今日のビール。
DSCF4528
六甲ビール 六甲IPA。
落ち着いたホップの香りと、少し焦げたようなモルティな香りのビールです。
でも、パイントグラスだとあまりそのあたり感じないんですよね。

口に含むと、落ち着いた苦みのビールです。
焦げたモルトの苦みよりも甘味を感じるので、全体的な苦みは控えめに感じるような気がします。
ホップの苦みというよりも焦げたモルトの甘みと苦みが特徴的なビール。
2,3杯目にちょうどよさそうです。
DSCF4530
DSCF4529
パイントグラスだと、あまり香りを感じないかもしれないですね。
そう考えると、このビールはチューリップ型のグラスで飲むのがおすすめな気がします。
IPAでも華やかな香りが特徴としてあるのはパイントグラス、このビールのような落ち着いた香りが特徴なのはチューリップ型のグラス。
そんな感じの使い分けがいいのかもしれないと思いました。

満足。