カテゴリ:アメリカのビール > LeftHand Brewing

今日のビール。 レフトハンド ブラックジャック ポーター。 炭火で焼いた芳ばしい香りがします。 コーヒーとかなによりもまず初めに炭火焼…って思いました。 口に含むと意外にすっきり。 こってりしていないさらりとした味わいです。 香ばしく甘みのある味わい。 アルコ ... 続きを読む
今日のビール。

Left Hand Brewing Black Jack Porter (2)

レフトハンド ブラックジャック ポーター。
炭火で焼いた芳ばしい香りがします。
コーヒーとかなによりもまず初めに炭火焼…って思いました。
口に含むと意外にすっきり。
こってりしていないさらりとした味わいです。
香ばしく甘みのある味わい。
アルコール度数は7%ですけど、それを思わせない飲み口はなかなか素敵です。
これからの寒い時期にアルコール度数の高いのばかり飲むのは気が引けますが、もう少し落ち着いた、でも、ホッピーなビールではない味わいを求めるのであればこれはなかなかいいのではないでしょうか?

Left Hand Brewing Black Jack Porter (1)

ふ~む。
ポーター…
いいねぇ…

なんでブラックジャックなんだろうねぇ…

満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 レフトハンド 400 パウンド モンキー。 スタイルはイングリッシュスタイルのIPAのようですね。 でも、香りは柑橘系の華やかな香りです。 口に含むと、柑橘系ですが、苦みはそこまで強くありません。 味わいとしてはとても落ち着いた味わい。 苦みも感じま ... 続きを読む
今日のビール。

Left Hand Brewing 400 Pound Monkey - English-Style India Pale Ale (2)

レフトハンド 400 パウンド モンキー。
スタイルはイングリッシュスタイルのIPAのようですね。
でも、香りは柑橘系の華やかな香りです。
口に含むと、柑橘系ですが、苦みはそこまで強くありません。
味わいとしてはとても落ち着いた味わい。
苦みも感じますけど、どこかゆったりとした味わいのビール。
柑橘系のきれいな味わいですし苦みもありますけど、どこか強さのない柔らかな味わいのビール。
これ、なかなか安心して飲めるなぁ…

Left Hand Brewing 400 Pound Monkey - English-Style India Pale Ale (1)

すがやさんのHPには何も紹介文が載っていませんでした。
やれやれ。

アメリカのビールはなんとなく強いなというイメージ。
それはIPAに限らずにすべていろいろな要素をより強調している気がするのです。
IPAなら苦み…とかね。
このビールはそういうビールの中にあってとても落ち着いた飲み口のような気がしています。
なので、あまりアメリカでは受けがよくないのかもしれないなぁ…
そんなことを考えました。

ちなみにこれがイングリッシュスタイルだとすると今はヨーロッパもそれなりに華やかなホップの香りのするビールもありになってきたということなのでしょうか?
そんなことを考えました。

個人的にはとってもおいしいと思うビールだけどね。


満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 レフトハンド ソートゥース エール ナイトロ。 香りはしっかり甘みを感じる香りです。 煮詰めた果実…とまではいきませんがしっかり濃いめの甘い香り。 口に含むと甘みは感じますけど、強い甘み…というわけではなく、どこかゆるい味わい。 甘みの中にもみ ... 続きを読む
今日のビール。

LeftHand Brewing Sawtooth Ale Nitro (2)

レフトハンド ソートゥース エール ナイトロ。
香りはしっかり甘みを感じる香りです。
煮詰めた果実…とまではいきませんがしっかり濃いめの甘い香り。
口に含むと甘みは感じますけど、強い甘み…というわけではなく、どこかゆるい味わい。
甘みの中にもみずみずしさというか少しゆったりとした味わいのビール。
想像していた味わいと違っていて、意外でした…

LeftHand Brewing Sawtooth Ale Nitro (1)

すがやさんのHPより解説。
Pale 2-row, Crystal, Munich Wheat and Black Malt
モルト:二条大麦、クリスタルモルト、ミュニッヒ、小麦、ブラックモルト
Magnum, US Goldings, Willamette and Cascade
ホップ:マグナム、USゴールディングス、ウィラメット、カスケード
Nitro Series : CO2-二酸化炭素ではなく、Nitorogen-窒素を使用する事で極力少なく細かい泡を造り上げ、飲み口が非常に滑らかになります。


うーむ。
解説っていうか説明っていうか…
なかなか面白い味わいです。
アメリカのビールの中ではなんとなく箸休め的な優しい味わいのビール。
これ、1本あるとちょっと休憩…って思ったときにうれしいかも。


満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote