カテゴリ:アメリカのビール > Victory Brewing

ヴィクトリー ヴァイタルIPA。 シトラスやパイナップルのような味わい。 でも、苦みが硬いという印象のビールです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF2992
ヴィクトリー ヴァイタルIPA。
草っぽさの中にもトロピカルな香りのビールです。
ジューシーさを感じる香りでもあります。
口に含むと、強すぎずきれいな苦み。
シトラスとかパイナップルとか…少し薬品臭さのようなものも感じる味わい。
いや、これ悪い意味での薬品臭さではないんですけどね。
苦みの質が硬質というか、無機的というか…
シトラスとかパイナップルとかそういうのを感じるので、無機的とは違う気がしますが、そういうなんというか硬い味わいなんです。
そんな味わいも面白い…
DSCF2993
アルコール度数は6.5%あります。
もう少し飲みごたえが感じられてもいいような気がしますが、そこは違うんですよね。
特徴のあるIPA。
面白いと思いました。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 Victory Brewing DirtWolf Double IPA。 綺麗な黄金色のビールです。 ダブルIPAということだったので、もう少し濃い色合いを想像していました。 香りは華やかです。 柑橘系というよりも、蜂蜜のような甘い香りを感じます。 いや、でも草っぽい香りは感じる ... 続きを読む
今日のビール。

DSCF1790

Victory Brewing DirtWolf Double IPA。
綺麗な黄金色のビールです。
ダブルIPAということだったので、もう少し濃い色合いを想像していました。
香りは華やかです。
柑橘系というよりも、蜂蜜のような甘い香りを感じます。
いや、でも草っぽい香りは感じるかな…
口に含むと、かなり甘みを感じる味わいです。
そのあとにじわじわと感じるホップの苦み。
甘いかな…と思った後でしっかりと感じるホップの苦み。
甘みを感じるということは、しっかりアルコール度数は高そうです。
って、調べてみると8.5%でした。
この味わい、とても好きです。

DSCF1791

実はこのビールを過去にも飲んでいるんです。
その時の感想と比べてみると、まぁ、ニュアンスは同じような感じだと思います。
ただ、以前はアルコール度数が8.7%、今回のは8.5%。
この違いがどのように表れているのかは判断できませんが、同じビールを飲んでみたとしても、クラフトビールはこういう多少の違いはあると思っています。
こういうのを確認するのも楽しい。
なので、同じビールをまた繰り返し飲んで記録していたりします。

そういうのもまた楽しい。

満足。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ビクトリー ホップデビルIPA. 香りは少しジューシーな甘みを感じる香りです。 口に含むと渋みのような柑橘系の苦みを感じます。 香りで少し甘みのようなものを感じていたので、もう少しモルトの甘さを感じるかなと思いましたけど、そこはそうでもないんだ ... 続きを読む
今日のビール。

Victory Brewing Hop Devil IPA (2)

ビクトリー ホップデビルIPA.
香りは少しジューシーな甘みを感じる香りです。
口に含むと渋みのような柑橘系の苦みを感じます。
香りで少し甘みのようなものを感じていたので、もう少しモルトの甘さを感じるかなと思いましたけど、そこはそうでもないんだなぁと。
しっかり苦い。
ただ、ただ苦い。
ホップデビルというだけあるなぁと思います。

Victory Brewing Hop Devil IPA (1)

すがやさんのHPより解説。
ヴィクトリー醸造所のメイン麦酒!
ドイツの二条大麦モルトとアメリカ産のまり花を使用し、IPA特有のゴージャスな香りが溢れています。
チェダーチーズやBBQには外せません!

家にはチュダーチーズもBBQもなかった…

でも、そういうのなしにしておいしいと思うビールです。


これはいい!!!


満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ブリュードッグ Uボート スモークドポーター。 甘い香りが漂う香りです。 焦げた香りもするけどそれを押しのけて甘い香りを感じます。 口に含むと、炭のような焦げた味わい。 口当たりはスムーズです。 トロッととはいかないけど、柔らかい口当たりは味わ ... 続きを読む
今日のビール。

BrewDog Brewery U-BOAT SMOKED PORTER (2)

ブリュードッグ Uボート スモークドポーター。
甘い香りが漂う香りです。
焦げた香りもするけどそれを押しのけて甘い香りを感じます。
口に含むと、炭のような焦げた味わい。
口当たりはスムーズです。
トロッととはいかないけど、柔らかい口当たりは味わいまで軟らかくする気がします。
でも、きっとアルコール度数は高いのですいすい飲んでると危険なビールです。

BrewDog Brewery U-BOAT SMOKED PORTER (1)

HPより解説。
Victoryの創業者Bill Covaleskiがブリュードッグに赴き、創造性に富んだポーターをつくり上げました。
スペシャリティモルトにラガーイーストを加え、複雑なスモーキーアロマとチョコレートスタウトのようなボディとフレーバーを造りだしました。
香りは温かく、スモーキーで、ミルクチョコ、エスプレッソ、かすかにラガーのキャラクターもあります。
口に含むとBIGなダークモルトの甘さ、スパイシーなMittelfruh(独)とシトラスのようなGalena(米)ホップ。
ココアパウダー、リッチなダークチョコ、熟したベリーが焦がし砂糖の苦みと相互作用します。
口当たりはとても濃く、噛み応えがありますが、ホップとローストモルトの苦みにより、嫌な甘ったるさがありません。
英米の人気ブルワリーのコラボビールをどうぞ、お見逃しなく!

嫌な甘ったるさがないってのはわかる気がする。
Rip Tideと同じ系統。
でも、濃さというか口の中での味わいの変化はこっちの方が優しい気がします。

あ~、飲み比べてみたかったな。

そんなことを考えました。


満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ヴィクトリー ダートウルフ W-IPA。 香りは草っぽいホップの香りです。 ホップペレットの香りをかいでいるかのようなホップの香りがとてもきれいですね。 口に含むとホップの強い苦みと柑橘系の味わい。 しっかりとした香りだったので身構えましたけど、華 ... 続きを読む
今日のビール。

Victory Brewing Dirt Wolf Double IPA (2)

ヴィクトリー ダートウルフ W-IPA。
香りは草っぽいホップの香りです。
ホップペレットの香りをかいでいるかのようなホップの香りがとてもきれいですね。
口に含むとホップの強い苦みと柑橘系の味わい。
しっかりとした香りだったので身構えましたけど、華やかでフルーティな味わいです。
アルコール度数が高いということもあるんだろうなぁと思って確認したら8.7%でした。
高いけどそこまでではないなぁ。
ということは華やかさはホップからくるんだろうな。

Victory Brewing Dirt Wolf Double IPA (1)

すがやさんのHPより解説。
ドイツの二条大麦モルトを使用し、IPA特有のゴージャスな香りが溢れています。
チェダーチーズやBBQには外せません!

失敗…どちらも今うちにないや。
でも、BBQがあうってのはわかる気がします。
このビールを飲みながらお肉を食らってみたいなぁと思います。
しっかりした味わいに負けないビール。
だからこそおいしい。

いいねぇ…


満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ヴィクトリー ゴールデンモンキー。 香りは華やかでフルーティな香りです。 コリアンダーの香りなのかな? 口に含むとスパイシーな味わいです。 苦みはそこまでありません。 ただ、渋みのような味わいも感じるこのビール。 アルコール度数が高いせいもあっ ... 続きを読む
今日のビール。

Victory Brewing Golden Monkey (2)

ヴィクトリー ゴールデンモンキー。
香りは華やかでフルーティな香りです。
コリアンダーの香りなのかな?
口に含むとスパイシーな味わいです。
苦みはそこまでありません。
ただ、渋みのような味わいも感じるこのビール。
アルコール度数が高いせいもあってのフルーティな香りのような気もしますが、このビール、飲みやすいので危険なビールです…

Victory Brewing Golden Monkey (1)

すがやさんのHPより解説。
麦酒大国ベルギーの伝統的麦酒スタイルであるトリプルを手本とし、酵母の影響を前面に出した飲み応えと、コリアンダーの軽やかなスパイシーフレーバーの二面性を兼ね沿えたライトカラーの麦酒。

ゴールデンモンキーは、美しく深い黄金色のビールをつくるために、ヨーロピアンホップス、ベルジャンイースト、エキゾチックスパイスを使い、非常に複雑にブレンドされています。
飲みながら、いろんなキャラクターに気付きます。
一つのビールに二つの顔。一方では、遊び心があり踊りだすような、楽しくもリフレッシュできるビール。
もう一方では、複雑なフレイバーをもつ、ゆっくり味わえるリッチとストロングなビール。
ラベルに示されているゴールデンモンキーの神は、西に軽やかに心弾む楽しさを、東に強烈な深みを指し表しています。
どちらを飲んでも、結果はユニークで満足できる美味しいビール。
さて、あなたはどちらのゴールデンモンキーを選びます?

ベルギーのゴールデンエールにようなビール。
そこにスパイスが入ることでより複雑…なのか?

おいしいけど難しいねぇ…


満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote