カテゴリ: 大手のビール

ビールとしておいしいのではなく、飲み物としておいしいを追求したのかもしれません。 サッポロよりもサントリーの第3のビールと方向性は一緒かもしれません。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0806
キリン のどごし スペシャルタイム。
意外と、リキュールらしい香りをあまり感じない、麦の風味を感じる香りです。
口に含むと、少し温度が高くなっても飲みやすい味わい。
リキュールらしさは控えめで、しっかりとした味わい…というと言い過ぎかもしれませんけどね。
アルコール度数は5%ですが、もう少し強さを感じる味わいです。
いいね。
DSCF0808
HPより解説。
 キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、新ジャンルカテゴリーの新商品として、2005年の発売以来、新ジャンル市場で好評いただいている「キリン のどごし」シリーズから、“麦100%”で丁寧に造られた上質な味わいの「キリン のどごし スペシャルタイム」(350ml缶、500ml缶)を4月18日(火)より、全国で発売します。
麦芽・大麦・大麦スピリッツを使用。 当社の調査では、次世代の消費を担うボリュームゾーンである30代男女を中心に、日常の消費行動で「品質やセンスが良く、妥当な価格であること」を購買基準とする傾向が強く見られました。
また、生活の価値観においては、「忙しい中でも、前向きに一日を締めくくりたい」という意識が高いことも分かりました。
今回、そのような動向に着目し、“麦100%”で丁寧に造った上質な味わいでありながら、気軽にゴクゴク飲め、気持ちを明るく前向きにしてくれる特別な「のどごし」として、「キリン のどごし スペシャルタイム」を発売し、お客様のニーズに応えます。
「のどごし」ブランドでは初めての“麦100%”通年販売商品として、「キリン のどごし<生>」とともに、カテゴリーの価値領域の拡大を図り、お客様の毎日を楽しく明るくすることに貢献していきます。
今後も「のどごし」らしい新しい提案を通じて、ブランドのさらなる強化と新ジャンル市場の活性化を目指します。

中味について
“麦100%”の丁寧に造られた上質な味わいです。
たっぷりとした“うまみ”と後味の爽快さが両立した、ごくごく飲める「のどごし」です。

キリンの「のどごし」シリーズにはあまりいい印象がないのです。
というか、ここ最近、サッポロやサントリー、そしてアサヒにまで押され気味なんじゃないかと思っています。

でも、確かにこれはいいかもしれない。 
決してビールじゃないんです。
それは確実。
でも、まぁ、いいんじゃないかなぁ…って思いながら飲める。
そこ、けっこう大事ですねぇ。
そして、通年販売というのもうれしい限り。 

ちょっとおすすめです。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アサヒの株主限定ビールが今年も届きましたよっと! ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0550
アサヒ 株主限定プレミアムビール 2017.
煮詰めたような甘味をほんのり感じる香りです。
焙煎された香りですね。
なので、濃厚さではなくどこかすっきりとした甘い香りです。

口に含むと、濃厚なようでさっぱり、そしてどこか酸を感じる味わいです。
そう、濃い味わいが口の中に広がったかと思ったその瞬間、その味わいがスーッと引いていく感覚があります。
後味にかけては、炭酸だけでなく「酸」という表現になるのだと思いますが、面白い味わいです。
いいねぇ。
DSCF0551
これが楽しみで、アサヒの株を持っているといっても過言ではないと思います。
毎年、異なる味わいのビールを作ってくれます。
今回は国内原料100%の和のプレミアムビールということですが、僕はこのビールが好きなのだろうか…?
少なくとも、アサヒはスーパードライに頼らなくてもおいしいビールが作れるんだということははっきりとわかります。
まぁ、だからこそドライプレミアムだったりするんだろうけど。

そういう今後のラインナップのための実験的なビールでもあると思うので、そのあたりを毎年楽しみにしたいと思います。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サッポロビールの麦とホップ プラチナクリアがリニューアル! 料理と料理の継ぎ目におすすめなビールですかね。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0547
サッポロ 麦とホップ プラチナクリア。
少し強めに冷やした状態でグラスに注いでみました。
冷えているので、清涼感のある香りを保っている気がします。
口に含むと、麦とホップらしい味わいも感じますが、炭酸が強めな影響もありクリアな味わい。
そして、あまりリキュール類らしい甘みのような味わいは控えめです。
飲みやすい!
DSCF0548
HPより解説。
サッポロビール(株)は、「サッポロ 麦とホップ プラチナクリア」を2017年3月28日(火)リニューアル発売します。
「プラチナモルト」「プラチナホップ」の厳選素材による上質なキレと爽快な後味はそのままに、新たに「クリア熟成製法」を採用し、さらに驚くほどクリアで爽快な味わいにブラッシュアップしました。
パッケージデザインは、爽快な味わいがストレートに伝わるよう青を基調とし、加えて「プラチナクリア」と大きく缶中央に配することで目立ち度を向上させます。
また「新・プラチナ爽快感」というアイコンを入れることで、リニューアル登場感を表現しました。  「麦とホップ」は、より一層ご満足いただけるブランドを目指します。

すっきりとしていて、のどが渇いた時にはちょうどいいと思います。
そして大切なのは温度。
リキュール類全般に言えることだと思いますが、この色合いのビールは、キンキンに冷やして飲むのがちょうどいいのではないかと思います。
DSCF0549
そして、料理のお供にぜひ!
すっきりとしていて、料理の邪魔をしないというか、一口飲むと口の中がさっぱりするので、強い味付けの料理の合間に飲んですっきりさせて、また次の料理を…というのがいいと思います。

料理とのマリアージュ(ペアリング)ではなく、料理と料理の継ぎ目におすすめなビール。 
いいと思います!

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

グランドキリン ひこうき雲と私。 おいしいんですけど、ネーミングがなぜか最近、詩人のようになっていると思うのは気のせいでしょうか? ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0566
グランドキリン ひこうき雲と私。
フルーティでドライな香りです。
この香り、好きです。

口に含むと、フルーティでドライな印象は香りからの想像通り。
でも、意外にさっぱりとしていて、ごくごく飲めると思います。
もう少ししっかりめのほうがいいかなとも思いますが、これはこれでいいのかもしれないですね。
おもしろい。
DSCF0567
 HPより解説。
キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、2012年の発売以降好評いただいている「グランドキリン」シリーズを、醸造家の遊び心とこだわり溢れるブランドとして、新たなビアスタイルを提案するラインアップに刷新します。
4月18日(火)に「グランドキリン ひこうき雲と私」を数量限定で全国発売します。
「グランドキリン」シリーズは、個性がありながらも飲みやすく、日常で楽しめるクラフトビールとして好評いただいています。
今後も、“ビールのある時間を楽しくする”当社のクラフトマンシップが生んだビールとして、お客様の支持拡大を図っていきます。
「グランドキリン ひこうき雲と私」
ホップとベルジャン酵母由来の香りが掛け合わさった、みずみずしいオレンジの果皮を思わせる、爽やかな味わいの無濾過ビールです。
初夏の気持ち良い昼下がりをイメージしたデザインです。

無濾過といいながら、意外にクリアな液体です。
フルーティでドライという印象ですが、オレンジの果皮を思わせる爽やかな味わいと表現するんですね。
ふむ、この辺りもまた勉強…

それにしても、ネーミングが詩人のようになっていると思うのは気のせいでしょうか? 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サントリーのプレミアムモルツ <香る>エール。 軽やかに飲みやすくなった…と思います。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0530
サントリー プレミアムモルツ <香る>エール。
プレモルに引き続いて、こちらの香るエールもリニューアルしたということで、早速いただいてみました。
ふわりと漂う、柔らくてフルーティな香りです。
すごくはっきりとした香り…というわけではないですね。

口に含むと、口当たりは優しく、すっきりとした味わいです。
飲み込んだ後に口の中に広がる甘みがいいなと思いました。
DSCF0531
HPより解説。
サントリービール(株)は、「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」を4月11日(火)から全国でリニューアル新発売します。
2016年3月に発売した「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉」は、日本における“エールビール”市場を創造する目的で発売し、12月末までに232万ケースを販売しました。
その“フルーティな味わい”に、女性や若年層など、これまで「ザ・プレミアム・モルツ」と接点のなかったお客様にも大変ご好評いただいており、料飲店様でのお取り扱いは約7,000店に拡がっています。
今回は、ご好評いただいている“フルーティな味わい”はそのままに、醸造工程を見直すことで、よりすっきりと心地よい後味に仕上げました。
パッケージは、「ザ・プレミアム・モルツ」の高級感のあるデザインをベースに、鮮やかなスカイブルーで“かろやかさ”を表現しました。
商品名は、「〈香る〉エール」と表記を変更し、“エールビール”であることをよりわかりやすくしました。

心地よい後味というのが、ほのかに甘みを感じる後味…ということでしょうか?
以前飲んだ時も、さっぱりとした味わい…と思っていたようで、そのあたりはあまり変わりがないのかなと思います。
後味に感じる甘味は、個人的には好きですけどね。

それとやはりエールビールなので、冷やしすぎないほうがいいと思います。
時間がたって、少し温度が上がってきたほうが、柔らかな甘みを飲んだ時から感じるようになりました。

本当は旧香るエールと飲み比べてみたかったのですが、近所で売っている旧香るエールの製造年月日が2016年10月と半年前のものしかなかったので、それは断念。
でも、リニューアルされたプレミアムモルツとの飲み比べはやってみたいと思います。

満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

最後はIPA…もどき? ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF0534
SPRING VALLEY BREWERY 496。
紅茶のような清涼感のある香り。
いいなぁ。
口に含むと、穏やかなホップの苦みを感じる味わいです。
おそらくはこれでもしっかり苦いのだと思いますが、ここ最近のIPAはそもそもの苦みが強いので、このビールの苦みくらいだと穏やかだと感じてしまいます。
そういうのもまた面白いと思うんですけどね。
DSCF0535
アルコール度数:6.5%。
飲んでいると、確かにアルコール度数が高いなと感じる時があります。
おいしいんですけど、どこか物足りなさも感じるのは、インパクトが控えめで飲みやすさを追求したからでしょうか…??

ふむ。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote