カテゴリ: 大阪府のビール

箕面ビールの限定ビール、ボスざるIPA。 ブラックIPAというスタイル…になりますよね? ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4590
箕面ビール ボスざるIPA。
焦げた香りを感じつつも、ホップの香りも感じるビールです。
口に含むと、黒ビールらしい濃厚な味わい…を感じるのと同時に、その味わいがホップの苦みにかわっていきます。
焙煎されたモルトの味わいから、ホップの味わいへの変化を楽しめるビール。
これはかなり面白いし、おいしい。
DSCF4592
実は家で飲むのは初めてかもしれません。 
そして、ブラックIPAというスタイルを飲むのも久しぶりのような気がします。
初めてブラックIPAというスタイルを飲んだ時は衝撃的だった…ってことは毎回書いている気がしますけど。

さらにこのラベル、本当にいいですよね。
箕面ビールの、特に限定ビールのラベルは、とても肩の力が抜けているというか、とってもリラックスルできるのでとても好みです。

ボスざるIPAとおさるIPAもあったと思うのですが、そもそも箕面ビールってIPA出してないですよね。
W-IPAはあるのに…
なんとなく、箕面ビールのIPAを基準に、濃厚なのがW-IPA、アルコール度数が低いのがおさるIPA、そして黒いのがボスざるIPA。
そういう幅を持たせてくれるとすごく面白いと思いました。
ってことで、作ってくれないかな…

なんて。


満足。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■箕面ビール 5種12本入りセット
価格:5280円(税込、送料別) (2017/2/18時点)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

箕面ビールのカベルネ。 ブドウ果汁としてカベルネソーヴィニヨンを使用しているビールです。 不思議な味わい。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4768
箕面ビール カベルネ。
麦芽とホップ、それにブドウの果汁としてカベルネソーヴィニヨンを使ったビールです。
丸みのある柔らかな甘い香りです。
いっぱいに吸い込むとブドウの香りを感じることができます。
軽く嗅ぐのとしっかり嗅ぐので感じが変わる気がします。

口に含むと、ブドウの酸味を感じる味わいです。
奥にリキュールっぽい味わいを感じますが、そりゃあ、ブドウ果汁とかを使っているのですから、その味わいですってことなんだと思います。
ホップを使っていますが、苦みはほぼほぼ感じないと思います。
これもまたビールなんですよねっていう感想です。
DSCF4769
個人的にはこのビール、どうしてもリキュールっぽさを感じてしまうんですよ。
面白いなとは思うんですが、いつのタイミングで飲むのがいいのか、いまいち迷ってしまうビール。

どのタイミングで飲むのがいいんですかね…
よくわからない。
まだ、わからない…

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■箕面ビール 5種12本入りセット
価格:5280円(税込、送料別) (2017/3/1時点)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

箕面ビールのゆずホ和イト。 柚子のスパイシーな香りと味わいが、食前酒にいいんじゃないかと思います。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4788
箕面ビール ゆずホ和イト。
このビールは、ボトルの底に沈んだ酵母を入れたほうがいいかなと思って、グラスを揺らして酵母を浮かせてグラスに注いでみました。
なので見た目、濁ったビールになっています。
柚子の香りをはっきりと感じます。
チューリップ型のグラスでだけでなく、パイントグラスでも同じように感じました。
口に含むと、柚子のスパイシーな味わい。
酸味だけでない味わいは、清涼感も感じられてとてもおいしい。
そんなスパイシーさもあって、ぐいぐいとは飲めないけれど、食前酒としてはじめの一杯に飲みたいと思うビールです。
DSCF4789
酵母を入れたときと入れなかったときの、味わいの違いを確かめてみたら面白かったのにと思いました。
このビール、通販とかではすぐに売り切れてしまう気がします。
なので、なかなかできないんですけど、次回、つまり来年はそういうこともしてみようかなと思いました。
もし、酒屋さんで見つけたらぜひ。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 箕面ビール ピルスナー。 麦の柔らかな甘みを感じる香りです。 そのあとに清涼感のあるホップの香りも感じます。 口に含むと柔らかな口当たりと、そのあとに感じるきりっとしたホップの苦み。 すいすいと飲んでしまいますね。 おいしい。 箕面ビールと ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05723

箕面ビール ピルスナー。
麦の柔らかな甘みを感じる香りです。
そのあとに清涼感のあるホップの香りも感じます。
口に含むと柔らかな口当たりと、そのあとに感じるきりっとしたホップの苦み。
すいすいと飲んでしまいますね。
おいしい。

DSC05724

箕面ビールといえば、いろいろと賞を取っているダブルIPAやスタウトがありますが、負けず劣らずこちらのビールもおいしいんですよ。
箕面ビールはその他にもヴァイツェンとか色々なスタイルを揃えているので、一通り飲みたくなるビール。

満足。

■箕面ビール 5種12本入りセット

■箕面ビール 5種12本入りセット
価格:5,280円(税込、送料別)





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 箕面ビール W-IPA。 少し草っぽいホップの香りです。 口に含むと、ベリー系の味わいに焙煎されたモルトの香ばしさ、そしてホップの苦みを感じます。 ホップの苦みはだいぶ強いですが、柑橘系の渋みのような苦みではなく、そこに焦げた苦味や甘みも加わって ... 続きを読む
今日のビール。

DSC05697

箕面ビール W-IPA。
少し草っぽいホップの香りです。
口に含むと、ベリー系の味わいに焙煎されたモルトの香ばしさ、そしてホップの苦みを感じます。
ホップの苦みはだいぶ強いですが、柑橘系の渋みのような苦みではなく、そこに焦げた苦味や甘みも加わって、かなり複雑な味わい。
複雑っていうと言い過ぎのような気もしなくもないけど、味わいの面白さという意味でも素敵なビールです。

DSC05698

このビール、昔っからとても好きなんですよ。
昔は苦みが強くておいしいビールということでだったわけですが、色々なビールを飲み続けた今でも、やっぱりこのビールは美味しいと思います。
そして、このビールをおいしいと感じる感想が少しずつ変わっている気もしなくはないかなと。

昔に比べて少しはビールの味がわかるようになったのかどうか…
永遠のテーマですよ。

満足。

■箕面ビール 5種12本入りセット

■箕面ビール 5種12本入りセット
価格:5,280円(税込、送料別)





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 箕面ビール サムライ イタリアン コーヒースタウト。 芳ばしい焦げた香り。 でも、なんとなくお味噌汁のような香りを感じます。 口に含むとさらりとした味わい。 焦げた苦味がしっかりですが、さらりとしているのが面白い。 コーヒーみたいだとも思いまし ... 続きを読む

今日のビール。

DSC07901

箕面ビール サムライ イタリアン コーヒースタウト。
芳ばしい焦げた香り。
でも、なんとなくお味噌汁のような香りを感じます。
口に含むとさらりとした味わい。
焦げた苦味がしっかりですが、さらりとしているのが面白い。
コーヒーみたいだとも思いました。
いいねぇ。

DSC07902

HPより解説。
箕面ビール×ブリューフィスト 夢のコラボビール。
箕面ビールの大下 香緒里代表と、イタリアのカリスマブルワー、ピエトロ・デ・ピラト氏による高度なレシピと情熱が融合し、驚くほど香り高いスタウトが生まれました。
箕面ビールとしては、今回が他ブルワリーとの初コラボで、ラベルはブリューフィストがデザインしました。
イタリアンサムライは、箕面ビールが得意とするスタウトに、イタリアンローストのコーヒー豆と、ブラッドオレンジを漬け込んだコーヒーオレンジスタウトです。
時空のうねりにも似た揺らめき、大地の裂け目のような、ぽっかりと開いた深い闇から吹き上げるロースティーアロマ。
マグマで熱せられたような強大な焙煎香。震える唇をグラスにつけた瞬間、舌が縮み上がるようなスイート&ビターの濃厚なアタック。
目がちらつくほどの深いビターローストは、視覚信号が遮断されたような強烈なインパクトです。
まるでブラックIPAのようで、適度なホップと厚みのあるコーヒーフレーバーが、霜降りのように複雑な甘味と苦味の層を形成しています。
この旨み豊かな苦味をコントロールしているのが、ブラッドオレンジ由来のシトラススイートです。
5%の絶妙なアルコール度数は、べたつきもなく極上。香ばしさの外側から見事なオイル感も付与し、シルキーなノド越しをつくり上げます。
スタウトを知り尽くした箕面とイタリアの情熱が結実した奇跡のコラボ『イタリアンサムライ』が平凡な日常を一刀両断します!


さらりとしすぎているのはあまり好みではないのですが、これはコーヒーの香りがいいなぁ。
なんとなく、解説を読んで、「???」となってしまいましたが、味覚が足りていないのかな…

ふむ。


満足ということにします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote