カテゴリ:お店のジャンル > 肉

食べ放題とアラカルト。 あとはお酒をどのくらい飲むのかによっても、うまい選択が必要。 ... 続きを読む
初めて牛角を知ったとき、こんなにリーズナブルに焼肉が手軽に適度にこじゃれて楽しめるなんて…と思ってたんですけど、気が付けばいろいろなところにできて、お店のたたずまい以外はよくあるチェーン店と一緒…になってしまったような気がします。
とはいえ、あまり考えずに焼肉が食べたくなった時には都合がかなりいいわけでして、ちょっと焼肉…ということで町田にある牛角に行ってきました。
DSCF3836
町田駅近くには2店舗、牛角はあります。
こちらは小田急線の町田駅近くにある牛角です。
DSCF3838
とりあえずビール。
スーパードライです。
1杯500円で、消費税が40円。
焼肉の脂をすっきり流したいと考えると、やっぱりビールはスーパードライになってしまうのかもしれないですね。
DSCF3839
お肉の前に梅昆布チョレギサラダ。
税抜き590円。
野菜をしっかりとりたい!ってのはありがたい。
塩加減少し強めです。
DSCF3840
お肉はまずはねぎ牛タン塩から。
DSCF3841
片側を炙って、返した時にネギを載せていただく…ってのをすると、食べる時にたいていネギが七輪に落ちてしまう…
仕方がないので、レモンたれをつけたときにネギを載せていただきました。
うまい。
DSCF3842
続いてはみすじ。
おろしポン酢でいただきます。
DSCF3843
柔らかく、噛んだ時にギュッと出る肉汁と脂がおいしい。
ポン酢が口の中をさっぱりとさせてくれます。
DSCF3846
続いてはカルビ3種盛り。
牛角カルビとファミリーカルビ、そして厚切りカルビの3種類。
かなり薄いファミリーカルビは、にんにくバターでいただきます。
DSCF3847
肉質では勝負できない時には、こういう味付けで勝負!ってのが潔い気がします。
おいしいですしね。
DSCF3849
最近の牛角は、日本酒も扱っているんですね。
せっかくなので楯野川の純米大吟醸。
グラスになみなみ、受け皿にもしっかり入れてもらいました。 
フルーティで意外にすっきり。
お肉に合う日本酒…なのかな?
脂っこさは流してくれそう… 
DSCF3848
そしてカルビ用にもう一つ、カルビ専用ごはん。
こちらは小サイズ。
タレのかかったごはんに海苔がたっぷり。
DSCF3852
思わずガッツいてしまいました(笑)
DSCF3856
DSCF3858
追加でハラミと熟成厚切りサガりを。
カルビもいいんですが、個人的には横隔膜の内側と外側、ハラミとサガリがとても好きです。
DSCF3844
なんとなく塊肉が食べたくなって上赤身ステーキを注文。
DSCF3854
表面を炙って、はさみで食べやすいサイズに切っておきます。
DSCF3855
お好みで一緒に来たガーリックバターをつけていただきます。
個人的にはさっぱりとわさびでいただくのが好きかな。
とても柔らかく、脂身も少なくて我々にはちょうどいい感じ。
DSCF3860
せっかくなので「やみつき旨辛麺」を、辛さを大辛でいただきました。
見た目にも辛いのがイメージできるビジュアル。
DSCF3865
食べてみると…これ、何か入れ忘れた?ってくらい味が足りない…
その代わりにこれでもか!って入っているにんにくの塊。
負けてなるものかとすべて食べましたが、そのせいで次の日、半径1メートルににんにく臭をふりまくという迷惑をかけることに。 
次の日のことをよく考えてから注文したほうがいいと思います。
DSCF3859
なんとなくカッサータサンドを〆に食べて終了。
これだけしっかりと食べて、二人で一人5000円行かないのは、まぁいいことかな。

高いお金を出せば、しっかりおいしいお肉が食べられることはよく知っていますし、そのほうがいいときもありますが、今後、おそらくは牛角のようなチェーン店だけど、一般的なチェーン店よりはどこかこじゃれたイメージのお店で食べることも多くなりそうなので、しっかりチェックしておかないと。

みすじとか上赤身ステーキとかの値段の少し高めの設定のお肉は、値段相応においしい。
そして、リーズナブルなお肉も、値段を考えたらしっかりおいしい。
そういうお店も大切だと思うんですよね。

ちなみに、牛角ではアラカルトと、品目数によって値段のかわる食べ放題コースがあります。
みすじとか上赤身ステーキとか日本酒とか頼んだので、今回はアラカルトでよかったですが、基本、4000円で2時間の飲み放題がついてそこにビールがあることを考えると、4名以上揃った時は食べ放題コースのほうがおすすめのような気がします。

なんてことを考える今日この頃。
満足。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】(自慢の一品)宮崎牛ロースステーキ
価格:30000円(税込、送料無料) (2016/12/21時点)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

町田にある肉寿司に行ってきました。小田急町田駅の南口、ないし東口を出てカラヤン広場隣のいろいろなお店がひしめき合ったところにあります。ベルギービールのお店、COPAの正面といったところです。とりあえず、ビールで乾杯。ビールはサッポロの黒ラベル。これはうれしい ... 続きを読む
町田にある肉寿司に行ってきました。
DSCF3887
小田急町田駅の南口、ないし東口を出てカラヤン広場隣のいろいろなお店がひしめき合ったところにあります。
ベルギービールのお店、COPAの正面といったところです。
DSCF3873
とりあえず、ビールで乾杯。
ビールはサッポロの黒ラベル。
これはうれしい。

それではいろいろといただいていきましょう。
DSCF3874
まずは馬刺し4種盛り。
大トロ、中トロ、赤身、ひれをいただきます。
基本はニンニクそして生姜でいただきますが、大トロとかはわさびでいただいてもおいしかったです。
DSCF3878
牛肉の生ハム。
レアな感じがとてもおいしい。
ワインと合わせてもいいんでしょうね。
僕はビールでしたけど。
DSCF3880
松阪牛のメンチもいただきました。
こういうのはビールと合わせるのがおすすめ。
DSCF3883
ユッケもしっかり。
あまり生肉は食べれないので、こういうところに来たらしっかりいただきます。
DSCF3879
そして肉寿司なので軍艦物も。
雲丹トロ軍艦とフォアグラ軍艦。
いろいろなところで定番化されているこれらのメニュー。
ちょっとフォアグラはムース状になっていました。
食べやすいけど、本当はフォアグラを塊で載せてほしかったですね。
また、雲丹トロ軍艦はちょっと雲丹が…
トロ肉の甘みがおいしかったですが、もう少し雲丹を感じたかったかな…
DSCF3885
〆には刺しトロを。
シャリの上に大きなリブロースを載せ、客席まで来て、バーナーで炙ってくれるそのパフォーマンスも楽しいですが、甘みのあるトロ肉は満足感が高いです。
これはうまい…
DSCF3886
客席は1階から4階まで。
この日は4階でしたが、4階は隠れ家的なスペースでなかなかいいですね。
この日は6人でビールを37杯も飲んでしまったので、それなりのお値段になってしまいましたが、おなか一杯しっかり食べて飲んでも一人7000円程度であれば、妥当な値段なのかもしれないですね。
5,6人で行って、いろいろな料理を皆でいただくのがおすすめだと思います。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ 黒ラベル 350ml缶 350ML × 24缶
価格:4783円(税込、送料無料) (2016/12/23時点)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ビールを飲みすぎた後、なぜかふと焼き肉が食べたくなります。 ... 続きを読む
飲んだ後、なんとなく焼き肉が食べたくなる…
そういう日もあるんですよね。
ってことで、そういう気分に三軒茶屋でなってしまったので、検索して見つけたお店に行ってきました。
DSCF3807
DSCF3809
お店の名前は壱語屋。
三軒茶屋駅を出て246沿いにあります。 
駅から行きやすい焼肉屋さん、No.1かもしれないですね。
DSCF3808
お店の店頭に張り出されたメニュー。
コース料理がおすすめされています。
でも、飲み放題がないので単品メニューでお願いすることにしました。
DSCF3810
まぁ、でもとりあえずはビール。
酔っぱらっていると、きめの細かい泡が本当にうれしいですね。
まぁ、このビールでいろいろとお肉をいただきましょう。
DSCF3821
DSCF3812
塩でいただく焼肉には梅味とレモン味で。
これ、けっこううれしい。
DSCF3811
DSCF3814
DSCF3815
しっかりいただきます。
まずは黒タン、黒毛和牛ロース、カルビをしっかり。
DSCF3816
追加でハラミを。
DSCF3813
しっかり七輪で焼いていただきます。
DSCF3820
うまいねえ…
DSCF3817
せっかくなのでカクテキも。
お肉だけでは厳しい年齢になりましたからね。

駅から近い、量をしっかり食べるとそれなりになりますが、そこまで高くはならずリーズナブルだと思います。
いや、たまにはビールを飲みながら焼肉ってのもいいですね。
とりあえず、こちらのお店、覚えておきましょう。

満足。
 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

三軒茶屋にある焼肉屋さんです。 希少部位もいろいろあって、おいしいお肉を楽しめます。 ... 続きを読む
三軒茶屋にある焼肉屋さんに行ってきました。
DSCF2770
DSCF2771
お店の名前は「焼肉 うしお」。
世田谷通りから、くすりの福太郎とコルモピアの間を入り、肉のハナマサの先、右手のビル2階にお店はあります。
1階に串カツ田中が入っているビルなので、わかりやすいと思います。
DSCF2772
ビールはプレミアムモルツでした。
焼肉にはビールだよな…という気もしますが、お店の押しはワインやスパークリング。
女性の客さんも多く、そっちのほうが受けは良さそうだなと。
DSCF2775
DSCF2774
DSCF2777
お肉はオーソドックスなところから、細かく部位を指定して注文できたりとなかなか面白い。
DSCF2773
どんどん焼いて、どんどん食べてしまいました。
定期的に変えてくれる網のタイミングもちょうどよく、タレで食べるお肉、レモンで食べるお肉をきちんと分けていただくことができました。

テーブル席は広めなのでゆったりとしたスペースでお肉を焼くことができます。
値段はそこまでリーズナブルというわけではないと思いますが、おいしいお肉を食べられるというところではなかなかうれしい。
三軒茶屋でちょっとおいしいお肉を食べに行こうよって時に行きたいお店です。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

格之進の新たな展開、KABCO. KABCOとは、Kanzaki:Aging:Beef:Crossing:Oceanの頭文字。 楽しみ。 ... 続きを読む
門崎熟成肉の格之進の新ブランド「KABCO」がオープンするということで、そのレセプションにご招待いただきまして行ってきました。
DSCF2719
場所は六本木一丁目。
六本木グランドプラザの3階にあります。
六本木一丁目駅の1番出口から直結のようなのですが、これ、別の出口から向かうとなると、あまりこの辺りに詳しくない自分にはかなりハードルが高かった(笑)
DSCF2720
まずは泡で乾杯です。
基本、泡といえばビールなんですけど、こういうお店ではやっぱり…(笑)
ゆっくりと料理を待ちます。
DSCF2721
はじめの料理は、
雲丹×ラディッシュ×ちびたけ。
雲丹は濃厚なんですが、レモンでさっぱりとさせているのが面白い。
そして、料理もですが、その器にも驚きます。
DSCF2727
ここでビール。
生ビールはキリンの一番搾りプレミアムでした。
濃い味わいをしっかりと味わうことができます。
DSCF2729
そして、格之進といえば牡蠣肉。
店内にある窯で殻ごと蒸し焼きにした牡蠣を熟成肉で巻いただけ。
味付けは牡蠣の塩気のみ。
でも、これがおいしい。
2個、3個と食べたくなります(笑)
DSCF2731
続いては、海×山というテーマの一品。
火を通した野菜を、ホタテひもとあさりでとったソースと合わせることで、海と山を表現した一品。
ソースと合わせるまでもなく野菜だけもおいしい。
いや、それではこちらの料理のテーマにはそぐわないんですけど…
DSCF2734
皆さまがワインに進む中、ビールを追加で注文。
基本的に
炭酸を控えめにしているようで、だからしっかりと麦の味わいを感じられてうれしい。
DSCF2739
続いては
海藻と熟成肉の組み合わせの一品。
熟成肉はトウガラシという部分を使っているそうです。
脂身ではなく赤身のお肉としての味わいと、海ブドウや海苔の塩気のバランスが楽しい。 
DSCF2740
このあたりでさすがにビールだけではまずい…と思って赤ワインを。
銘柄を聴きそびれましたが、これは飲みやすかった…
DSCF2743
〆はお茶漬け…いや、お茶漬けなんて言っちゃいけないですね。
海苔の佃煮、アワビ茸、牛骨で取ったブイヨンでご飯をいただきます。
易しい味わい。
これ、お代わりしたかった…
DSCF2744
デザートにいちぢくとローズマリーをしっかり効かせたシャーベットを。
いちぢくは、そのままでいただくのと、
赤ワインで軽く煮込んで牛肉を巻き、さらに窯であぶったもの。
手が込んでいますが、それよりもなによりもローズマリーを効かせたシャーベットがかなりのインパクト!
ローズマリーにやられた…
DSCF2746
〆のカプチーノでさっぱりと。

いや、面白いコース料理でした。
素敵な料理を少しづついただく。
特に僕らくらいの年齢だと、そんなに量は求めていないので、満足感は高いと思います。 

また行かねば…

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

久しぶりに駒沢にあるブルックリンダイナーに行ってきました。 ここにふらりと立ち寄れるってのはなかなか幸せ。 今月のマンスリージャークチキンは胡桃ジャークチキンでした。 去年一年、毎月食べ続けてましたけど、去年はなかったメニュー。 でも、食べたことがある ... 続きを読む
久しぶりに駒沢にあるブルックリンダイナーに行ってきました。

dscf1857

ここにふらりと立ち寄れるってのはなかなか幸せ。

dscf1863

今月のマンスリージャークチキンは胡桃ジャークチキンでした。
去年一年、毎月食べ続けてましたけど、去年はなかったメニュー。
でも、食べたことがあるような気がするのは気のせいでしょうか?

dscf1859

とりあえずの飲み物は、ビールが飲めないので自家製ジンジャエール。
炭酸は控えめで、生姜感がとても強くておいしい。
生姜のスパイシーさの陰に隠れて、けっこう甘さもありますね。
ビールを飲まない時は、これ、なかなかおすすめです。

dscf1860

そしてサクサクポテトを。
気が付けば、サイズがMとLのほかにSもあった。
一人で食べる時にはちょうどいい。
というか、いろいろなメニューを試したいときにもいい。

dscf1861

ということで、胡桃ジャークチキン。
ペースト状の胡桃のマイルドさだけでなく、しっかりスパイシーさもあるジャークチキン。
胡桃とジャークチキン、意外にケンカしないw

dscf1864

本当は9月限定で半額セール中のバックリブも頼みたかったんですけど、一人ではさすがに厳しくて…
9月中にもう一度来ることがありそうなので、その時に頼みたいと思います。

本当はビールも飲みたかった…





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote