カテゴリ: 秋田県のビール

秋田県の超神ネイガーのビールです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4585
あくらビール 旨ネイガー。
不思議な香りのビールです。
清涼感とも言いにくいんだけど、モルトや酵母の風味ってのを感じるというか…
ホップの香りとモルトの香りをどちらも感じます。
でも、長くかいでいるとホップの香りをより感じるようになる気がします。

口に含むと、ピリリとしたホップの苦みと、あとから麦の甘みを感じる味わい。
不思議な味わい、おいしい。
DSCF4586
旨ネイガーと書いて、んめネイガーと読むのだそうです。
秋田県のキャラクターなんでしょうか?
不思議な感じ。
でも、味わいがおいしい。

いいねぇ…

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

あくらビールの秋田美人のビール。 含まれるホップポリフェノールがコラーゲンを壊すのを抑えます! ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4522
あくらビール 秋田美人のビール。
爽やかでフルーティな香りのビールです。
口に含むと、意外にすっきり。
そして、後味にかけて徐々に苦みを感じる味わいです。
たぶん、ラガービールなんだと思うんですけどね。
いいねぇ。
DSCF4523
 HPより解説。
新登場!
貴方のコラーゲンを応援します!
お肌の張りは元気なコラーゲンの腸物。
でも加齢とともに増えるコラゲノーゼが、大切なコラーゲンを破壊してゆきます。
それを抑制する効果がホップのポリフェノールにもあります。
私たちはビール醸造方法を工夫し、通常の醸造方法ではほとんど無くなるホップ由来のポリフェノールを残存させることに成功いたしました。

ビール酵母たっぷりのクラフトビールは、絶対にお肌に良いと思ってるんですよね。
なので、このビールにかかわらず、クラフトビールを飲んでいる人の肌はきれいだと勝手に思っていますが、さあ、いかがでしょうか?





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

あくらビール なまはげIPA。 なまはげというイメージにぴったりだと思いました。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4447
あくらビール なまはげIPA。
チューリップ型のグラスで香りをかぐと、モルティな香りを感じます。
ホッピーでもあるけどモルティのほうが優位な気がしますね。
パイントグラスだと、ホッピーをあまり感じずモルティさをよく感じる。
というか、ホッピー差は弱くて感じにくいというイメージ。
やっぱり、グラスの形って大切だなと思います。

口に含むと、なんとなく芳ばしい味わい。
飲み込むタイミングでは、こうばしい味わいをより感じます。
苦みはありますが、芳ばしさでマスクされている気がします。
そう、苦みはありますがそこまで強くない…
いや、ちがうな。
華やかな苦みではなく、じっとりとした苦みを感じる味わいだから、なんとなくモルティとも感じたのかもしれないですね。
これ、面白い…
DSCF4448
この味わい、なまはげをネーミングとして使うのが、確かに適当だと思いました。
うまく言えないのですが、なまはげのイメージと、この華やかではないけどちゃんと苦い、この味わいがあうなと。
そういうのいいですよね。
これ、見つけたら飲んでみてください。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

香りがとっても素敵です。 パイントグラスで飲むのがおすすめです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4430
あくらビール あきた吟醸ビール。
チューリップ型のグラスで香りをかぐと、とてもフルーティな日本酒のような香りを感じます。
パイントグラスでも同じ香りを感じますが、強さは当然ですがチューリップ型のグラスのほうですね。
志賀高原ビールのインディアンサマーセゾンと同じ流れの香り。
ベルジャン酵母とか使っているのでしょうか?

続いては味わい。
チューリップ型のグラスで飲んだ時、香りのフルーティさを想像していると、けっこう味わいは淡泊です。
まぁ、それは志賀高原ビールと同じような香りなので、その流れを期待して口に含んでしまったというのがあるのだと思いますが、炭酸は強めで飲み口はすっきりな味わい。
苦みはそれほど感じず、その分、香りと味わいのバランスが悪いかなという気がします。
香りのインパクトが強すぎて、味わいの印象が薄くなってしまっている気がしますね。
ただ、それはチューリップ型のグラスで飲むからかもしれません。
このグラス、薄いので炭酸も強く感じます。
そうすると、炭酸の強さで味わいも消されてしまう部分があると思います。
なので、パイントグラスで飲むほうが味わいを感じやすくなって、香りもチューリップ型のグラスで飲無より控えめに感じるので、結果、バランスはよく感じる気がします。

これは面白い!
DSCF4431
秋田県立大学とあくら麦酒醸造所が共同開発した酵母「あきた吟醸麦酒酵母」を使用したビールなんですね。
解説として、あくらビールのページに、「あきた吟醸酵母」は秋田県立大学・醸造微生物学研究室が開発した新酵母で、日本酒に使用される吟醸酵母とビール酵母を掛けあわせることにより、フルーティな吟醸香の強い非常に香り高い酵母が完成しました。
麦芽は秋田県大潟村産六条大麦にホップは西目産ホップを使用(一部に輸入ホップ) 。
秋田の技が結集したフルーティでライトなビール…という解説がありました。

香りはとっても素敵です。
味わいは解説にもあるようにかなりライト。
なので、そのバランスをしっかりとるためにもパイントグラスで飲むのをお勧めします。

うん。
いいね!

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

あくらビールの川反ラガー。 ボヘミアン・ピルスナーなの? それともジャーマンピルスナーなの? ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4311
あくらビール 川反ラガー。
ラガーとあったのでもう少し色の淡いビールを想定していましたが、どうも違ったようです。
香りからはモルトの甘みとホップの香りを感じます。
ホップの香りがしっかりというよりも、甘い香りにホップの香りも感じる…といったところ。
口に含むと、モルトの甘い味わいと、ホップの苦みを感じます。
ホップの苦みは、後味にかけてじわじわ強くなっていく気がします。
香りとはじめの味わいから、後味の苦みはなかなか想像できないかもしれません。
おもしろい。
DSCF4312
なんとなく渋みのような熟成されたような味わいを感じるのは気のせいでしょうか?
あくらビールのHPの解説を確認してみると。
あくら発祥の地名を冠したジャーマン・ピルスナーを範としたラガー。
力強いホップのアロマとフレーバー、苦味とが特徴。
透明感のある明るいブラウン色のボディーは、 軽いモルティーさにアロマホップの香りが乗って、後味をすっきりしたものにしています。

[製品情報]
■品名:川反ラガー
■スタイル:ボヘミアンピルスナー
■アルコール度数:5.0%
■内容量:330ml
■賞味期限:90日

ちょっと解説に書かれていることに矛盾を感じますね。
ジャーマン・ピルスナーと書いているのに、製品情報にはボヘミアンピルスナーと書かれている。
これなんだろう???
まぁ、スタイルがどうというのではなく、おいしいから良しとしますかね。
うん。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 田沢湖ビール ダークラガー。 アルトよりも焙煎度合いが強くなったこうばしい香り。 でも、香りはだからといって強くはなっていないのが面白い。 口に含むとこちらはしっかりとこうばしい味わいです。 焦げて苦いがしっかり強い。 でもその苦味というか ... 続きを読む
今日のビール。


_DSC6045


田沢湖ビール ダークラガー。
アルトよりも焙煎度合いが強くなったこうばしい香り。
でも、香りはだからといって強くはなっていないのが面白い。
口に含むとこちらはしっかりとこうばしい味わいです。
焦げて苦いがしっかり強い。
でもその苦味というか濃さが後に引かないある意味さっぱりなビールです。


_DSC6046


田沢湖ビールを3種類飲み比べてみたのですが、一番しっかり味わいのあるビールはこのダークラガー。
個人的にもこれが一番好みでした。
ダークラガーってそんなに好きじゃないのにね。

このダークラガーはもう一度飲んでみたいと思いました。


満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote