カテゴリ: 試み

サントリーのプレミアムモルツと<香る>エールを飲み比べてみました。 皆さま、プレモルと<香る>エール。 どちらが好みでしょう? ... 続きを読む
色々なビールを飲み比べてみるのは面白い… 
プレミアムモルツに引き続き、香るエールもリニューアルされました。
せっかくなのでどちらが好みなのかを確かめてみようと思います。
というわけで、サントリーのプレミアムモルツと<香る>エールを飲み比べてみました。
DSCF0798
右がプレミアムモルツ、左が<香る>エールです。
写真ではプレミアムモルツのほうが少し色合いが濃いような印象です。
が、実際にはほぼ変わらないのではないかと思います。
DSCF0799
DSCF0800
さて、それではまずは香りから。
どちらもサントリーらしい香り…というのはありますが、<香る>エールのほうが甘くフルーティな香りです。
プレミアムモルツのほうが、ホップの香りを感じやすいと思います。

続いては味わい。
プレミアムモルツに比べると、<香る>エールは華やかではありますがさっぱりとした味わいです。
プレミアムモルツがホップの苦みを感じるのに対して、<香る>エールはほのかに感じる爽やかでフルーティな甘みが特徴。
苦みも控えめで飲みやすい味わいだと思います。

個人的にはプレミアムモルツにあるホップの苦みが好みなので、プレミアムモルツをお勧めします。
ですが、一般的に飲みやすいのは<香る>エールですし、好まれるのではないかと思います。
それもあって、プレミアムモルツは一杯で満足しますが、<香る>エールはドリンカビリティが高いというか、飲み飽きない味わいだと思います。
なので、飲食店なんかではプレモルではなく<香る>エールが置かれるお店が増えるんじゃないかなと思ってみたり。
確か、串カツ田中は以前から<香る>エールが樽生ビールとして扱われていますからね。

だからこそ、プレミアムモルツは一杯で満足できる・・・を追求できたのかなと思いました。

うむ。
面白い。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

志賀高原ビールのHouse IPA。 パイントグラスで飲むのがおすすめだと思いました。 ... 続きを読む
グラスでビールの味わいは変わる…ってのはいろいろとやっていて確実にそう思う部分なのですが、それって好みなんだと思うのです。
それなら自分としてはどんなグラスで飲むのが好みなのか…
きっとそれは銘柄によって変わるのだと思うので、少しずつ考えていきたいと思います。
DSCF0241
まずは志賀高原ビールのHouse IPA。
これをパイントグラスとチューリップ型グラスで飲み比べてみました。
グラスの厚みは一緒なので、この違いは単純にグラスの形の違い。
さて、どうなりますでしょうか?
DSCF0242
House IPAくらい、しっかりとした香りのビールだと、この二つでの違いはあまりないですね。
どちらもトリピカルな香り。
チューリップ型のグラスのほうが香りは強めには感じますが、すごく変わるというほどではないかなというのが感想です。

味わいについては、パイントグラスのほうがマイルドな印象です。
ただ、これにはビールの温度も影響していそうだなというのが感覚的なところ。
微妙に、パイントグラスのビールのほうが温度が高い気がしました。
この辺りもそろえて飲み比べるって難しい。。。

厳密にはイーブンな飲み比べとはいきませんでしたが、このビールはパイントグラスで飲むほうがこのビールを味わう上では好みだったように感じました。

香りや味わいの強さが、パイントグラスで飲んだ時にちょうどよかったというのがその理由。
この辺りは本当に感覚的なところなので、なかなか難しいんですけどね。
きっと飲むタイミングによっては逆のことを書いていたりもしそうですが、そういうの本当はいけないけど、体調などにも影響するので仕方がないところ。

でも、まぁ、そういうことを勝手に書いていくこともまた、面白いのかなと思ったり。
そして、何よりも自分が楽しい。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

