今日のビール。
DSCF3926
大山Gビール 琥珀ヴァイス。
ヴァイスビールといえば、少し白濁した黄色い液体のビール…ですが、こちらは琥珀というだけあって、褐色のヴァイスビールです。
香りはヴァイスビール。
酸味と華やかさを感じる香りがきれいですね。
ほんのりカラメルっぽい香りを最後、感じる気がします。
口に含むと、こちらは色合いから想像できる、少しカラメルっぽい甘みを、香りよりもしっかりと感じさせる味わいです。
ヴァイス特有の酸味や甘みだけでなく、焙煎された甘みを感じる味わいは他ではあまり見かけないかもしれません。
DSCF3930
せっかくなのでグラスの厚みを変えて飲み比べてみました。
これ、飲み比べてみると味わいが変わりますね。
左の薄いグラスだと、酸味をより感じる。
右の厚みのあるグラスだとカラメルの甘みがより強調されるような気がしました。
これ、面白い。
DSCF3931
で、ここでもう一度。
ヴァイスビールということであれば、沈んだ酵母を入れて飲んでみたくなります。
これも比べてみることにしました。
 酵母を入れてみて、まず香りで感じたのはアルコール感。
どちらでもアルコール感が立ち上ってきますね。
併せてフェノーリックな香りっていうんですかね。
仕事柄、フェノールの香りをかぐことがあるんですが、まさにその香りを控えめにですが感じます。
口に含んだ時、味わいとしてはもったり感というかすっきりさが消えて、どこか重みのようなものを感じる味わいになった気がします。
面白い。
DSCF3928
DSCF3927
大山Gビールはなかなか飲めないんですけど、レギュラービールもおいしいし、シーズナルの八郷とかもあって、個人的には好きなブルワリーです。
島根県のブルワリーかと思ったら鳥取県のブルワリーなんですよね。
このビール、来年はもう少したくさん飲みたいと思います。

いいね!