今日のビール。
DSCF4427
六甲ビール いきがり生。
面白いネーミングのビールですね。
香りをチューリップ型のグラスで確認すると、アルコール感も相まって、リンゴのような少し酸味と甘みを感じる香りです。
パイントグラスでは、麦というか酵母の香りを感じます。
口に含むと、チューリップ型のグラスでは、麦の味わいと後味に少しホップの苦みを感じます。
パイントグラスでも、同じ味わいですね。
麦の味わいと後味にホップの苦み。
炭酸はやっぱりチューリップ型のグラスでより強く感じるような気がしますね。
麦の味わいと書きましたけど、爽快感というか飲みやすさがあって、ごくごくと飲んでしまう…っていうのはあると思います。
DSCF4428
DSCF4429
いきがり生と書かれている横には、歌舞伎役者のイラストが描かれているラベルです。
これ、なかなか、かっこいいですね。

グラスで香りが違うというのは、強さが違うというのはありましたけど、なんとなくこのビールの場合には感じ方まで変わってしまったのには驚きました。
たまたまかもしれないですけどね。

ちなみに底に溜まった酵母を入れて飲んでみると、なんとなく渋いような…そして、味わいに丸みというかごくごく飲めるビールから、少し味わいを考えて飲むビールにかわる気がします。
まぁ、少しですし、それだけを飲んだからだと思いますが…

いろいろと楽しめて面白かったです。

満足。