プレミアムモルツとマスターズドリームの飲み比べ。 おもしろい。 ... 続きを読む
色々なビールを飲み比べてみるのは面白い… 
サントリーのプレミアムモルツ、リニューアルしてとても飲みごたえのあるビールになりました。
サントリーのもう一つのプレミアムビールといえば、マスターズドリームがあります。
これと味の違いは何だろう…
というわけで、サントリーのプレミアムモルツとマスターズドリームを飲み比べてみました。 
DSCF0260
プレミアムモルツとマスターズドリーム。
比べてみるとかなり色合いが異なりますね。
さて、それでは飲み比べです。
DSCF0261
DSCF0262
まずは香りから。
どちらもサントリーということで、香りの系統は同じです。
その中で、プレミアムモルツがホップに寄った香りであるような気がしますが、マスターズドリームは麦の香りも感じます。
プレミアムモルツは清涼感、マスターズドリームはしっかりとした麦の香り。
香りだけでも飲みたいシチュエーションが異なる気がしました。

続いては味わい。
プレミアムモルツは、ホップの滲みるような苦みを感じます。
飲み込んだ後の口の中に広がるホップの苦みがいいですね。
それに対して、マスターズドリームはプレミアムモルツで感じる苦みをあまり感じません。
苦みがないわけではなく、モルトの味わいと一緒にホップの苦みも感じますが、ホップの苦みが全体的に飛びぬけていないので強調されないというかなんというか…
比較しているからだとは思いますが、後味にかけても優しい味わい。

面白い…

飲み比べのなにが楽しいって、比較対象によって感じ方が変わることだと思います。
バランスいいなと思っていたビールが、比較することによって、(比較対象と比べると)バランスが少し偏っている…とかそういう感じになるわけで、そういうのって単独ではわからないんですよ。

いや、きちんとそのあたりを判断できる舌がないからかもしれませんが、そういうことを楽しめることができているってことで、それはそれでいいことなんじゃないかなと思います。

いやはや、今回も楽しい飲み比べだった…

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

新旧のプレミアムモルツを飲み比べるつもりで、こちらを飲み比べ。 新旧の飲み比べをと思いましたが、少し違ったかもしれません。 ... 続きを読む
色々なビールを飲み比べてみるのは面白い… 
2017年3月14日に、サントリーのプレミアムモルツがリニューアルされました。
プレミアムモルツの新旧での飲み比べがしてみたいなと思ったんですが、それはなかなか難しく…
と思ったら、近所のスーパーにプレミアムモルツの初仕込み2017がまだ売っていました。
というわけで、サントリーのプレミアムモルツとプレミアムモルツ 初仕込み2017を飲み比べてみました。
DSCF0155
右がプレミアムモルツ 初仕込み2017、左が今回リニューアルされたプレミアムモルツです。
念のため、製造年月日ですが、初仕込み2017が2017年1月上旬、リニューアルされたプレミアムモルツが2017年2月下旬でした。
約2か月の差はありますが、3か月以上前のビールではないのでこの辺りは良しということにしましょう。

色合いは、何となくリニューアルされたプレミアムモルツのほうが濃いように感じますが、おそらくこの辺りは写りの問題だと思います。
DSCF0156
DSCF0157
さて、それではまずは香りから。
初仕込み2017のほうが、感じる香りの鋭さが強い気がします。
清涼感というか爽快感を感じる香りを、初仕込み2017のほうから強く感じる気がします。
リニューアルされたプレミアムモルツは、穏やかな香りです。
基本の香りは同じですが、そこまで清涼感や爽快感を感じる香りではなく、落ち着いた香り…というか、なんというか…
以前にリニューアルされたプレモルを飲んでいるので、この結果は意外でした。

続いては味わい。
初仕込み2017、けっこうしっかりとした味わいです。
麦の味わいを強く感じるので、ごくごくとは飲めないビール。
それに対して、リニューアルされたプレミアムモルツは、そこまでの強さは感じません。
ですが、ごくごくは飲めるかといわれたら飲めませんし、ゆっくりと味を楽しむ繊細なビールという感想です。

思った以上に初仕込み2017の味わいの強さが引き立ってしまった飲み比べになりました。
初仕込み2017で使っている、ダイヤモンド麦芽の味わいってかなり強いのでしょうか?

なんとなく当初、この飲み比べは新旧のプレミアムモルツの飲み比べとして考えていたので、旧の代替として考えていた初仕込み2017は、そこまで強くはないだろうという考え方だったんです。
これだけを飲んだ時も、あんまりそのあたり感じていなかったので、まぁ、結局、普通のプレモルと同じような感じかなと思っていました。 
ですが、これ、意外と違いましたね。
今考えると、あの時、普通のプレモルと初仕込み2017とを飲み比べておけばよかったと後悔していますが、けっこう味わいが違ったのではないかと思っています。

そして、そんな初仕込み2017に対して、リニューアルされたプレモルは香りもそこまで強くなく、モルトの味わいも強くはありませんが、どこか繊細でゆったりと飲みたいビールでした。

口に含んだ時のホップの苦みとモルトの味わいのバランスがとてもよく、ごくごく飲むのがもったいなくてゆっくりと味わいながら飲みたいと思う味わい。
初仕込み2017とは違った意味で、ごくごく飲めない感じがいいと思いました。

そうなったときに、やっぱり考えるのがマスターズドリームとの違い。
あのビールもゆっくりと飲みたいビールだと思いますが、今回リニューアルされたプレミアムモルツとどう違うのか、試してみたいと思いました。

クラフトビールは、いろいろと個性があっておいしいんです。
でも、ここ最近のクラフトビールブームもあって、大手のビールメーカーも色々と工夫しているなと思う今日この頃。
値段も手ごろな大手のビールを、デイリービールとして異なる味わいを楽しめるようになったと思います。
代表的なビールも、ちゃんと楽しめる。
いい時代なったなとしみじみ感じてしまいました。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

勝手にビールアワード2016-2017. 今年は少し偏りのある選び方になってしまったかもしれません。 ... 続きを読む
さて、今年もやってきました、勝手にビールアワード。
テーマを決めて、この1年、よかったなと思うビールを色々なビールが好きな人があげていく企画です。
お題目としては、「もっとも○○だったビール」、そして、「毎日でも飲みたいベストスタンダードビール」。

さて、それでは「もっとも○○だったビール」。
これは、「もっとも驚いたビール」…ということにして、志賀高原ビールのHouse IPA 2006を挙げたいと思います。
DSCF4138
志賀高原ビールのHouse IPAは、出来立てを飲んだほうが絶対においしいと思っていました。
それは、今まで3,4年熟成のHouse IPAを飲む機会があっても、出来立てのHouse IPAよりもおいしいと思ったことがなかったからなんですね。
でも、これが10年熟成させたとき、味わいが劇的に自分好みになっていたということに衝撃を受けました。
ちなみにこの時、2009年と飲み比べをしているんですけど、2009年はまだ僕好みになっていませんでした。
基本的に日本のクラフトビールは、5年も熟成させたらそのあとはあまり味わいは変わらないか、もしくはへたってしまうんじゃないかと思っていたわけですが、このビールを飲んでいい意味で裏切られました。
アルコール度数が高いビールをいつまで保管しておくと、一番おいしいと感じるタイミングになるのか…
この命題が、またかなり複雑になった気がします。

さて、続いては、「毎日でも飲みたいベストスタンダードビール」。
個人的に華やかさ、トロピカル感、ジューシー感のあるビールが好きみたいで、その種のビールをまず2種類紹介します。
一つ目は、伊勢角屋麦酒 The FORCE IPA
DSCF4618
限定発売のこちらのビール。
柑橘系ホップ「Equinox」「Mosaic」「citra」と3種類を使用したビールです。
以前、三軒茶屋のピガールで樽生ビールとして飲んで感動したビール。
家で飲んでもやっぱりとってもおいしかった!
限定版ということで、来年、また発売してくれると嬉しいなと思います。

2つ目は、Stillwater Artisanal Mono
d84d0ab7.jpg
これもトロピカルな味わいと、清涼感のある香りが素敵なビール。
ごくごく飲めるのがいいんだと思います。
アメリカのスティルウォーターというブルワリーのビールなのですが、どのビールもおいしいんですけど、毎日飲むのであればこれかな…というビール。
見つけたらぜひ飲んでほしいと思うビールです。

最後は日本の大手のビールを。
そう、サントリーのプレミアムモルツです。
DSCF4847
今年3月14日に、味わいがリニューアルとなったこちらのビール。
前回は2012年のようですね。
約5年ぶりのリニューアル。
これによって、好みのプレミアムモルツにかわりました。
かわったというか、戻ったといったほうが正しいかもしれません。
何杯飲んでも飲み飽きない…から、1杯で極上の気分を…と、コンセプトが変わったのではないかと思っています。
そろそろ1日何本もビールを飲むわけにはいかない。
そんな時、大手のビールの中では、安いわけではないけれど、クラフトビールと比べたらリーズナブルに購入ができて、1杯でしっかり満足できる味わいになったと思うこちらのビールを、毎日でも飲みたいベストスタンダードビールとしてあげないわけにはいかない…
そんなビールになって戻ってきました!

さて、最後のプレミアムモルツで少しテンションが上がりましたが、そんな感じの勝手にビールアワード。
毎年、今でも購入できるビールを選んでいましたが、今年は限定ビールもピックアップしてみました。
まぁ、 クラフトビールは一期一会。
そう考えたら、そういうのも仕方がないんですけどね。
だからこそ、今年もまたクラフトビールを飲み続けるのだと思います。

あくまでもできるだけ。
いろいろと生活が変化してくる中で、その中でも、細々とクラフトビールを飲んだ記録を残していこうと思います。

というわけで、Have a nice Beer! 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

色々なビールを飲み比べてみるのは面白い… というわけで、志賀高原ビールのSNOW MONKEY IPAとOH!LA!HO BEERのCAPTAIN CROWを飲み比べてみました。右が志賀高原ビールのスノーモンキーIPA、左がオラホビールのキャプテンクロウです。見た目からして色合いが違いますね。キャ ... 続きを読む
色々なビールを飲み比べてみるのは面白い…
というわけで、志賀高原ビールのSNOW MONKEY IPAとOH!LA!HO BEERのCAPTAIN CROWを飲み比べてみました。
DSCF4314
右が志賀高原ビールのスノーモンキーIPA、左がオラホビールのキャプテンクロウです。
見た目からして色合いが違いますね。
キャプテンクロウのほうが淡い色合いです。
DSCF4316
DSCF4317
さて、それではまずは香りから。
どちらも香りは柑橘系。
そしてジューシーさを感じる香りです。
若干、スノーモンキーIPAはトロピカル感、キャプテンクロウは草っぽい香りを感じる気がします。

続いては味わい。
キャプテンクロウは草っぽい香りでしたが、味わいはきりっと苦みを感じます。
苦みが中心のビールで、後味はさっぱりとしています。
スノーモンキーIPAは、清涼感とジューシーさ。 
そう、どこか果汁の甘みを感じる味わいなのがいいですね。

ホップの苦みをしっかりと感じたいのであれば、キャプテンクロウ。
ホップの苦みだけでなく、どこかほのかに甘みを感じるビールがいいというのであれば、スノーモンキーIPA。 
まぁ、甘みといっても少し感じるだけで、どちらもとっても苦みのおいしいビールなんですけどね。

この飲み比べは楽しかった!

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote