カテゴリ:アメリカのビール > Sierra Nevada Brewing

今日のビール。 シエラネバダ トルピード エクストラIPA。 草っぽく、そしてジューシーな香りです。 草っぽさは少し生っぽい香りですね。 口に含むと、苦みを強く感じますが、それとあわせて甘みを感じます。 この苦みがこの程度なのは、甘味が強いからマスクされているん ... 続きを読む
今日のビール。

dscf2252

シエラネバダ トルピード エクストラIPA。
草っぽく、そしてジューシーな香りです。
草っぽさは少し生っぽい香りですね。
口に含むと、苦みを強く感じますが、それとあわせて甘みを感じます。
この苦みがこの程度なのは、甘味が強いからマスクされているんだなというのがわかる味わい。
後味にジワリと感じる苦みがまたいいんですよ。
おいしい。

dscf2254

HPより解説。
色はオレンジ、アロマはトロピカル。
味は果肉たっぷりのマスカットのよう。苦味と甘味のバランスが素晴らしい。
「トルピード(魚雷)」という名を冠したブリュワリーの実力IPA!
IPA通も唸らせるほどの香気と味わいで、一度飲めばファンになること間違いなし!

正直、マスカットのよう…はあまり感じませんでした。
まぁ、でも、おいしいかどうかがポイント。
僕が好きだなんというポイントは外していませんでした。
やっぱりいいね。

満足。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

色々なビールを飲み比べてみるのは面白い… というわけで、シェラネバダのIPAを飲み比べてみました。 飲み比べたのは、HOP HUNTER IPAとCELEBRATION FRESH HOP IPA。 右がHOP HUNTER IPA、左がCELEBRATION FRESH HOP IPAです。 これ、CELEBRATION FRESH HOP IPAがアメリカ ... 続きを読む
色々なビールを飲み比べてみるのは面白い…
というわけで、シェラネバダのIPAを飲み比べてみました。

DSC05651

飲み比べたのは、HOP HUNTER IPAとCELEBRATION FRESH HOP IPA。
右がHOP HUNTER IPA、左がCELEBRATION FRESH HOP IPAです。
これ、CELEBRATION FRESH HOP IPAがアメリカンIPAの初期からレシピを変えていないビール。
そしてHOP HUNTER IPAが今のIPAということでの飲み比べてです。

色合いから確認すると、全く異なります。
HOP HUNTER IPAは淡い色合い。
それに対して、CELEBRATION FRESH HOP IPAはかなり濃い色合いです。
昔のビールは淡色ではなく濃い色合いのビールが多かったことを考えると、確かにそうだよな…と。

DSC05652

DSC05653

初めに香りを。
HOP HUNTER IPAは柑橘系、そして生っぽいホップの香りを感じます。
生っぽいはいいすぎか。
程よく柑橘系の香り。
それに対して、CELEBRATION FRESH HOP IPAはモルティな香りです。

続いては味わい。
HOP HUNTER IPAはジューシーでもさっぱりですね。
ホップの苦みをはっきりと感じる味わいで、トロピカルっぽくはない王道だなと感じるIPA。
CELEBRATION FRESH HOP IPAは味わいにどっしりと焙煎されたモルトの味わいを感じます。
苦みもしっかりとありますがモルティな中にホップの苦み、そして焙煎された苦みを感じる。
ここまでモルティだと、アメリカンアンバーエールとの違いは何かが気になってしまいます。

ホップをガッツリと効かせたのが今のIPAであるとすると、初期のIPAはモルティで苦みもしっかりと感じる味わい。
ホップを加えることが、防腐剤としての意味合いが強かったホップということを考えると、基本がモルティになるのはそういうものかなという感想でもあります。

どちらが好きかと問われたら、そりゃあ、HOP HUNTER IPAと答えます。
ホップ好きだし。
さっぱりとしたホップの味わい。
トロピカルになりすぎない味わい。

そしてそんなホッピーなビールにモルティさは個人的にはあまり求めていない部分もあります。
モルティなIPAもおいしいと思いますけどね。
この辺り難しいところですけど。

でも、やっぱり飲み比べは楽しいなぁと思う今日この頃です。

満足。






style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 シエラネバダ ホップハンターIPA。 香りはジューシーで華やか。 草っぽさというよりも柑橘系しっかりな香りです。 口に含むと、ジューシーさ、柑橘系の味わい…と思いつつ、しっかりと柑橘系の皮の渋みのような苦みをはっきりと感じる味わいです。 口に含 ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05610

シエラネバダ ホップハンターIPA。
香りはジューシーで華やか。
草っぽさというよりも柑橘系しっかりな香りです。
口に含むと、ジューシーさ、柑橘系の味わい…と思いつつ、しっかりと柑橘系の皮の渋みのような苦みをはっきりと感じる味わいです。
口に含んだあと、けっこう早めに苦みが広がるのが面白い。
好みのビールです。

DSC05611

HPより解説。
採れたてホップの鮮烈なフレイバーを一年中楽しめる革命的ビール
このビールがもたらす意義、それはこれまで不可能だと思われていた、採れてから 1 時間以内の摘みたてホップを使った「通年販売」の商品であるということ。
新鮮なホップを新鮮なうちに加工することで、1 年のうちの大半を通じて安定したホップの供給が為されているのである。
これまでにもホップエキス、或いはホップオイルを使用したビールは存在していたが、それらが使用していたのは「乾燥した」ホップから抽出した油分であり、このビールに使用されるものとは全くもって似て非なるものだ。
通常のビタリングとフィニッシングには Sierra Nevada 伝統のホール・ホップを使用し、発酵が完了した後に Cascade、Centennial、CTZ からなるホップオイルを投入して出来上るこのビールは新鮮なホップの持つ青臭さといった自然味やシトラス、松、コショウ、そして花束のようなフ ローラルさがあふれる香りを持つ。
口に含めばホップの青々とした草や土っぽさ、強烈な苦味、藁、グレープフルーツのような味わいにクラッカー、ナッツ、穀物を思わせる柔らかいモルトの風味が絡み合い、ナッティーで松の樹脂の様なホッピーなフィニッシュ。
まるで生のホップをそのまま口に含んだかのような強烈な味わい。
「究極のホップ体験」を楽しんで頂けるだろう。

とれたてホップの強烈なフレーバー…
もし、このビールが本当にそういう味わいだとしたら、日本のクラフトビールの採れたてホップとは少し違う気がしました。
採れたてホップを使った日本のクラフトビールって、どこか荒々しさを強く感じて、バランスはあまりよくない気がしています。
ですが、このビールはそのバランスがとてもいいと思うのです。

このビールは美味しい。
おすすめです。

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 シエラネバダ セレブレーション フレッシュホップIPA。 香りは柑橘系の香りと草っぽい香りが混ざり合う香りです。 見た目の色合いから想像するカラメルっぽい香りも少々といったところでしょうか? 口に含むと、滲みるような苦みを感じます。 ベリー系の味 ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05599

シエラネバダ セレブレーション フレッシュホップIPA。
香りは柑橘系の香りと草っぽい香りが混ざり合う香りです。
見た目の色合いから想像するカラメルっぽい香りも少々といったところでしょうか?
口に含むと、滲みるような苦みを感じます。
ベリー系の味わいも感じる複雑な味わいのビール。
おもしろいなぁ。

DSC05600

1981年より毎年醸造される、Sierra Nevada初のIPA。
ブリュワーが自ら選んだホップをふんだんに使用したこのビールは、アメリカンクラフトビールの歴史の中でも最初期のアメリカンスタイルIPAの1つと言えるだろう。
Celebration Aleは1981年10月に創業者が冬の季節限定ビールとして醸造を開始し、1983年から現在に至るまではレシピを全く変更していない。
すなわち、30年以上経った今でも昔と変わらない味わいを生み出しているのである。
ホップには厳選されたChinook、Cascade、Centennialが使われる。
それも単なるホップではなくフレッシュホップ(乾燥させた、採れてから7日以内のホップ)だ。
乾燥しているかどうかやホール・ホップかペレット・ホップかどうか等によって差はあれ、ホップというものは時間経過によって鮮度が落ちて本来のキャラクターが失われていくものである。
そこで可能な限り新鮮なホップを手に入れてビールに使う事で生々しいフレイバーを特徴とするビールを造り出したのである。
今でこそホップフレイバーが前面に出たビールは当然のように受け入れられているが、1980年代前半にこのような強烈な味わいを演出したのは衝撃的な事である。
グラスに注ぐと深いアンバー色にクリーミーなベージュ色のヘッド。
香りは強烈な松とシトラスにモルト、かすかにスパイシー。
味わいはビターなグレープフルーツ、松、モルト、ほのかにタンジェリンの甘み。
フィニッシュはドライでビター。
特筆すべきはホップとモルトの例外的なまでのバランスの良さで、ホップフレイバーが存分に楽しめながらも飲み疲れしないまろやかさを持つ。
このビールが冬のホリデーシーズンにおける楽しみの1つに加わることは間違いない。
グラスを傾け、Celebration Aleという名の祝福を享受しよう。

この面白い味わいは、最初期のアメリカンスタイルIPAの一つなんですね。
いやはや、フレッシュホップって、その生っぽさから好みがわかれると思います。
でも、このビール、個人的には好みのビールです。

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 シエラネバダ サマーフェスト。 マイルドな香りです。 ホップではないでもかすかにフルーティな香りを感じます。 酵母の香りのほうが感じるかもしれません。 口に含むとピリッとした苦みを感じます。 始めは炭酸の強いのかな?とも思いましたけど、そうでは ... 続きを読む
今日のビール。

Sierra Nevada Brewing Summerfest Crisp summertime lager (2)

シエラネバダ サマーフェスト。
マイルドな香りです。
ホップではないでもかすかにフルーティな香りを感じます。
酵母の香りのほうが感じるかもしれません。
口に含むとピリッとした苦みを感じます。
始めは炭酸の強いのかな?とも思いましたけど、そうではなく、じっとりとした苦味なんですね。
不思議な味わい…
これ、面白いなぁ…

Sierra Nevada Brewing Summerfest Crisp summertime lager (1)

シエラネバダのビール…
といえばぼくはペールエールなんです。
シカゴでもオーランドでもシエラネバダのペールエールだけはどこにでも売ってたんです。
そんなに出歩けなかったということもありますし、かれこれもう5,6年前の話なんですけどね。

いやはや、懐かしい。
あの時とは全く違うビール。
でも、そういうビールもおいしいなぁ…


満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote