ブルックリンダイナーのジャークチキンバーガー、食べやすくていいね。 ココットカレーがセットになるともっと嬉しい。 ... 続きを読む
久しぶりに駒沢にあるブルックリンダイナーに行ってきました。
DSCF1821
DSCF1822
ここ最近は、ディナータイムに来ることが多かったのですが、この日はランチタイムに。
DSCF1823
いつものようにジャークチキンプレートをお願いしようかと思っていたのですが、ジャークチキンのハンバーガーがメニューにあったので、そちらをいただくことにしました。
DSCF1824
もちろん、ランチタイムですがビールもしっかり。
クラフトビールはボトルが中心でしたが、キリンのタップマルシェを導入して、ブルックリンラガーやスプリングバレーブルワリーのビールをいただくことができるようになっていました。
DSCF1827
ですが、やっぱりブルックリンダイナーに来たらハートランドを。
きめの細かいクリーミーな泡を作って出してくれるんですが、変な苦みのない泡、すっきりクリーンなビールなんですよ!
ブルックリンダイナーのハートランドは、本当においしいと思います。

クラフトビールもいいですが、このハートランドは飲んでおかねば…
420mLで580円というのも良心的なお値段。
飲むべし。
DSCF1829
そしてジャークチキンバーガー。
サクサクなポテトフライと簡単なサラダ、そしてスープがセットでついてきます。

モチモチとした食感のバンズで、ジャークチキン、厚切りのトマト、そしてフレッシュレタスを挟んでいます。
ボリュームがありますが、サクッと食べれてしまうのは、ビーフパティではなくジャークチキンを使っているからでしょうか?
ランチタイムに食べるのにはちょうどいいですね。
DSCF1825
DSCF1826
ランチタイムにジャークチキンバーガー、とってもおすすめです。
本当はジャークチキンプレートのようにココットカレーがセットになるメニューもあればいいなと思ってるんですけど、ダメですかね?
ブルックリンダイナーに来たら、ジャークチキンもそうですが、カレーも食べたいんですよ。

まぁ、またカレーは夜にでも食べに行こうと思います。
おすすめ。




関連ランキング:ダイニングバー | 駒沢大学駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

六甲ビールのIPA。 落ち着いた味わいのビールです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4528
六甲ビール 六甲IPA。
落ち着いたホップの香りと、少し焦げたようなモルティな香りのビールです。
でも、パイントグラスだとあまりそのあたり感じないんですよね。

口に含むと、落ち着いた苦みのビールです。
焦げたモルトの苦みよりも甘味を感じるので、全体的な苦みは控えめに感じるような気がします。
ホップの苦みというよりも焦げたモルトの甘みと苦みが特徴的なビール。
2,3杯目にちょうどよさそうです。
DSCF4530
DSCF4529
パイントグラスだと、あまり香りを感じないかもしれないですね。
そう考えると、このビールはチューリップ型のグラスで飲むのがおすすめな気がします。
IPAでも華やかな香りが特徴としてあるのはパイントグラス、このビールのような落ち着いた香りが特徴なのはチューリップ型のグラス。
そんな感じの使い分けがいいのかもしれないと思いました。

満足。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アサヒのエクストラハードと瞬冷辛口の飲み比べができました。 おもしろかった。 ... 続きを読む
色々なビールを飲み比べてみるのは面白い…
アサヒスーパードライの30周年を記念して二つのビールが限定醸造されています。一つはEXTRA HARD(超刺激)で、もう一つは瞬冷辛口。
時期をずらしての発売でしたが、ちょうどどちらも手に入れることができたので、飲み比べてみることにしました。
DSCF1789
左がエクストラハード、右が瞬冷辛口です。
製造年月日は、エクストラハードが2017年4月中旬、瞬冷辛口が2017年5月中旬です。
1か月程度の違いなので、まぁ、いいかな…と。

ちなみに、色合いはほとんど変わらないですね。
原材料は変わりませんが、アルコール度数に違いがあります。
エクストラハードは5.5%、瞬冷辛口は5%。
この辺りは少し違いとして出てくるのかもしれないですね。
DSCF1791
それでは、まずは香りから。
ふわっと感じる香りは、エクストラハードのほうでより感じる気がします。
前回、スーパードライと瞬冷辛口の飲み比べで感じた、オフフレーバーの香りは感じません。
この香りの強さはアルコール度数も関係するのかもしれないですね…
DSCF1790
続いては味わい。
味わいというか、飲み口のところで違いがまず判ります。
エクストラハードは、その名前の通り、炭酸が強いですね。
併せて、アルコール感と後味にかけて感じる辛さ。
この辛さ、なんでしょう?
瞬冷辛口も、炭酸は強めだと思いますが、比べると控えめ。
そして、こちらのビールには清涼感を感じます。
エクストラハードは、炭酸が強くすっきりはしているのですが、後味にかけて感じる辛さはアルコール度数からくるものなのかもしれませんね。

このふたつ、どちらが好みかといわれたら、清涼感のある瞬冷辛口かなと思います。
スーパードライ<エクストラハード<瞬冷辛口の順かなと思うのですが、このあたりどうでしょう?
製造年月日からのずれは少しありますが、許容範囲かなと思ってはいるのですが、そのあたりも影響も、もしかしたらあるのかもしれません。
そういう意味では、この飲み比べ、後出しじゃんけんのような形になっているのかもしれませんが…

まぁ、でもやることに意味があるということで…

満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

BREWDOG BREWRY CANDY KAISER。 焦げた苦みは強いのに、甘みがないのがうれしい。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4621
ブリュードッグ キャンディ カイザー。
ほんのりと焙煎されたモルトの香りです。
ブリュードッグのビールなので、もっと強い香り化と思ったのですが、意外におとなしい…
口に含むと、焙煎されて焦げたような苦みがきりりと感じられる味わいです。
焦げた苦みのあと、甘みを感じる味わいになることが多いのですが、このビールは焦げた苦みを強く感じます。
焦げた苦みの後、徐々に感じるのもまた苦み。
後半の苦みはホップの苦みなのかもしれません。
全体的に苦いビール。
でも、ホップではない苦みがとても素敵なビール。
いいね!
DSCF4622
華やかさではない苦みがおいしいビールです。
麦茶のように飲める気がします。
魚料理にも合うかも…
試してみたい…
DSCF4623
ということで、アジの南蛮漬けと一緒に飲んでみました。
うん。
南蛮漬けを食べた後に飲んでも、生臭さを全く感じません。
魚料理と合わせても、生臭さを感じない初めてのビールです!
おすすめ!
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

駒沢にある呑み食い処 新や。 プレモルが2時間飲み放題で1280円! ... 続きを読む
駒沢大学駅の近くにとってもリーズナブルにワイワイ騒げるお店があります。
DSCF1839
お店の名前は呑み食い処 新や。
246から一つ中に入ったところにあります。
タイカレーの名店、ピキヌーの前といったほうが分かりやすいかもしれません。
DSCF1831
2時間飲み放題が1280円なのでこれは必ず頼みます。
プレミアムモルツが飲み放題ってのはかなりうれしい。
まぁ、5,6杯は飲んでしまうので、しっかり元をとれてしまって申し訳なさすら感じられる値段設定。
ありがたい…
DSCF1832
DSCF1833
DSCF1834
DSCF1835
DSCF1837
とりあえず飲み放題でアルコールをたくさん飲んでもらいながら、料理をいっぱい頼んでもらってそちらで料金を回収しようということなのかもしれませんが、料理も300~700円くらいととってもリーズナブルでおまけにしっかりボリュームもあります。

すごくおいしい…というわけではないのですが、値段とボリューム、そしておいしさのバランスはいいなと思います。
DSCF1836
いつも2時間の飲み放題をつけて、いろいろなものを頼んで…という使い方をしていますが、しっかり飲んで食べたとしても、お会計は1人当たり2000円程度で済んでしまうというのはかなりうれしい。

学生さん、そして懐事情の苦しいお父さん方にとって、とてもうれしいお店です。
今年もたぶん、これから駒沢に来る用時の後は必ずこちらに来ることになるのだと思います。
まぁ、それでもいいじゃないかってことで。
いろいろな意味でおすすめです。


関連ランキング:居酒屋 | 駒沢大学駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote