスナー、それに少し癖のあるブラウンエールというラインアップは、うまいバランスだなと思いました。

DSCF0705

DSCF0699

お店は世田谷線の線路脇にあるので、お店から世田谷線が走っているのを眺めることができます。
カウンター席がメインなので、長居をするお店というよりも、パンを買いがてら一緒にビールをさっと飲んで帰るのがいいのかもしれないですね。

クラフトビールとパンという今までにない組み合わせのお店として、また、世田谷線沿線のクラフトビールが飲めるお店として、ちゃんと覚えておきましょう。
おすすめ。