カテゴリ: 奈良県のビール

今日のビール。 曽爾高原ビール アルト。 甘いモルトの香りです。 酵母っていうよりもモルトかな… 口に含むとすっきりとしたモルトの甘さがおいしい。 苦みはほとんど感じない。 優しい甘さのビールです。 解説。 アルトとは”古い(オールド)”を意味するドイツ ... 続きを読む


今日のビール。

DSC07622

曽爾高原ビール アルト。
甘いモルトの香りです。
酵母っていうよりもモルトかな…
口に含むとすっきりとしたモルトの甘さがおいしい。
苦みはほとんど感じない。
優しい甘さのビールです。


DSC07623

解説。
アルトとは”古い(オールド)”を意味するドイツ語。
赤銅色で風味の豊かさが特徴。
ビール酵母を上面 発酵させ、低温で熟成させています。
アルトは上面発酵ながら上面発酵と下面発酵の中間の特徴を備えており、通常の上面発酵ビールよりも発酵由来の果実香が抑えられています。
そのため日本人の口にも合い、軽い甘みと苦み、独特のコクがあります。
良いアルトは熟成に伴う香りがし、その上すっきりしています。

熟成に伴う香り…
言われてみればそんな気もしなくはありませんが、そのあたりは難しいですね。


満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 曽爾高原ビール ピルスナー。 酵母の香りよりもホップの清涼感のある香りを感じます。 これ、クラフトビールのピルスナーでは珍しいかも。 口に含むと、きりっとした味わいです。 酵母の味わいはあまり強くなくしっかりホップやモルトの味わいを感じる ... 続きを読む


今日のビール。


DSC07609


曽爾高原ビール ピルスナー。
酵母の香りよりもホップの清涼感のある香りを感じます。
これ、クラフトビールのピルスナーでは珍しいかも。
口に含むと、きりっとした味わいです。
酵母の味わいはあまり強くなくしっかりホップやモルトの味わいを感じる。
これ、いいなぁ。。。


DSC07610


解説。
チェコのピスゼン市に生まれた代表的なビール。
淡黄金色のホップの効いた爽快香味を持ち今日、世界中のビールの主流となっています。
ピルスナーの名前の由来は、チェコのビルゼン地方で生まれた淡色の下面発酵ビールを、ピルゼン・タイプと呼ぶことからそう呼ばれるようになりました。
すっきりとして温和であるにもかかわらず、軽く苦みを残さない製法で造られた味は、世界中で最も多く造られて広く愛飲されています。
曽爾高原ピルスナーは、ライトで香りがよく、苦みを残さないのでとても飲みやすく、女性の方にも人気があります。
相性のよい料理は、オードブル、淡泊な魚や肉料理などなんでも良く合います。


他のクラフトブルワリーのピルスナーに比べて、酵母の味わいが弱く、大手に比べると飲み応えがある。
そんな感じでしょうか?

少し温度が上がってくると酵母の味わいも感じますが、そういう楽しみ方もいいなぁ。。。


満足。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 曽爾高原ビール ケルシュ。 酵母の甘い香りが漂うビールです。 口に含むとほんのりと酸味とそのあとに甘みを感じるビール。 苦みはほとんど感じないです。 後味にかけてさっぱりとした味わいのビールです。 解説。 ドイツのケルン地方で造られたビ ... 続きを読む


今日のビール。

DSC07585

曽爾高原ビール ケルシュ。
酵母の甘い香りが漂うビールです。
口に含むとほんのりと酸味とそのあとに甘みを感じるビール。
苦みはほとんど感じないです。
後味にかけてさっぱりとした味わいのビールです。


DSC07587


解説。
ドイツのケルン地方で造られたビールです。
色はピルスナーより少し濃い程度で、さわやかな苦味が特徴です。
香りの豊かさが特長で口の中でホップの苦味が広がり、モルトの香りが味わえるビールです。
このビールは、グラスに移して香りを楽しみながら飲んでいただくのが一番です。


グラスに移して飲むのは当然ですね。
爽やかな苦み…
確かにそうかも。
でも、IPAばっかり飲んでいるので、あまり感じなかったかもしれないです。
好きな味わい。


満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote