カテゴリ: 静岡県のビール

ベアードビールの限定、ダークスカイ インペリアルスタウト。 このビールは厚みのないチューリップ型のグラスで飲むのがおすすめだと思います。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4784
ベアードビール ダークスカイ インペリアルスタウト。
アルコール度数10%の濃いビールです。
パイントグラスだとあまり感じない、焙煎された芳ばしい甘みをチューリップ型のグラスではとても強く感じます。
パイントグラスだと焙煎さてた芳ばしい香り、チューリップ型グラスだと鋭い甘い香りを感じます。

口に含むと、パイントグラスでは、飲み口すっきりとしてそうで濃厚な味わい。
サラッとしてそうな液体なのに、濃さも感じる味わいでした。
これがチューリップ型のグラスだと、飲み口からトロッとした液体を感じて、はじめから濃厚な味わいだと思いました。 

おもしろい。
DSCF4785
味わいの違い…特に初めの印象は、グラスの薄さが影響したのかもしれないなと思っています。
 パイントグラスはグラスが厚いからな…
これ、薄張りグラスであれば、筒状のグラスでも同じように濃厚に感じた気がします。

というか、このビールはそんな濃厚さをしっかりと感じたほうがいい気がします。
なので、個人的にはこのビールは厚みのないチューリップ型のグラスで飲むのがおすすめだと思いました。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ベアードビール 大工さんのみかんエール。 これ、おすすめです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4616
ベアードビール 大工さんのみかんエール。
柑橘系の皮の渋みのような香りと、甘酸っぱさを感じる香りです。
マーマレードのような…って感じでしょうか?
口に含むと、甘そうで甘くなく、渋みを感じる味わい。
苦みというよりも渋み。
少しジューシーな味もあるかもしれないですね。
チューリップ型のグラスにはうまく注ぐことができたのですが、パイントグラスには酵母が入ってしまいました。
こちらを飲んでみると、チューリップ型のグラスよりも柔らかい味わいに感じました。
グラスの影響か、それとも酵母の影響か…
ちょっと感想が変わる気がします。
そういうのも面白い。
DSCF4615
できれば毎年このビールが発売したら注文したいと思っています。
そして樽生ビールでも飲んでみたい。
きっと味わいが軽いんだろうなと思います。
そういうのもまた楽しい。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ベアードビールのジュビレーションエール。 喜びと祝福。 毎年、今日という日に飲みたいと思います。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4738
ベアードビール ジュビレーションエール。
不思議な香りのビールです。
チューリップ型のグラスでは焙煎された芳ばしい香りを感じるかと思いきや、パイントグラスで香りをかぐとニッキのスパイシーな香りを感じます。
ニッキのスパイシーな香りをパイントグラスで感じるとは…
この辺り面白い。
口に含むと、焙煎された甘みやアルコール感、スパイシーな味わいがとても複雑でおいしい。
パイントグラスで飲むと、芳ばしい苦みをより強く感じる気がします。
でも、基本的な味わいは同じ流れかなぁ。
これ、いいね。
DSCF4739
HPより解説。
ベアードビールのホリディシーズンの定番 このリッチでモルティで祝いの席に映える朱色のエールは、地元産の2つの原材料を加え、より特別なフレーバーを醸し出している
(1)摘み立ての完熟いちじく
(2)ニッキ(シナモン)の小枝
フルボディでアルコール度数も高めなので、心も体もあたたかい幸せな気分になるだろう。

アルコール度数は8%もあるんですね。
そこまでの高さを感じさせない味わいだと思います。
完熟いちじくの味わいをうまく自分では感じられていないのが悔しい。。。

そして、こちらのビールの名称、Jubilationは「喜び」という意味。
「喜び」と「祝福」。
まさに今日という日に飲むビールとしてはぴったりなビールです。
毎年、この日にはこのビールを飲みたいなぁ…

満足。
そして、感謝。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ベアードビールの2017年、初醸造のインディアペールラガー。 これ、おいしい。 好みです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4376
ベアードビール 初醸造 2017 インディアペールラガー。
ベアードビールの毎年恒例の限定ビールです。
ベアードビールらしい、華やかで清涼感のあるホップの香りです。
チューリップ型のグラスだとかなり香りを強く感じます。
アルコール感も少し感じるくらいに香りは強め。
逆にパイントグラスでは、香りは控えめ。
この違い、面白いですね。

続いては味わい。
ホップの効いたキレのある苦み…というと少しうまい表現ではないと思いますが、ベアードビールらしい味わいだという感想。
どちらも炭酸をあまり消さないようにしてグラスに注いでいるので、口に含んだ時の刺激はけっこうしっかりです。
比べてみると、チューリップ型のグラスのほうが、より炭酸を強く感じます。
そして、あとに感じる辛いような苦みもはっきりと強く感じられると思います。
パイントグラスで飲むと、炭酸が控えめな影響もあると思いますが、苦みもまた、チューリップ型グラスと比べると、柔らかい気がします。

これらの違い、面白い。
DSCF4377
久しぶりに自宅で飲んだベアードビール。
そしてグラスを変えての飲み比べ。
これ、やっぱり面白い。

個人的には香りはチューリップグラスで、味わいはパイントグラスで…と思っていたのですが、今回の飲み比べだと味わいもチューリップ型グラスで飲んだほうが好みでした。

そういうことを考えながら飲むのが楽しかったりする今日この頃。
家でのビールがより充実ですよ。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 日本ビール醸造 サムライサーファービール ブラック。 焙煎された少し香ばしさを感じさせる香りを感じます。 口に含むとコーヒーのような焦げた味わい、そしてなんとなくまったりと甘みを感じさせるビール。 さっぱりと見せかけて、ゆったりと味わえるビー ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05442

日本ビール醸造 サムライサーファービール ブラック。
焙煎された少し香ばしさを感じさせる香りを感じます。
口に含むとコーヒーのような焦げた味わい、そしてなんとなくまったりと甘みを感じさせるビール。
さっぱりと見せかけて、ゆったりと味わえるビールです。

DSC05443

アイスクリームなどと一緒に飲むと、アイスクリームの甘みでこのビールの苦みが引き出されて、マリアージュを楽しむことができます。
ホップに甘みだとあまりいい組み合わせではありませんが、少し甘みのある焦げた味わいのこのビールならではのマリアージュ。
そういうこともたまには試してみると面白いかもしれないですね。

いや、こういうビールを楽しむときには料理とか何かに合わせるというのが大切になると思います。

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 日本ビール醸造 サムライサーファービール レッド。 とても甘い香りのするビールです。 煮詰めた果実のような…とまではいきませんが、かなり甘みの強いビール。 口に含むと、甘みの強い味わいです。 キンキンに冷やした状態でも感じる甘み。 これ、かなり ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05440

日本ビール醸造 サムライサーファービール レッド。
とても甘い香りのするビールです。
煮詰めた果実のような…とまではいきませんが、かなり甘みの強いビール。
口に含むと、甘みの強い味わいです。
キンキンに冷やした状態でも感じる甘み。
これ、かなり濃厚。
なので、ホップの苦みなどはあまり感じないと思います。
デザートビールというと少し難しいかもしれないですけど、でも、やっぱり最後に飲むビールだと思います。

DSC05441

この味わいにチョコレートとかを合わせてみたいと思いつつ、我が家にはチョコレートがありません。
あると食べちゃいますからね。
そして、そういう誘惑は、40を前にして逃れられないという意志の弱さを持つ自分には絶つことが大切なんです。
これ、簡単なようで、なかなか難しいのですが。
今年は絶対に痩せよう。
そう思う今日この頃。
絶対に7kg台から60kg台に戻そうと思います。

絶対に…








style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote