カテゴリ:アメリカのビール > Stone Brewing

今日のビール。 Stone Brewing Enjoy After BRETT IPA 07.04.16。 ストーンから出ている日付指定のビール。 今回のビールは2016年7月4日以降に飲んでくださいというビールです。 グラスに注ぐと、強めの炭酸で泡たっぷりになります。 香りはたっぷりなブレタノ臭。 好みは ... 続きを読む
今日のビール。

DSCF1477

Stone Brewing Enjoy After BRETT IPA 07.04.16。
ストーンから出ている日付指定のビール。
今回のビールは2016年7月4日以降に飲んでくださいというビールです。
グラスに注ぐと、強めの炭酸で泡たっぷりになります。
香りはたっぷりなブレタノ臭。
好みは分かれると思いますが、個人的には好みの香りですね。
口に含むと、ブレタノ臭に引き継がれたドライでフルーティな香り。
そして後味にかけてじわりと感じるホップの苦み。
柑橘系とかそういうのではなく、辛いような苦み。
これがドライな味わいと相まっておいしい。

DSCF1478

好きなビールです。
酸味というか特徴的な味わいなので、得意ではないという人もいると思います。
だけど、このビール、とりあえず飲んでほしいなと思うビールです。
ま、それでもだめなら、その時にはこういう味わいは苦手ということを知れたということで、その次以降は考えればいいと思いますしね。
たぶん、この味わいの流れもまた、これからある一定の枠の中で作り続ける気がしますしね。

満足。

ストーン IPA 355ml【2...

ストーン IPA 355ml【2...
価格:1,231円(税込、送料別)






style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ストーン カリベルギーIPA。 華やかでフルーティ、そしてドライな香り。 口に含むと渋みのようなドライな味わい。 ベルジャン酵母の味わいが好きなんです。 この味わい、好きなんです。 ベルジャンというのが好きなんだろうな。 でも、そう考えた時に、 ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05381

ストーン カリベルギーIPA。
華やかでフルーティ、そしてドライな香り。
口に含むと渋みのようなドライな味わい。
ベルジャン酵母の味わいが好きなんです。

DSC05382

この味わい、好きなんです。
ベルジャンというのが好きなんだろうな。
でも、そう考えた時に、志賀高原ビールはかなり好みです。

いや、なかなか海外のビールはお高いからね。
そういうときには日本のビールだけど、余力があればぜひ試してもらいたい一品です。

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ストーン IPA。 草っぽい柑橘系の香りがきれいです。 香りの後にほんのりとモルトの香りも感じます。 口に含むとホップの苦みと合わせてモルトの味わいもしっかりなIPA。 決して苦いだけじゃなく、モルトの味わいもあるおいしいビールです。 ただただホ ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05379

ストーン IPA。
草っぽい柑橘系の香りがきれいです。
香りの後にほんのりとモルトの香りも感じます。
口に含むとホップの苦みと合わせてモルトの味わいもしっかりなIPA。
決して苦いだけじゃなく、モルトの味わいもあるおいしいビールです。

DSC05380

ただただホップの苦い味わいの際立つビール…というわけではなく、ホップの苦みとモルトの味わいがとってもバランスの良いビールです。
ゆったりと飲みつつ、スナック菓子をつまみたい…
なんてことを考えながら飲んでみました。

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ストーン ルイネーション ダブルIPA。 以前のルイネーションIPAからリニューアルしたビールです。 香りは柑橘系の香りがかなり強く漂います。 そして少し甘みも伴う香り。 口に含むとジューシーさを感じつつも、その奥にしっかりホップの苦みをより強く感 ... 続きを読む
今日のビール。

DSC09382

ストーン ルイネーション ダブルIPA。
以前のルイネーションIPAからリニューアルしたビールです。
香りは柑橘系の香りがかなり強く漂います。
そして少し甘みも伴う香り。
口に含むとジューシーさを感じつつも、その奥にしっかりホップの苦みをより強く感じる味わい。
ジューシーなんですけど、ホッピーな味わい。
これ、すごくおいしい…

DSC09383

なんとなくストーンのIPAを飲んだ時に、物足りなさというか、もう少し苦みがすっきりとしていたらと思ったのです。
ルイネーションはジューシーさを感じますけど、こちらのほうが僕は好きな味わいです。
甘みはそこまでいりません。
ホッピーさをしっかり味わいたい…

夏ですからね。

そんなことを考えました。


満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ストーン エンジョイ バイ 10.31.15 IPA。 香りは綺麗な柑橘系。 少しジューシーな香りでもあります。 口に含むと意外とさっぱり…というか苦みが強くありません。 あ、苦いんだけど、生っぽい強さではなくそこかさっぱりとした苦味。 でも、ちゃんとジュ ... 続きを読む
今日のビール。

DSC09604

ストーン エンジョイ バイ 10.31.15 IPA。
香りは綺麗な柑橘系。
少しジューシーな香りでもあります。
口に含むと意外とさっぱり…というか苦みが強くありません。
あ、苦いんだけど、生っぽい強さではなくそこかさっぱりとした苦味。
でも、ちゃんとジューシー。
アルコール度数が9.4%ですしね。
そして、何か引っかかる味があるんですけど、これをうまく思い出せない。
カレーなんかに使うスパイスの味わいを感じるんだけど、何だったかな…

DSC09605

解説を探していたら、世界のクラフトビール&ウイスキー通販専門ショップの「モルスト」さんのページにありました。

創業以来、溢れんばかりのホップへの愛をストレートに表現し続け、数々の素晴らしいIPAを生み出し続けてきたStone Brewingですが、そのホップへの偏愛の結晶とでも言うべきビールがこちらの”Enjoy By IPA”と言えるでしょう。
全てのビールにとって、新鮮さは正に命ですが、柑橘類などのフルーツや草花、ハーブなどに喩えられ、華やかでアグレッシブ、時に麻薬的ですらあるホップのアロマを特徴とする西海岸スタイルIPAなら特にフレッシュさは最重要事項。
しかしそのホップアロマはフレッシュで複雑であるほど繊細で、適切に温度管理しないと容易に崩れてしまうし、適切に管理したとしても時間経過で徐々に本来の輝きを失っていってしまいます。
今回ご案内する”Enjoy By IPA”は、そんな魅惑的ながらも繊細なホップの魅力を最大限に発揮するよう作られました。
その醸造行程は正に超人的。
マッシングの段階でカリプソを、煮沸段階で苦み付けにごく少量のスーパーガレナを、そしてビタリングホップを最小限にして、大量のフレイバーホップから苦みも同時に得るという”Hop Bursting”の手法を駆使し、煮沸の最後にシムコー、デルタ、ターゲット、アマリロを、ワールプールではモトゥエカ、シトラ、カスケードを投入して作られています。
この時点で既に超ホッピーであることは容易に想像がつきますが、そこはStone。ここから更に、NZ産のネルソンソーヴィンとオーストラリア産のギャラクシーをそれぞれ1バレル当たり1ポンド投入してドライホッピング。
ここまでで実に醸造の5段階において13種ものホップ(上記の他にアータナムとヘルガも使用)を投入するという目眩がするような技巧です。
出来上がったこちらのビールも非常にフレッシュで複雑かつ繊細な香りと味を身に纏っておりますが、当然ながらその魅力は通常のクラフトビール以上に繊細で、長くは保ちません。
そのことを自覚した上で醸造されたこのビール、そのホップのアロマとフレイバーを存分に味わってもらうため、Stoneは推奨賞味期限を製造日から35日以内に定め、”Enjoy By Date(この日までに楽しんでください)”を商品名として掲げてしまったのです!
そんなホップラバーズには夢のようなこちらのビール。
その短いシェルフライフのため、輸入はかなり困難と思われておりましたが、ついに実現!!
しかも、手軽だが輸送費用が大幅に高くなってしまう(つまりビールの値段も高くなってしまう)空輸でなく、あえてナガノトレーディングのこだわりである、新鮮なビールを醸造所からお届け先までの全行程を3℃~5℃の低温で管理した上で、輸送の無駄、待機時間のロスを徹底的に排除して構築された「ナガノトレーディング標準の」ロジスティクスでおいしさを保障します!

クリーミーな白い泡に黄金色の液色が美しいこのビールは、グラスを近づけると草や松、ピーチ、トロピカルフルーツなどを思わせる素晴らしく強烈なホップの香りが飛び出してくる。
そして口に含むとまずモルトの柔らかさを感じるが、それはすぐに消失してかわりに草やピーチなどの強力なホップフレイバーが畳み掛けてくる。
口当たりは滑らかで、苦みとドライさのバランスが完璧。
モルトの甘みが最小限に抑えられたとてもドライな仕上がりでありながらも、巨大なホップのキャラクターを下支えするために使用した大量のモルトがしっかりとしたフレイバーをもたらしている。
ホップヘッド、IPA好きならば必ず飲まねばならない1本。

最後の後味がなんなのかがとても気になる…
これ、おそらくは毎年発売されるんだと思います。
必ず毎年飲みたいと思うビールです。

満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ストーン IPA. 少し甘みのある香りです。 ジューシーな香り。 口に含むと甘苦い味わい。 甘いけど、しっかり苦いほうが強いかなと。 うまいねぇ。 HPより解説。 ホップのアロマを十二分に楽しめる基本に忠実なインディアペールエールスタイル。 まずは ... 続きを読む
今日のビール。

ビールが好きなんです。 (2)

ストーン IPA.
少し甘みのある香りです。
ジューシーな香り。
口に含むと甘苦い味わい。
甘いけど、しっかり苦いほうが強いかなと。
うまいねぇ。

ビールが好きなんです。 (1)

HPより解説。
ホップのアロマを十二分に楽しめる基本に忠実なインディアペールエールスタイル。
まずはストーンの実力をこのIPAから。

めかぶを麺つゆにつけたような味。
少し酸味あり。


そんな変な解説をされました…

でも、僕は好きです。


満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote