さて、なんとなく今年は飲み比べをたくさんやっていきたいと思っているわけなのですが、今回は志賀高原ビールのMASAJI ICHIRO Barrel Aged W-IBAを飲み比べてみたいと思います。

DSC05264

右がMASAJI ICHIRO CHICHIBU、左がMASAJI ICHIRO BOURBON。
詳細はこちらの記事に譲るとして、「箕面ビールの先代大下社長を追悼してつくった W-IBA - MASAJI THE GREAT - の2013年醸造版を、一年以上イチローズモルトさんの樽で熟成させたビール」です。

なんとなく呼びにくいので、右がCHICHIBU、左をBOURBONと呼びましょう。

DSC05265

DSC05267

まずは香りから。
CHICHIBUのほうがより濃い甘い香りを感じます。
BOURBONはアルコール感を強く感じて、甘みはそれほど感じずドライな印象です。
香りがたっているのがCHICHIBU、控えめなのがBOURBONというところでしょうか?

それでは味わい。
CHICHIBUのとろりとした液体を口に含むとビターチョコレートのような苦みの中にも甘みを感じる味わいです。
BOURBONはウィスキーボンボンのような味わい。
少し木樽を思い出させる味わいも感じます。

ビターチョコレートとウィスキーボンボンの違い…っていうとなんとなく失礼なような気がしますが、同じアルコール度数でもウィスキーのような味わいを強く感じるのがBOURBON、チョコレートのような甘みをより強く感じるのがCHICHIBU。
そんな印象を持ちました。

そして、どちらも濃厚な味わいなんですけど、驚くほど飲み口はスムーズ。
すいすいいけるわけではありませんが、スーッと入っていきます。
荒々しさを全く感じず、鋭く強い甘さをどちらも感じる味わい。

これは贅沢で素敵なビールだなと思います。
そして、このビールを飲み比べることができて本当によかった。

満足。



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">