カテゴリ:鹿児島県のビール > 霧島高原ビール

今日のビール。 霧島高原ビール ボヘミアン ガーネット。 焙煎された香りをはっきりと感じます。 甘みのような少し酸味を感じる香りでもあります。 口に含むと、飲み口は意外にさっぱり。 スムーズな口当たりと、後味に近くなって少し焙煎された味わいを感じるのが面白い ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05734

霧島高原ビール ボヘミアン ガーネット。
焙煎された香りをはっきりと感じます。
甘みのような少し酸味を感じる香りでもあります。
口に含むと、飲み口は意外にさっぱり。
スムーズな口当たりと、後味に近くなって少し焙煎された味わいを感じるのが面白い。
ボヘミアンブロンドよりも飲みやすいと感じるのは僕だけでしょうか?

DSC05735

HPより解説。
濃色系のピルスナービールです。
チェコ産カラメル麦芽とザーツホップを使用しコーヒーのような香りが特徴。
黒ビールにしては驚くほど軽快な味です。
麦芽とホップはチェコから直輸入。
ローストされた麦芽の香りとホップのバランスが絶妙。

濃色系のピルスナー…って。
硬水でビールを作ると色合いが濃くなるって話を聞いたことがあります。
さすがにしっかりと焙煎した味わいだったり香りを感じるので、焙煎はしていると思いますが、そのあたり水が違うのかな…
この色合いでピルスナーって感じもしませんが、じゃあ、下面発酵の黒ビールということで「シュバルツか?」といわれると自信がない…
まぁ、そのあたりもまた面白い。

たのしい。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 霧島高原ビール ボヘミアンブロンド。 香りはカラメルがかったモルトの香り。 味わいとしては、なんとなく濃いイメージを抱かせる香りです。 口に含むと、焙煎された焦げた苦みが初めにあって、そのあとでジワリとホップの苦みを感じる味わい。 味わい深い ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05732

霧島高原ビール ボヘミアンブロンド。
香りはカラメルがかったモルトの香り。
味わいとしては、なんとなく濃いイメージを抱かせる香りです。
口に含むと、焙煎された焦げた苦みが初めにあって、そのあとでジワリとホップの苦みを感じる味わい。
味わい深いビールです。

DSC05733

HPより解説。
チェコが世界に誇るホップの効いた正統派ピルスナービール。
チェコ麦芽とザーツホップを使用し低温でじっくりと寝かして熟成した何杯飲んでも飽きのこないラガービールです。
チェコのモダンビール。
麦芽とホップはチェコから直輸入。
麦芽の香りとホップの苦味が特徴。
下面発酵のラガービール。

うーん。
ピルスナースタイルというと、どこかもっと淡い色合いのさっぱりとした味わいのビールを想像しました。
日本地ビール協会のHPにあるビアスタイルを確認しても、
ボヘミアスタイル・ピルスナーはミディアムボディで、ライト・アンバーに近い色のものもある。
苦味に関しては強いけれども、麦芽のほのかな甘味とバランスをとることで穏やかな感じに仕上がっている。
ホップのアロマ・フレーバーは上品でフラワリーもしくはスパイシーなノーブル・タイプ。
非常に微量なダイアセチルとDMSは、モルト風味にアクセントをつけるうえであってもかまわない。
麦芽からもたらされるトースト香やビスケット香が低レベルで感じられてもよい。
低温白濁は不可。
泡立ちはきめ細かく、豊かであること。
と、書かれているのですが、この「麦芽からもたらされるトースト香やビスケット香が低レベルで感じられてもよい」という部分が少し外れる気がしなくもありません。

たまにはこういうことを考えながらビールを飲んでみるのも楽しかったり…

満足。





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote