カテゴリ:アメリカのビール > SCUTTLEBUTT BREWING

今日のビール。 SCUTTLEBUTT BREWING KEXP TRANSISTOR IPA。 読み方がよくわかりません。 香りは、少しジューシーさを感じる柑橘系の香りです。 適度に控えめな華やかさがいい。 口に含むと、味わいはとってもジューシー。 トロピカルというよりも柑橘系の皮の渋みのよう ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05982

SCUTTLEBUTT BREWING KEXP TRANSISTOR IPA。
読み方がよくわかりません。
香りは、少しジューシーさを感じる柑橘系の香りです。
適度に控えめな華やかさがいい。
口に含むと、味わいはとってもジューシー。
トロピカルというよりも柑橘系の皮の渋みのような苦み、ですが、ごくごく飲めるでドリンカビリティの高い味わい。
後味にかけて、はっきりと感じるホップの苦み。
これ、おいしい。

DSC05983

調べてみると、ラジオ局がこちらのブルワリーと共同で作ったビールのようですね。
オルタナ・グランジロックの発祥地とも言われているシアトルですが、それらの音楽を発信し続け一目置かれているFM局KEXPがScuttlebutt Brewingとコラボし、IPAの販売を開始。音楽共々なんだかツウな味わいです。

…とありました。
ホップの苦みには、しっかり草っぽさも感じられます。
まだまだ知らないビールがたくさんありますね。
そんなことを考えながら今日もビールを飲みます。

満足。







このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote