カテゴリ:イギリスのビール > BASS & Co.

今日のビール。 バス ペールエール。 甘いモルトの香りです。 そう、甘いんです。 口に含むと焙煎したモルトのほのかな甘みと苦み、そしてホップの苦みがおいしい。 ホップの苦みは強くなく、華やかな香りもないんです。 だからこそ、飲み飽きるということがない気がする ... 続きを読む

今日のビール。

DSC08294

バス ペールエール。
甘いモルトの香りです。
そう、甘いんです。
口に含むと焙煎したモルトのほのかな甘みと苦み、そしてホップの苦みがおいしい。
ホップの苦みは強くなく、華やかな香りもないんです。
だからこそ、飲み飽きるということがない気がする。
少し温度が上がってもあまり問題なく飲むことができると思うビール。
少し見方の変わったビールです。

DSC08295

HPより解説。
英国王室御用達、バス ペールエール
イギリスでビールといえば、
上面発酵の「エール」。
英国の伝統製法で醸造される
バス ペールエールは、
芳醇な風味に飲みやすさをそなえた、
イギリスを代表するエールの名品です。

すっきりかどうかといわれたら味わいに余韻は結構ある方だと思うし、違うんじゃないかなぁと思うんですけど、以前に比べてこのビールの良さがわかってきたというか、見直すところの多いビールです。
なんとなくビール飲み始めるとホップの華やかな香りとかベルギーの甘みの強い味わいとかそういう方がインパクトが強いからいいねってなると思うんですけど、一巡するとバスペールエールの良さを感じられる気がする。

このビールの樽生が本当においしいお店もあったりします。
お店の味はうちでは出せないけど、でもやっぱりいいなぁと思うビールです。


満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote