カテゴリ: 長野県のビール

南信州ビールのデュンケル ヴァイツェン。 珍しいスタイルですし、樽生ビールでも飲んでみたいと思うビールです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4844
南信州ビール デュンケル ヴァイツェン。
黒ビールの焙煎された香りはほのかに、バナナのようなヴァイツェンらしい香りを感じるビールです。
口に含むと、バナナのようなもったりとした味わいの中に、焦げた香ばしい味わいも感じる、何ともお得なビール。
ちなみにヴァイツェンなので、底に溜まった酵母も一緒に飲んでみると、 もったりとした味わいが濃厚になります。
一つで3つも味わいを楽しめるビール。
いいね。
DSCF4845
このラベルもまたかっこいいと思います。
南信州ビールといえば、アップルホップが有名ですが、このデュンケル ヴァイツェンやアンバーエールもかなりお勧めです。
ビアバーでも、なかなかこのビールを置いているところ見かけない気がします。
繋がったら飲みに行きたい…

ぜひ!


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

南信州ビール 330ml瓶 6本セット80サイズクール便にて発送
価格:3086円(税込、送料別) (2017/3/14時点)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

志賀高原ビール ゆるブル ウィート。 柔らかい口当たりの後にしっかりと感じるホップ。 いいね! ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF1397
志賀高原ビール ゆるブル ウィート。
柑橘系の皮の渋みのような香りとトロピカルな香りが、どちらもふんだんに香るビールです。
ジューシーな香りですよ。
口に含むと、シトラスのような味わいと苦み。
口当たりは柔らかめなのに、一気にホップの苦みやジューシーさが広がる味わい。
これはおいしい。
DSCF1398
HPより解説。
志賀高原ビールの醸造責任者のブログ「ゆるブル」も、なんと10周年。
どういうわけか、10年間、1日も欠かすことなく書き続けているという快挙(!?)を勝手に祝う特別版の Wheat Ale。
いつも以上に曇りをおびた、淡い琥珀色。
IBU40と、苦味の設定は、それほどではないのですが、IPA 並み、いや、それ以上に アメリカンホップをふんだんにつかって、トロピカルフルーツや柑橘の爽快な香りがバッチリ。
小麦ならではの柔らかな口当たりと相まって、とてもジューシーな飲み口。
ゆるゆるホップを楽しんでいただきたい、そんなビールです。

そう、柔らかい口当たりなのにホップが効いていて本当に好み。
これはいいね!
もう追加で購入できないのが悔しい限りですが…
あと少し、残ったビールを楽しみたいと思います。

満足。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ヤッホーブルーイングの続 よりみち。 うまみIPAのように出汁を感じるのは気のせいでしょうか? ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0901
ヤッホーブルーイング 僕ビール、君ビール。 続よりみち。
少しトロピカルな香りを感じるビールです。
なんとなくもう一つ、うまみIPAに感じる少し海藻のような香りも感じるのは、気のせいでしょうか?

口に含むと、マンゴーのようなトロピカルな味わいを感じつつ、どこか癖のある味わい。
華やかな味わいなんですが、そのあとにじわじわくるこの味わい…
なんとなくこの癖が少し気になる…
DSCF0902
この味わい、うまみIPAの時にも感じた味わいなのです。
うまみIPAは自宅ではなく、とある場所で飲んだのですが、グラスの洗浄などはしっかりしていたし、何か雑味が入ったとは思えないんですよね。
そういう味わいと同じ味わいを感じたわけで、これはもうこのビールの味わいなんだろうなと思うと、少し「うーむ…」とうなってしまう味わいです。

ふわりと感じる香り、そして初めに感じる味わい。
それはとてもいいなと思う味わいであり香りです。
…が、昆布だしのような香りや味わいを感じてしまうんですよ。
これなんでしょうね?

うーむ。
僕の舌の問題なのでしょうか???

難しい…

おいしいビールといえば、志賀高原ビールの其の十。
これは本当に素晴らしい…

志賀高原ビール タカシ インペリアルスタウト。 気が付けば2009年製造のものを飲んでいました… ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4608
志賀高原ビール タカシ インペリアルスタウト。
アルコール感、甘みを感じる濃厚な香りです。
木樽のような香りも感じる気がするのはなんでしょう?

口に含むと、アルコール度数の高さ、焦げた苦み、そしてさらにホップの苦み。
ですが、尖った印象がなく、むしろ柔らかさというか味に丸みを感じる味わいです。
炭酸もあまり感じず、熟成感を感じるビールです…
DSCF4610
ここ数年、毎年いろいろなところでこのビールを買っていたので気が付いてなかったんですけど、ふと製造年月日を確認してみたら、「2009.03」でした。
約8年熟成のビールを飲んでいたんですね。
いや、そんなこととは知らず、あっさりと栓を開けてしまいました。
DSCF4609
おそらく僕がこのビールに感じた熟成感は、ホップの味わいの変化なのではないかなと思っているのですが、どうでしょう?
同じ志賀高原ビールのHouse IPAの3,4年熟成のビールでも同じ系統の味わいを感じたような気がします。
でも、このビールがHouse IPAと違うのは、焙煎されたモルトの味わいが甘みや焦げた苦みが、それもまた熟成されたことで、複雑な味わいになっているからなのかなと思います。
意外に飲みやすいようで、複雑な味わい。
ゆっくりと飲めば飲むほどに面白いと思う味わい。

このビールはおいしい。

いやはや。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

志賀高原ビール HOP & BEAN。 初めてコーヒーを使ったビールをおいしいかもしれないと思った。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0536
志賀高原ビール HOP & BEAN。
コーヒーIPAという定義のビールです。
香りはコーヒー豆の香り…というか、出がらしのコーヒーの香り…っていつも思ってしまうんですよね。
その後ろにホップの香りを感じる気がします。

口に含むと、ホップの苦みとコーヒーのコーヒーの味わいのバランスが、なかなかいい感じです。
そう、このバランスがとてもいいと思いました。
この味わいに、この香りだとちょうどいいというかなんというか…

全体的なバランスで作るコーヒーIPA。
面白いし、なかなかいいなぁ…
DSCF0537
 こちらにこのビールの解説が…
TRUNK COFFEE さんとのコラボ第三弾。
いままでいろいろ試作した経験からも、やっぱり、ぼくらは IPA でいこうということに。
(←「またか!」)
7.5%、IBU100。
今回つかったのは、エチオピアの HAMA という豆。
この豆の TRUNK COFFEE さんのテイスティングコメントは "オレンジの様な果実味とドライフルーツの様な甘さとラベンダーの様な華やかな香り"。
この豆の、きれいな甘みと、華やかな香りが、強力な IPA と、実にいい相性だと思うのです。

解説としてはあまりよくわかりませんでしたが、コーヒーの味わいをコクとして感じるビール…でしょうか?
実は、毎回購入していますが、このコーヒー豆を使ったビールで、僕はまだ自分の中の好みを見つけられていないと思っています。 
ですが、このビールはその中では一番好みに近い気がしました。

強すぎないコーヒー感、いや、コーヒーの味わいがビールとうまく組み合わさっていると思う味わいのビール。
なかなかないと思いますが、これは面白いビールだと思います。
おすすめです。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

オラホビールのキャプテンクロウ。 このビールは見つけたら買うべし。 うまい! ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4765
ラホビール キャプテン クロウ。
とてもジューシーな香りです。
柑橘系の、そしてどこかマンゴーのようなトロピカルな香りも感じます。
口に含むと、味わいもまたジューシー、そして少し甘みを感じる。
ですが、ジューシーな味わいは、すっと抜けて、あとにはしっかりホップの強い苦みを感じる味わいもまたとてもいい!
甘みも感じつつ、最後はしっかり苦い。
このビール、かなりおいしい。
DSCF4766
今回はビアフェスタのマンスリーで届けられたものをいただいたわけですが、コンビニでも帰るこちらのビール。
見つけたらぜひ手に取っていただきたいものです。
この値段で、この味わい。
ほんとすごいことですからね。

いろいろなクラフトビールを飲む。 
でも、その中で、おさえておきたいビールを常に在庫しておく。
その候補にこのビールはおすすめです。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote