カテゴリ:アメリカのビール > Coronado Brewing

今日のビール。 コロナドブリューイング アイランダーIPA。 柑橘系のきれいな香りです。 トロピカルというかみずみずしさを感じる香り。 口に含むと、マンゴーとか少し甘みを感じる味わい。 でもすぐに、グレープフルーツの皮のような渋みのような苦みが口の中に広がりま ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05878

コロナドブリューイング アイランダーIPA。
柑橘系のきれいな香りです。
トロピカルというかみずみずしさを感じる香り。
口に含むと、マンゴーとか少し甘みを感じる味わい。
でもすぐに、グレープフルーツの皮のような渋みのような苦みが口の中に広がります。
そして後味には紅茶のような味わいが余韻として残るビール。
おいしい。

DSC05879

きれいなホップをメインに感じることができるIPA。
モルティなIPAも嫌いじゃないけど、もし休日に朝からビールを飲む自堕落な生活を送りたいのであれば、その時、まずはこういうビールから始めるといいのではないかと思います。

かなりおすすめ。






style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 Coronado Brewing IDIOT IPA。 ジューシーでトロピカルな香りです。 この香りだけで、このビールがおいしいと断言できるw 口に含むと、マンゴーのようなトロピカルな味わいの後に、じわじわくるホップの苦み。 皮の渋みのような苦みではなく華やかなグレー ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05992

Coronado Brewing IDIOT IPA。
ジューシーでトロピカルな香りです。
この香りだけで、このビールがおいしいと断言できるw
口に含むと、マンゴーのようなトロピカルな味わいの後に、じわじわくるホップの苦み。
皮の渋みのような苦みではなく華やかなグレープフルーツのような苦みです。
少し温度を高めで、香りを解放させて飲むのがおすすめだと思いました。

DSC05993

この味わい、好みだなぁ。
華やかな味わいはやっぱり好みなのだと実感。
だからと言ってほかのスタイルが好みではないわけではありませんが、こういうビールを毎日飲みたい…とは思います。
ありがたいですね。

満足。






style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

色々なビールを飲み比べてみるのは面白い… というわけで、コロナドとノースコーストのAmerican Amber Aleを飲み比べてみました。 右がコロナドブリューイングのMERMAID'S RED、左がノースコーストブリューイングのRED SEAL ALEです。 見た目からして色合いが全く違います ... 続きを読む
色々なビールを飲み比べてみるのは面白い…
というわけで、コロナドとノースコーストのAmerican Amber Aleを飲み比べてみました。

DSC05550

右がコロナドブリューイングのMERMAID'S RED、左がノースコーストブリューイングのRED SEAL ALEです。
見た目からして色合いが全く違いますね。
見た目ではコロナドのほうが焙煎された香りが強そうなイメージです。
MERMAID'S REDのアルコール度数は5.7%、苦さを表す単位のIBUが46、RED SEAL ALEのアルコール度数は5.4%、IBUが42です。
値としてはそこまで変わりはなさそうですね。

DSC05551

DSC05552

まずは香りから。
コロナドのは焙煎された香りよりも華やかな柑橘系のホップの香りをまず感じる気がします。
ノースコーストは、落ち着いたモルトの香りを感じます。
華やかさではなくどっしりとした香り。

続いて味わい。
コロナドはホップの苦みを感じるのと合わせて、ここで焙煎された焦げた味わいを感じる。
後味にかけて感じる苦味は焦げた苦み、飲み込んで口の中に広がるのはホップの苦みといったところでしょうか?
ノースコーストは華やかさではないビターな苦み。
味わいはさっぱりなんだけど、じわじわとビターな苦みが強くなってくるのが面白い。
こんなにも味わいが違うなんて…

個人的な好みは、やはりコロナドのMERMAID'S REDでしょうか?
やっぱりホップを感じるさせる味わいが好みなんですよね。
ノースコーストのはとても落ち着いた味わいです。
コロナドを飲んだ後だからこそビターな苦みをより強く感じるけど、単独で飲んだら、ホップの苦みも感じられそうだなと思います。
ただ、それでも味わいの華やかさは控えめなので、そのあたりが好みになるかもしれないですね。
ホッピーなアンバーエール、モルティなアンバーエール。
アメリカンアンバーエールはホッピーなんだとばかり思っていましたが、実はそうでもないんだなという新しい発見。

やっぱり飲み比べてみると面白い…

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 コロナド ブリューイング マーメイド レッド。 ホップの草っぽい香りとほのかにカラメルのような甘い香りを感じます。 口に含むと、今度は焦げた苦みをまず初めに感じて、そのあとにホップの苦みを感じます。 甘みを感じるようで感じないのも面白いですね ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05453

コロナド ブリューイング マーメイド レッド。
ホップの草っぽい香りとほのかにカラメルのような甘い香りを感じます。
口に含むと、今度は焦げた苦みをまず初めに感じて、そのあとにホップの苦みを感じます。
甘みを感じるようで感じないのも面白いですね。
香ばしさの中にもしっかりホップを感じるビール。
いいねぇ。

DSC05454

味わいが強いので、味の強い料理と一緒に飲んでも負けないと思います。
実際、ピザと一緒に食べたんですけど、チーズの味をしっかりリセットできてよかったなと。
また、このビールの味わいもぼけずに楽しめました。

ちなみに解説としては…
カスケードホップをたっぷり投入したことにより、華やかなフローラルさとシャープな苦み、そしてシトラスのようなフルーツ感を味わうことができる。
と、同時にローストモルトの濃厚さは切れ目なくリッチなチョコレートのような味わいへとつながり、クローヴとキャラメルのフレイバーも漂う。
ホップのビターさとモルトの甘みのバランスが素晴らしく、かつ「バランスがよい」ことが「まろやかでおとなしい味わい」であるとは限らないことを教えてくれるフレーバー豊かな仕上がり。
いつでも飲みたくなるようなブリュワリーでも人気のビールです。

ホッピーかつモルティ。
おいしいビールですよ。

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 コロナド 18th アニバーサリーエール。 ジューシーな柑橘系の香りです。 この香り、かなり好きだ。 口に含むとグレープフルーツの皮の渋みのような苦みを感じる味わい。 はじめっからしっかり苦いのとかなりジューシー。 これは美味しい… HPより解説。 ... 続きを読む
今日のビール。

DSC09438

コロナド 18th アニバーサリーエール。
ジューシーな柑橘系の香りです。
この香り、かなり好きだ。
口に含むとグレープフルーツの皮の渋みのような苦みを感じる味わい。
はじめっからしっかり苦いのとかなりジューシー。
これは美味しい…

DSC09439

HPより解説。
コロナド18周年アニバーサリーエール
多くの人にとって18歳を迎えるということは一つの節目であるのと同じく、ビールのオリンピックことワールドビアカップ2014でブリュワリーチャンピオンに輝いたコロナドにとっても18周年を迎えるということは一つの節目であった。
後年ブリュワリーの歴史を振り返った時に間違いなく飛躍の年となるであろう今年のアニバーサリーエールはホップにCitra、Mosaic、Nugget、Simcoeを使ったことにより、シトラスでトロピカル、そして樹脂のような風味が感じられる王道の西海岸スタイル・インペリアルIPA。
軽めのパンのようなモルトキャラクターに下支えされたマイルドな苦味、ミディアムボディーで程よい炭酸、スパイシーでトロピカルなフレーバーが柔らかいパンのような風味とバランスのとれたフィニッシュ。
非常に満足感の高いホッピーなインペリアルIPA。

解説の通り、かなり満足感の高いビールだと思います。
限定なのがとても悔しい。
でも、だからこそ美味しく飲めるんだろうなぁ…


満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 コロナド ソックノッカーIPA。 柑橘系の香りとアルコール度数からくるのかもしれない甘い香りがします。 口に含むと草っぽいホップの苦みとほんのり甘い味わい。 でも、どちらかというと苦みのほうが強いです。 そして後味にかけてじわじわと苦みは強くな ... 続きを読む
今日のビール。

Coronado Brewing Sock Knocker Imperial IPA1

コロナド ソックノッカーIPA。
柑橘系の香りとアルコール度数からくるのかもしれない甘い香りがします。
口に含むと草っぽいホップの苦みとほんのり甘い味わい。
でも、どちらかというと苦みのほうが強いです。
そして後味にかけてじわじわと苦みは強くなっていく気がします。
飲み進めていると甘みはあまり気にならなくなって、苦みを強く感じるようになるビール。
このビールもおいしい…

Coronado Brewing Sock Knocker Imperial IPA

HPより解説。
名前の由来は人をひどく驚かせる、喜ばせるという意味の英慣用句”Knock one’s socks off(靴下を脱がせる)”から。
ここでは「度肝を抜くほどおいし」とう意味合い。
ゴールデンオレジ色のこのビールはホッピーで、フィニシュまでずっとシトラスのフレイバーが続く。
アマリロ、センテニル、コロンバスとシムコーの4種のホップが一体となり、様々な花や植物の香りを感じさせ、シトラスとパインのフレイバーが一気に口の中で弾ける。
(悪)名高きIdiot IPAよりも更に、いやらしほど大量のホップを使用したこのIPAこそが、IPAの皇帝(Imperial)の王冠を被るにふさわしいだろう。


インペリアルIPAですけど、IPAのように苦みがかなり強調されている気がします。
あ、僕の中でインペリアルIPAは苦みもですけど、甘みも強いというイメージ。
このビールはどちらかというと甘みは控えめだと思います。


満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote