カテゴリ:アメリカのビール > Green Flash Brewing

今日のビール。 Green Flash Brewing SOUL STYLE IPA。 紅茶のような香り。 華やかだけど、なんとなく落ち着いた香りです。 口に含むと、こちらもどこか落ち着いた味わい。 ホップの苦みを感じますが、強烈な…というわけではなく、でも、徐々に感じる苦みはしっかりある ... 続きを読む
今日のビール。

DSCF1773

Green Flash Brewing SOUL STYLE IPA。
紅茶のような香り。
華やかだけど、なんとなく落ち着いた香りです。
口に含むと、こちらもどこか落ち着いた味わい。
ホップの苦みを感じますが、強烈な…というわけではなく、でも、徐々に感じる苦みはしっかりある。
苦みを強くは感じますが、それは徐々にで、落ち着いた味わい。
面白いなぁ。

DSCF1774

もっと苦みのガツンとくるビールを想像していたので、肩透かしを食らったような感じ。
別にダメとかそういうわけではないんですけどね。
グリーンフラッシュなので、もっとガツンとくると思ってたんですよ。
でも、これはこれで上品にIPAということなのかもしれないなと。

満足。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

色々なビールを飲み比べてみるのは面白い… というわけで、Green FlashとAlpineのウェストコーストスタイルのダブルIPAを飲み比べてみました。 右がグリーンフラッシュのウェストコーストIPA、左がアルピナのピュア ホッピネスです。 色合いはグリーンフラッシュのほうが ... 続きを読む
色々なビールを飲み比べてみるのは面白い…
というわけで、Green FlashとAlpineのウェストコーストスタイルのダブルIPAを飲み比べてみました。

DSC05553

右がグリーンフラッシュのウェストコーストIPA、左がアルピナのピュア ホッピネスです。
色合いはグリーンフラッシュのほうが少し深い色合い、アルピナは淡いというわけではありませんが、比べると淡い…って感じでしょうか。
グリーンフラッシュのアルコール度数は8.1%、苦さを表す単位のIBUが95、アルピナのアルコール度数は8%、IBUは61。
これを見る限り、しっかり苦いのがグリーンフラッシュでしょうね。

さてさて。

DSC05554

DSC05555

まずは香りから。
香りはどちらも柑橘系。
ですがグリーンフラッシュのほうが香りに鋭さがありますね。
鋭さのあるジューシーな香り。
アルピナは単独での香りは華やかです。
ですが、香りを比べると華やかさに違いが出るなぁ。

続いては味わいです。
グリーンフラッシュは、オレンジやトロピカルなフルーツのようなジューシーな味わい。
そしてそのあとに感じるはっきりとしたオレンジの皮の渋みのような苦みがおいしい。
アルピナは、トロピカルでジューシーな味わいではありますが、IBUが示す通り、苦みがグリーンフラッシュに比べると優しい味わい。
そのためか、トロピカルな味わいをしっかりと味わえるビールです。

どちらもトロピカルでジューシーな味わい。
違いは苦みかなぁ。

そして、僕は苦みが好きなんです。
この鋭い渋みのような苦みが好きなんだなと改めて思いました。
トロピカルな味わいもとても好きなんだけど、さらにそこに合わせる渋みのような苦みが好きなんだな。
グリーンフラッシュのIBU:95は確かに苦いし、これよりもはっきりと苦みを感じるビールは多いんですが、そこにトロピカルでジューシーな味わいが重なると、より好きな味わいのビールになる。

グリーンフラッシュと比べなければアルピナだってとても好きなビールといいそうなんですけどね。
比べる相手が悪かった…w
そんな感想です。

いやはや。
ビールの飲み比べはやっぱり楽しい。

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 グリーンフラッシュ ウェストコースト IPA. 草っぽい香りの中にも柑橘系の華やかさを感じる香りです。 トロピカルまでは行かないまでもジューシーさを感じさせる香り。 口に含むとしっかり感じるホップの苦み。 その苦みはかなり強い。 アルコール度数8.1% ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05471

グリーンフラッシュ ウェストコースト IPA.
草っぽい香りの中にも柑橘系の華やかさを感じる香りです。
トロピカルまでは行かないまでもジューシーさを感じさせる香り。
口に含むとしっかり感じるホップの苦み。
その苦みはかなり強い。
アルコール度数8.1%の甘みがあるので、きりっとした苦味ではなく、どこかどんよりとした苦味。
このビールは嫌いじゃない。
いや、むしろとても好きなビールです…

DSC05472

解説を…
トロピカルフルーツやグレープフルーツ、スパイシーさ、松、シトラス感、フローラルでハーバルなアロマ、刺激的ともいえるホップの苦みと爽やかさが何層にも広がり調和している。
複数種類からなるホップの苦みの中にモルトの程よいビスケット香が感じられる。
とてもしっかりした苦味が襲い掛かってくるが、スムースでフルーティなフィニッシュ。
これを知らずしてIPAを語るなかれ!

このビールを初めて飲んだのは、「ビールが好きなんです」をアメブロではじめてすぐだったと思います。
かなり感動したんですよね…
ピルスナーウルケルとウェストコーストIPA。
この二つをまた、同じお店で飲みたいと思う今日この頃。
さて、どうなることやら…

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 グリーンフラッシュ グリーンバレット IIIPA。 香りは華やかな香り。 草っぽいホップの香りなんですけどこの香りは本当にきれいだ… 口に含むとどっしりと苦くて、でもその奥に深い甘みがあって、なかなかいい味わい。 この味わい、素敵だなぁ… HPより ... 続きを読む
今日のビール。

Green Flash Brewing Green Bullet IIIPA (2)

グリーンフラッシュ グリーンバレット IIIPA。
香りは華やかな香り。
草っぽいホップの香りなんですけどこの香りは本当にきれいだ…
口に含むとどっしりと苦くて、でもその奥に深い甘みがあって、なかなかいい味わい。
この味わい、素敵だなぁ…

Green Flash Brewing Green Bullet IIIPA (1)

HPより解説。
2011年グリーンフラッシュの9周年の記念に作られたニュージーランド産ホップの名前から命名されたトリプルIPA
パシフィックジェム、グリーンバレットというN.Z.産ホップを使用。
今まで何万人、いや何十、何百万人というホップヘッズを育ててきた同ブリュワリーが作り上げた究極のホップヘッドビール!
しかし、ただ苦いだげではなく、青々しくみずみずしいホップのアロマはグリーンアップルのような爽やかさと洋梨やピーチ、マンダリンオレンジのような芳醇な香りを併せ持っている。
モルトとホップのSweet & Bitterは完璧なバランスを作り上げていて、飲む程にグリーンフラッシュの世界に引き込まれあなたの心は次第に打ち抜かれるだろう…

苦いからいいってのではなく、この味わいがいいなぁと思います。
あくまで直感的だけど。


満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 グリーンフラッシュ ホワイトIPA。 香りはベルジャン酵母のドライでフルーティな香りです。 口に含むとシトラスのようなドライでフルーティな味わい。 後味にかけて渋みのような苦みを感じるこのビール。 かなり好きなビールだ… HPより解説。 もともと ... 続きを読む
今日のビール。

Green Flash Brewing Hop Odyssey White IPA (2)

グリーンフラッシュ ホワイトIPA。
香りはベルジャン酵母のドライでフルーティな香りです。
口に含むとシトラスのようなドライでフルーティな味わい。
後味にかけて渋みのような苦みを感じるこのビール。
かなり好きなビールだ…

Green Flash Brewing Hop Odyssey White IPA (1)

HPより解説。
もともとは2012年にFounders Breweryとのコラボレーションでリリースされた「Linchpin White IPA」が新たに「White IPA」として限定ODYSSEYシリーズとして復活。
モルティッドウィートと数あるホプの中から選ばれしシムコー、アマリロ、エルドラドという3種のホップを使用。
溢れんばかりのシトラスホップの香りがグラスの中から感じられ、はっきりとしたタンジェリンのアロマが前面に押し出されている。
ホップ由来のビターな柑橘類の風味がずっと感じられる後味。
満足感のある複雑なシトラスのキャクターは、暑い夏にぴったりの味わい。


志賀高原ビールのインディアンサマーセゾンの味わいをもっと強くした感じといったらいいでしょうか?
このビールは美味しい。
かなり好きなビールです。


満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 グリーンフラッシュ ウェストコーストIPA。 香りは草っぽいホップの香り。 草っぽいっていうのがどうもうまく表現できないんですけど、でもやっぱり草っぽいホップの香りだなぁ… 口に含むと、柑橘系というグレープフルーツの皮を一緒にかじったような渋み ... 続きを読む
今日のビール。

Green Flash Brewing West Coast IPA (2)

グリーンフラッシュ ウェストコーストIPA。
香りは草っぽいホップの香り。
草っぽいっていうのがどうもうまく表現できないんですけど、でもやっぱり草っぽいホップの香りだなぁ…
口に含むと、柑橘系というグレープフルーツの皮を一緒にかじったような渋みを伴う苦い味わい。
あそこまで顔をしかめたりはしないけど、渋苦いという表現の味わいです。
でも、それがおいしいと思ってしまったりするんだよねぇ…

Green Flash Brewing West Coast IPA (1)

HPより解説。
世界のビール通をうならせるIPA
パッケージデザインをリニューアル!!!
ただデザインを変更しただけでなく、なんと大胆にもレシピを変更。
ドライホッピングの量を増加してホップのフレイバーを強調、アルコール度数は8.1%へと大幅アップ。
ジューシーでグレープフルーツのような香りと柑橘系のアロマ。
刺激的ともいえるホップの苦みと爽やかさ。
ホップのアロマ、苦みが何層にも広がり調和している。
言わずと知れたIPAの頂点ともいうべき世界のビール通をうならせるIPA。
そして「IPA好き」を虜にさせる味わいは、必ずリピーターに。
これを知らずしてIPAを語るなかれ!!

レシピ、変更したんですね。
その味わいの変化はあまりわからないけども、おいしいということには変わりありません。
うむ。
そうなの。
おいしいんですよね。

それでいいじゃない。


でもね。
このビールを最後に飲んで寝ると、翌朝、絶対に口の中が苦くなるからね。

それだけは要注意ですよ…


満足。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote