カテゴリ:場所 > 飯田橋・神楽坂

飯田橋は神楽坂にあるパブ、ロイヤルスコッツマン。 ここではパイントでオーダーするのがおすすめです。 ... 続きを読む
神楽坂にあるクラフトビールが飲めるお店に行ってきました。
DSCF2717
お店の名前は、Public House The Royal Scotsman。
場所は、飯田橋駅を出て、神楽坂を上り、4つ目の道を左に入るとあります。
比較的、分かりやすいと思います。
DSCF2702
樽生ビールは6種類。
基本のビールが3種類にゲストビールが3種類といったところでしょうか?
この日は京都ブルーイングの一意専心が繋がっていました。
これはうれしい!
DSCF2701
DSCF2713
DSCF2708
グラスのサイズは、ハーフ(284mL)、ミドル(330mL)、パイント(568mL)の3種類。
クラフトビールだと、値段はハーフが800円から900円、ミドルが1000円から1100円、パイントが1400円から1500円。
料理を含め、お会計はキャッシュオンスタイル。
カウンターの横で注文します。

この日は、ブリュードッグのパンクIPAをパイントで、バラストポイントのグレープフルーツ スカルピンIPAをハーフで、そして京都ブルーイングの一意専心をミドルでいただきました。

実際にサイズを飲み比べてみても、たくさん飲みたいのであればハーフ、でも、こちらのお店で飲むのであればパイントがおすすめだと思います。
DSCF2706
火曜日から金曜日は、17時から19時の間は、飲み物が基本100円オフのハッピーアワーもやっています。
近くに来たときには、この情報も押さえておきたいところです。
DSCF2704
料理はメニュー以外に、本日のおすすめが店内に掲示されています。
カウンターの目の前に張られたこちらのおすすめ、気になるので頼んでみました。
DSCF2710
ハバネロ ソーセージ&チップス。
ハバネロとつくだけあって、予想以上にあとからじわじわと口の中が辛くなります。
これ、かなりのインパクト。
ビールを飲むのであれば、ソーセージとポテトは一緒につまみたいところ。
これ、いいね!
DSCF2709
カウンター正面にはウィスキーが多く飾られています。
ビアバーというよりパブなのだと思いますが、もう少し余裕があったら、ビールだけでなく、モルトウィスキーもお願いしてみたかった…
DSCF2716
パブのイメージにぴったりな店内。
大型テレビなどもあるので、スポーツを見ながらビールを飲んだりもできて、そういうのもまたパブらしい…
飯田橋駅からだと神楽坂を上らないといけませんが、 ここは登っても行きたいと思うお店。
 
おすすめです。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote