カテゴリ:神奈川県のビール > BRIMMER BREWING

色々なビールを飲み比べてみるのは面白い… というわけで、九十九里オーシャンビールとブリマーブルーイングのペールエールを飲み比べてみました。 右がブリマーブルーイング、左が九十九里オーシャンビールのペールエールです。 見た目はブリマーブルーイングのペールエ ... 続きを読む
色々なビールを飲み比べてみるのは面白い…
というわけで、九十九里オーシャンビールとブリマーブルーイングのペールエールを飲み比べてみました。

DSC05977

右がブリマーブルーイング、左が九十九里オーシャンビールのペールエールです。
見た目はブリマーブルーイングのペールエールのほうが色合いは淡いと思います。

DSC05978

DSC05979

香りはブリマーブルーイングのほうが、ホップの香りを感じる気がします。
九十九里オーシャンビールはそこまで感じませんが、どちらも基本的にはモルティな甘みを感じる香りだと思います。
香ばしい香りの中にブリマーブルーイングはホップの香りを感じる気がする。

味わいは、九十九里オーシャンビールは焙煎された甘みを強く感じる味わい。
それに対してブリマーブルーイングは滲みるような苦みを感じます。
味わいとして、ブリマーブルーイングにも九十九里オーシャンビールにも華やかさはそこまで感じない気がします。
ボディが軽いのは九十九里オーシャンビールかな。
スーッと飲める感じ。
ブリマーブルーイングは、滲みるようなホップの苦みがボディとしても重厚感を感じさせるので、飲みごたえがある気がします。

ブリマーブルーイングはアメリカンペールエール、九十九里オーシャンビールはイングリッシュペールエール。
同じペールエールでも、華やかさが違います。

当然ながら個人的な好みはブリマーブルーイングのペールエールなんですけど、華やかなホップの苦みでもないので、この二つの好みは分かれるような気がします。
自分の中でも、飲みたいタイミングが違うと思うので、そういうのも楽しいなと。

飲み比べは面白い。

満足。






style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">

今日のビール。 ブリマーブリューイング ペールエール。 香りは滲みるようなホップの香り。 柑橘系が強いわけではなく少し焙煎されたモルトの香りも感じる気がします。 口に含むと、華やかさは控えめで、むしろ落ち着いた味わい。 少しモルティでもあり、後味にじわじわと ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05856

ブリマーブリューイング ペールエール。
香りは滲みるようなホップの香り。
柑橘系が強いわけではなく少し焙煎されたモルトの香りも感じる気がします。
口に含むと、華やかさは控えめで、むしろ落ち着いた味わい。
少しモルティでもあり、後味にじわじわと広がる苦みがいい具合です。

DSC05857

ブリマーブリューイングのペールエールは、もともとイングリッシュペールエールだったと記憶しています。
それが最近はアメリカンペールエールといわれていまして、でも、やっぱり今回のはイングリッシュペールエールでもいいかなと思っていたりします。
アメリカンだとホッピーさが前面に出るのに対して、イングリッシュペールエールはモルティさ。
そういう意味での使い方なんですけどね。

おいしいビールだし、面白いなと思います。

満足。






style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ブリマーブリューイング ポーター。 ほんのり甘みを感じる香ばしい香りです。 口に含むと、想像よりもすっきりとした印象。 でも、甘みをはっきりと感じるのと、その甘みが強いせいか、焙煎された苦み・ホップの苦みはあまり強くは感じません。 甘みの後に ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05854

ブリマーブリューイング ポーター。
ほんのり甘みを感じる香ばしい香りです。
口に含むと、想像よりもすっきりとした印象。
でも、甘みをはっきりと感じるのと、その甘みが強いせいか、焙煎された苦み・ホップの苦みはあまり強くは感じません。
甘みの後に焦げた苦みを少し感じるかな。
ポーターなので、もう少しこってりとしているかなと思ったけど、飲みやすい味わいのビールです。

DSC05855

飲みやすいって言っても、香ばしさはしっかりあるし、苦みっていうか焦げてる感はあるので、好きな人は好きってことかもしれません。
そして少し温度が上がってくると、冷えているときよりも、香りや味わいが感じやすくなります。
このビールも少しぬるいくらいが飲みごろだと思います。

おすすめ。






style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 ブリマーブリューイング ゴールデンエール。 香りからはほのかな甘みを感じます。 これ、酵母の甘い香りのような気がします。 そしてホップの香りも。 口に含むと、甘みとホップの少しじっとりとした苦み。 この苦みはじわじわと広がります。 そしてこの後 ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05852

ブリマーブリューイング ゴールデンエール。
香りからはほのかな甘みを感じます。
これ、酵母の甘い香りのような気がします。
そしてホップの香りも。
口に含むと、甘みとホップの少しじっとりとした苦み。
この苦みはじわじわと広がります。
そしてこの後味。
うーん。

DSC05853

このビールを飲んでいて思ったのですが、なんとなくサンクトガーレンのゴールデンエールのような香りであり、味わいだと思いました。
そしてその流れは僕ビール、君ビールの新しいやつにもつながる味わいであるなと感じています。

これがホップによるものなのかどうか、確認したいなと思いますが、個人的にはあまり得意ではないんですよね。
きっと使う原料の味わいなのだと思います。
それが何か、しっかりと理解できるようになりたいと思う今日この頃。

でも、そういうことを知ることができたということが大切だと思います。

満足。







style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote