カテゴリ:イタリアのビール > OPPERBACCO

イタリアのオッペルバッコというところのビール。 イギリスのIPAとベルギーのセゾンを組み合わせたビールです。 ... 続きを読む
今日のビール。

DSCF2277
 
OPPERBACCO 6sonIPA。
香りは華やかでフルーティです。
ベルジャンゴールデンエールにあるような香り。 
口に含むと、不思議なスパイシーさを感じる味わい。
苦いんですが、それだけではない味わい。
蜂蜜というかシナモンというか…スパイシーさのほうが強く感じる味わいのビール。
好みは分かれそうだなぁ…

DSCF2278

醸造所のHPを確認すると、ベルギーのセゾンスタイルとイギリスのIPAのハイブリットというコンセプトで作られたビールのようですね。
スパイシーというか薬草っぽい味わいはかなり個性的だと思います。
こういうのをしっかりと楽しめるってすごいなと思うわけなんですけど、なかなか難しいよな…というのも考えるところでもあります。

面白いビールが飲めたので満足…ということにします。
いいね。



 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 Opperbacco TriplIPA。 IPAというのでもう少し淡い色合いかと思ったんですけど、けっこう濃い色合いです。 エーテルのような、焙煎された香りというか…IPAというネーミングから想像していた香りと違っているので違和感を強く感じます。 ドライな香りとい ... 続きを読む
今日のビール。

dscf1927

Opperbacco TriplIPA。
IPAというのでもう少し淡い色合いかと思ったんですけど、けっこう濃い色合いです。
エーテルのような、焙煎された香りというか…IPAというネーミングから想像していた香りと違っているので違和感を強く感じます。
ドライな香りというのかなと。
口に含むと、アルコール感を感じる味わい。
そのあとに広がる味わいは、とても複雑。
うまく言い表せないから使う「複雑」という言葉。
面白いなぁ…

dscf1928

個人的には、難しかったこちらのビール。
アルコール感というかエーテル臭が鼻についてしまって、そのあたりがなぁ…と思います。
でも、この「複雑」な味わいが理解できると、面白いビールになるんだろうな。

まだまだ修行が足りない…




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 OPPERBACCO Violent Shared。 華やかで、ふわりと柔らかいフルーティさを感じる香りのビールです。 グレープフルーツの皮のような渋み、シトラスの香りを感じます。 口に含むと、渋みのような強い苦みを感じます。 すっきりとホップの強い苦みを感じる味わ ... 続きを読む
今日のビール。

dscf1925

OPPERBACCO Violent Shared。
華やかで、ふわりと柔らかいフルーティさを感じる香りのビールです。
グレープフルーツの皮のような渋み、シトラスの香りを感じます。
口に含むと、渋みのような強い苦みを感じます。
すっきりとホップの強い苦みを感じる味わいのビール。
香りと味わいのギャップも面白いなと思います。
いいね。

dscf1926

初めて家でイタリアのビールを飲むかもしれません。
アルコール度数が4.0%。
IBUが110。
ぐいぐい行きたいけど、けっこう苦い。
いや、かなり苦い。
でも、えぐい感じがないのがおいしい。

これ、いいなぁ。

満足。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote