カテゴリ:神奈川県のビール > Sankt Gallen

サンクトガーレンの湘南ゴールド。 今年の湘南ゴールドはジューシーだと思いました。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0968
サンクトガーレン 湘南ゴールド。
今年もこのビールの季節がやってきました。
神奈川県の柑橘類、湘南ゴールドを使用したフルーツビールです。
オレンジの果汁の甘い香りを感じる香りです。
ジューシーな香り。
口に含んだ時に感じる炭酸は少し強めです。
そして、皮の渋みのような苦みは控えめ。
逆に果汁の甘みをほのかに感じる味わい。
鋭さはあまり感じず、どこか柔らかい味わいのビールです。
DSCF0969
昨年も飲んでいるのですが、去年の感想を読む限り、今年のは渋みのような苦みが控えめで果汁を感じる味わいになっているようですね。
その時の感じ方にもよるのかもしれませんが、こうやって同じビールを毎年飲んでいると少し違いを感じるのも面白いですね。

とはいえ、ビアバーで樽生ビールとして飲んだ時には、もう少しシャープな味わいだと感じていました。 
炭酸によるものなのか、温度なのか…
そういうのもまた楽しいので、こういうビールは樽生ビールとボトルビールの飲み比べをやってみるのも楽しいですね。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サンクトガーレン エルディアブロ 2016. 少し炭酸が強かった気がするので、もう少し落ち着かせてから飲むのがおすすめです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4752
サンクトガーレン エル ディアブロ 2016.
香りからは焙煎された芳ばしさを感じます。 
そして甘み。
なので、なんとなく甘い麦茶のような香りだと思って今いました。
口に含むと、しっかりした炭酸、そして焦げた麦の味わいとしっかりとした甘み。
苦みもきっと強いんでしょうけど、鋭い甘みとでもいうのでしょうか?
そんな甘みにかなり消されてしまっていると思います。
面白い…
DSCF4753
炭酸が強いので、もう少し落ち着かせてから飲むのに適していると思います。
ここ数年のエル ディアブロは、かなり落ち着いた味わいですぐ飲んだほうがいいビールだと思っていましたが、今年のディアブロは、もしかしたらこの炭酸が落ち着くまで残しておいたほうが、もっとおいしくいただけるかもしれない…
そんなことを考えました。

そしてラベル、かっこいいですよね。 色合いとしてシンプルでいいなと思いました。
満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サンクトガーレンのウィートワイン。 このビールは出荷仕立てが飲みごろだと思います。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4750
サンクトガーレン ウン アンヘル 2016。
スタイルはウィートワインです。
すっきりとした甘みを感じる香りです。
綺麗な香り。
口に含むと、濃厚な甘みと同時に、かなり強い苦みが口の中に広がります。
濃厚だけど嫌味のない甘み、そして強い苦み。
この味わい、好きだなぁ。
DSCF4751
ウィートワイン、好きなんですよ。
バーレィワインよりも好きなんだと思います。
その中で、僕はサンクトガーレンのウィートワインが一番好きです。
そして、そんなサンクトガーレンのウィートワインは、その年に作られたやつが一番おいしいと思っています。
熟成させたビールが好きなんですけど、このビールはその年の出荷したてが飲みたい。
ここ数年のウン アンヘルはそう思います。
寝かせて飲むのもいいと思いますが、このビールはその年に出荷されたものを飲むべし。
そして、底に溜まった澱はあとで楽しむべし。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サンクトガーレンの生グソ味のビールをいただきました。 すごくインパクトのあるビールです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0272
サンクトガーレン 生グソ味。
いきなりとんでもないネーミングのビールですよね… 
サンクトガーレンの毎年恒例、4月1日のエイプリルフールに合わせて発売される限定ビール。
今年のビールは生グソ味のこちらのビールでした。

香りは、グレープフルーツとか橙とかの香りです。
ジューシーさを感じるのと、皮の渋みのような香りは控えめなので、グレープフルーツというよりも橙のほうが近いかもしれないですね。

口に含むと、今度はグレープフルーツの渋みと酸味、そして少しの甘みを感じる味わい。
味わいのベースにあるのはゴールデンエールでしょうか?
ゴールデンエールの軽やかな味わいに、グレープフルーツの渋みが足されたような味わい。
これ、いいね!
DSCF0275
DSCF0274
サンクトガーレンのHPにしっかりその由来が書かれていますが、秋田県にある広栄堂というお店のかき氷メニューに「生グレープフルーツソフト」というのがあり、注文の際に伝票に「生グソ」と記載したことが、このビールの由来。
生グレープフルーツソフト味のビールということですね。

製法としてはグレープフルーツと乳糖を使っているとのことです。
乳糖って、甘くないんですよ…
なので、あまりその味わいを感じることはなかったような気がします。

グレープフルーツ味のちゃんとしたビールとしておいしい。
あ、グレープフルーツとかを使っているから、扱いは発泡酒ですけどね。
いいねぇ… 

そんなことを考えながら、このビールと湘南ゴールドを飲み比べてみたいと思いました。
同じ柑橘系のグレープフルーツと湘南ゴールドを使い、乳糖は使っているのと使っていないのと。
これ、どんな感じなんでしょうね?

楽しみ。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サンクトガーレン オレンジチョコレートスタウト。 このビールはパイントグラスで飲むべし! ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4432
サンクトガーレン オレンジチョコレートスタウト。
香りはオレンジ…なんですけど、そこに黒ビールのチョコレートのような香ばしさが加わって、不思議な香りになっています。
オレンジよりもチョコレートのほうが強いかなぁ…
あ、これ、チューリップ型グラスで感じる感想。
パイントグラスでは、ずっと控えめな香りになっています。
このくらいだと、チューリップ型グラスのほうが香りをしっかりと感じるにはちょうどいい気がします。

続いては味わい。
オレンジの味わいは、飲んだ時のほうがより強く感じます。
オレンジの酸味をしっかりと感じる。
黒ビールらしい芳ばしさはそのあとに感じるかな。
これはチューリップ型グラスでの感想。
パイントグラスだと、炭酸をそこまで感じないのでオレンジの酸味と甘みのバランスが良いように感じます。
そこに黒ビールらしい芳ばしさを感じます。
いいね。
DSCF4433
オレンジに黒ビールを合わせたという味わいをしっかりと感じたいときには、このビールはパイントグラスで飲んだほうがおすすめだと思います。
チューリップ型のグラス…というか、薄いグラスのビールで飲むと炭酸を感じすぎて、その分甘みと酸味のバランスが、酸味に傾く気がします。
その分、パイントグラスはしっかりとオレンジの甘みをも感じるので、個人的な好みとしてはパイントグラスで飲むこのビールのほうがおいしいと思いました。

このビールはパイントグラスで飲んだほうがいいよ。
ほんと、それはおすすめしたいと思います。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サンクトガーレンのインペリアルチョコレートスタウト。 バレンタインデーにはこのビールですよ! ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4460
サンクトガーレン インペリアルチョコレートスタウト 2017.
なんとなくこのビールはバレンタインデーの日に公開したいと思っていつも飲んでいるビールです。
焙煎された焦げた感じの香りです。
芳ばしいのですが、どこか濃厚さを感じる香り。
パイントグラスではあまり感じないので、やっぱりこのビールも香りを感じたいときにはチューリップ型のグラスで飲むのがおすすめだと思います。

続いては味わい。
口に含むと、トロットした感じが少しある液体。
はじめは焦げた苦みを感じます。
でも、そのあとにじわじわくる苦みはホップの苦み。
アルコール度数は9%。
よく考えるとその度数を感じますが、意外にそこまで感じずに飲めてしまうのもまた危険です。
いいね。
DSCF4461
DSCF4462
少し冷蔵庫で寝かせておいてもおいしくなるビール。
またもう少し買い足そうかどうか悩みます。

以前、セブン&アイで残り10本くらいのところで買い占めたことがありまして…
かれこれ10年前くらいでしょうか?
もうそんなにも長いことこのビール



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote