ベアードビールの限定、ダークスカイ インペリアルスタウト。 このビールは厚みのないチューリップ型のグラスで飲むのがおすすめだと思います。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4784
ベアードビール ダークスカイ インペリアルスタウト。
アルコール度数10%の濃いビールです。
パイントグラスだとあまり感じない、焙煎された芳ばしい甘みをチューリップ型のグラスではとても強く感じます。
パイントグラスだと焙煎さてた芳ばしい香り、チューリップ型グラスだと鋭い甘い香りを感じます。

口に含むと、パイントグラスでは、飲み口すっきりとしてそうで濃厚な味わい。
サラッとしてそうな液体なのに、濃さも感じる味わいでした。
これがチューリップ型のグラスだと、飲み口からトロッとした液体を感じて、はじめから濃厚な味わいだと思いました。 

おもしろい。
DSCF4785
味わいの違い…特に初めの印象は、グラスの薄さが影響したのかもしれないなと思っています。
 パイントグラスはグラスが厚いからな…
これ、薄張りグラスであれば、筒状のグラスでも同じように濃厚に感じた気がします。

というか、このビールはそんな濃厚さをしっかりと感じたほうがいい気がします。
なので、個人的にはこのビールは厚みのないチューリップ型のグラスで飲むのがおすすめだと思いました。

満足。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

PIZZA PORTのGraveyard's Pale Ale。 このジューシーさとグレープフルーツのような爽快感のある香り。 パイントグラスで飲むのがおすすめだと思います。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4740
PIZZA PORT BREWING Graveyard's Pale Ale。
香りは、清涼感のあるグレープフルーツのような香り。
グレープフルーツの香りから、渋みような部分を取り去った感じ。
だから、清涼感を感じるのかもしれない。
これはチューリップ型グラスで香りをかいだ時の感想。
パイントグラスで香りをかいでみると、同じような感想だけど、どこか清涼感というよりもジューシーさを感じる気がします。
これ、同じような香りだけど、ちょっとニュアンスが変わる気がします。

口に含むと、ジューシーで柑橘系の皮の渋みのような苦みを感じる味わいです。
適度にジューシー。
濃さをそこまで感じさせないので、きつくないというかなんというか…
パイントグラスで飲んでも同じような味わいですが、このビールに関してはパイントグラスで飲んだほうがいいんじゃないかと思います。
チューリップ型グラスだと、ジューシーさというか濃さがきつくなりすぎる気がします。

誰かが言っていた、エフェクトが効きすぎている味わいになりそう…
いや、それがいいという人もいると思うんです。
僕はそこまでは効かせなくてもいいかな…というタイプ。
そういうことを考えながら飲むビールはやはりおいしい。
DSCF4741
PIZZA PORTのビールはやはりおいしい。
このブルワリーのビールは見つけたらとりあえず買っておきたいと思います。
いや、本当に。
おすすめです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

渋谷にミッケラー東京が復活しました! 場所は道玄坂! いかがわしい場所にありますが、スタイリッシュにおいしいビール、飲めます! ... 続きを読む
昨年2月、突然閉店したMikkeller Tokyo。
その後は、いろいろなところで期間限定で出店されていましたが、このたび、渋谷の別の場所でお店をオープンさせたということで行ってきました。
DSCF1127
場所は、道玄坂。
途中の渋谷百軒店を入った奥、18歳未満お断りの看板が多く出ているエリアにお店はあります。
千代田稲荷神社の正面ですね。
DSCF1132
樽生ビールはミッケラーのビールを中心に20種類。

ビールのサイズは、基本的には2サイズ。
値段は、小さいほうが550~750円、大きいほうが950~1400円です。
アルコール度数が高いビールはワンサイズでの提供となっています。

お会計はキャッシュオンスタイルです。
DSCF1129
DSCF1139
この日は、とりあえず様子見…ということで、Toriaezu Pilsを小さいほう、そして名古屋のビアバーと湘南ビールのコラボビールであるTriple IPA~Blessing in Disguise~を大きいほうでいただきました。

Toriaezu Pilsのドリンカブルな味わい、そしてTriple IPAなのに意外にするするいけちゃうBlessing in Disguise。
いや、これはいいビールが飲めましたよ。
DSCF1128
フードメニューは、カウンターに置かれたナッツ程度です。
まぁ、ここにはビールを飲みに来る感じだと思いますし、それはそれでいいのかなという気がします。
Goodsとして、ミッケラーグラスのLサイズがありました。
ビール以外にも使えそうなグラスなので、次に行ったときに購入しようと思います。
DSCF1148
DSCF1146
1階は立ち飲みスペースになっていて、2階にテーブル席があります。
(ちなみにトイレは2階にあります(笑))

場所はすごいところにありますが、スタイリッシュな店内です。
近くに面白いお店も多くあるので、その前後にふらりと立ち寄ってビールを飲むのがおすすめなコースかなと思います。

まぁ、僕はここにビールを飲むことを目的だけに来ることが多くありそうですが…

うれしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

道後ビールのスタウト。 さっぱりな味わいです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0162
道後ビール スタウト。
コーヒーのような焙煎された芳ばしい香り。
口に含むと、香りからすれば意外にすっきりな飲み口と、焦げた苦みを感じる味わい。
意外に飲みやすい味わいのビールです。
DSCF0163
DSCF0164
このビールをいつ飲むのか…
〆としては少しさらりとしすぎているので、中盤くらいがおすすめかもしれないですね。
一度このビールで間を取って、〆にアルコール度数の高めのビールにつなげる…
そんな流れがいいかもしれないですね。

満足。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Franziskaner Weissbier。 バナナのような香りで、柔らかな甘みのある味わい。 やっぱりおいしい。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4786
フランツィスカーナー・ヘーフェ・ヴァイスビア。
グラスの底に溜まった酵母を入れるために、ボトルを揺らしてからグラスに注ぎます。
オレンジがかった濁りのあるビールです。
香りは柔らかい甘みを感じます。
よくバナナのようなといわれる香り。
あまり酸味は感じません。
口に含むと、酵母の柔らかな甘みを感じる味わい。
酸味はそこまで感じませんが、炭酸からくる酸を感じる気がします。
まったりとした味わいで、飲みやすい。
なので、すいすいと飲めてしまいますが、あえてゆっくりと飲みたいビールです。 
DSCF4787
あまりドイツのビールを飲んでいませんでしたが、伝統のあるビールはやはりおいしい。
ドイツビールって500mLから…という気がしていましたが、このビールのように最近は330mLでの販売もしているんですね。
500mLはちょっと多いけど、330mLだと飲みやすい。
他のドイツビールも最近は、このサイズで売られていることがあるような気がするので、探してみたいと思います。

満足。

と、言いつつもおすすめするのは500mLだったりしますが…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote