色々なビールを飲み比べてみるのは面白い… 
サッポロから新発売となったヱビス 華みやび。
小麦を使ったビールということで注目されていますが、サッポロの小麦を使ったビールといえばシルクヱビスがあります。
今回、ヱビス 華みやびが発売になったことで、シルクヱビスは終売となるみたいなんですよね。
であれば、まだ売っているうちに飲み比べてみなければ…
というわけで、サッポロのシルクヱビスとヱビス 華みやびを飲み比べてみました。
DSCF0094
右がシルクヱビス、左がヱビス 華みやびです。
色合いはほとんど変わりませんね。
でも、きっと味わいは違うんだろうな…と思いますが。
DSCF0095
DSCF0096
ということで、まずは香りから。
これ、全く違います。
シルクヱビスはヱビスビールのようなホップの香りを感じます。
ヱビスビールらしいな…という香り。
ヱビス 華みやびはバナナのというか、クローヴというかフルーティな香りです。

続いては味わい。
シルクヱビスはすっきりしているんですが、どこか海藻のようなエグミを感じる味わい。
ちなみに製造年月日は2017年1月上旬。
年をまたいではいないんですけどね…
ヱビス 華みやびは、爽やかな酸味と甘みのバランスの取れた味わいです。
すっきりとしていて、ヴァイツェンのようなもったりとした味わいではありませんが、これはこれで綺麗でおいしいと思います。

…飲み比べるまでもない感じでした。
うーん。
シルクヱビスを購入した場所が悪かったのか、前回と同じ感想でした。
これはビールの影響というよりも保管の影響もあるのかもしれないなと思います。
劣化なのかどうなのか…正直、よくわかりませんが、これはあまりよろしくないと思います。

方や、ヱビス 華みやび。
前回は、クリスタルヴァイツェンはどうだとかいろいろと書きましたが、そもそもクリスタルヴァイツェンでもなんでも、この味わいのビールが200円台で購入できることが素晴らしい!
この比較だったからかもしれないけど、おいしさが段違いすぎて…(笑)

華みやびが出たら、そりゃあ、シルクヱビスは終わりになるよなというのがはっきりと理解できた…
そんな感じです。

それにしてもシルクヱビス。
しっかりおいしかったころのシルクヱビスが飲みたかったです。